交通事故

当事務所の弁護士大澤は、 交通事故紛争を解決する機関の担当を長年しておりました。

交通事故賠償事件の3つの疑問に答えます

1. 弁護士に依頼する必要があるかどうかはどこで判断すべきか?
2. どのタイミングで弁護士に依頼するのがよいか?
3. 弁護士に依頼したとき、どんな手続の流れになるのか?

 

1.弁護士に依頼する必要があるかどうかはどこで判断すべきか?

北野弁護士まずは、あなたが加入している自動車保険に
弁護士費用特約があるかどうかを確認しましょう。


→ 弁護士費用特約がある場合
予想される賠償額の多寡にかかわらず、
早期に弁護士に相談し、依頼した方が良いでしょう。

→ 弁護士費用特約がない場合
自分で弁護士費用を出す必要があります。
内容が複雑で賠償金額が多額になる場合、法律知識が必要となり、交渉もシビアになるため、弁護士に依頼した方が良いでしょう。

【弁護士費用特約とは】
交通事故などにあったとき、保険から弁護士費用(法律相談料・着手金・報酬金)が出ます。

→ 弁護士に依頼するメリットが大きい案件

弁護士費用特約の図

表の見方:◎・・弁護士に依頼するメリットが大きい
     ○・・通常、弁護士に依頼するメリットがある
     △・・弁護士に依頼するメリットが少ない

2.どのタイミングで弁護士に依頼するのがよいか?

→ 事故発生から解決までの流れ

事故発生
矢印
治療(入院・通院)
できればこの段階までに弁護士に相談したほうがいいでしょう!
症状固定
矢印
後遺障害の等級認定
矢印
示談交渉
交通事故紛争処理センターに申立
訴訟提起

弁護士からのアドバイス【交通事故紛争処理センターついて】
交通事故被害にあわれた方を中心に、無料で事故に関する損害賠償問題の紛争解決を中立公正な立場で解決する公益財団法人です。

矢印
事件解決

弁護士によっては、後遺症の等級認定がされてから、相談に来てくださいと言われる方もいるようです。
しかし、後遺症に該当するか、また、該当しても何級に該当するかにより賠償額は大幅に違ってきます。
そのため、当事務所では後遺症の可能性がある場合には、症状固定になりそうな時期までに相談に来ていただくことをお勧めしています。
後遺症診断書の記載が不十分では等級認定されないことや低くなることもあります。
できれば、後遺症診断書を作成する段階までに、弁護士に相談された方がいいでしょう。
又、作成された後遺症診断書を見て、問題点を指摘できることもあります。

 

3.弁護士に依頼したとき、どんな手続の流れになるのか?

手続の流れ

①まず、弁護士が依頼を受けた場合には、加害者側の保険会社に《受任通知》を出します。
②弁護士と保険会社担当者とで交渉を開始します。
③交渉が成立した場合はここで事件終了となります。
④保険会社の担当者は、保険会社の基準を前提に話をする場合が多く、そのため、担当者との交渉で話がまとまることは少ないのが実情です。
⑤保険会社との交渉でこちらの要求する金額が満たされない場合も多く、その場合には原則として交通事故紛争処理センターに申立をします。

弁護士からのアドバイス【交通事故紛争処理センターに申し立てるメリット】
解決基準:裁判所の賠償基準とほぼ同様の基準で解決します
申立費用:無料
解決までの期間:比較的短期間(通常は調停3~4回、半年以内)

⑥問題点が多数ある事故であれば、交渉や紛争処理センターでは解決できず、訴訟をする場合もあります。
その場合には早くて1年、場合によれば2~3年程度かかることも覚悟しておく必要があります。

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
  • 地下鉄堺筋線・谷町線「南森町」駅
    ...徒歩約7分
  • 地下鉄堺筋線・京阪電車「北浜」駅
    ...徒歩約10分
  • 地下鉄御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
    ...徒歩約15分
無料相談ブログ 事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ