大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

美智子皇后のお言葉の後、急ピッチで進んだ整備

先日(平成31年3月8日)、東京に行ったので、地下鉄の転落防止ドア設置の状況を確認してきた。

私が乗ったのは東京メトロで、乗車コースは次のとおり。

東京(丸の内線)=銀座=霞が関=国会議事堂=赤坂見附

赤坂見附(銀座線乗り換え)=青山一丁目=外苑前=表参道=渋谷駅

車内から見たのを含めて、全駅に立派なホームからの転落防止ドアが設置されていた。

渋谷駅で降りたが、この駅ではドアは設置されているものの、動いていなかった。

駅員に聞いてみた、《このドア、動かないんですか?》。

回答は《現在、設置を終わり、調整中です。3月末には稼働する予定です》

その後、同じ東京メトロで

渋谷駅(半蔵門線)=表参道=青山一丁目=永田町

永田町(有楽町線乗り換え)=桜田門=有楽町=銀座一丁目=新富町=月島駅

この区間もすべて、ドアが設置されていた。

 

東京駅

(前回私が平成28年の秋に行った時、この駅には転落防止ドアがあった。)

 

 

赤坂見附駅(今回、新しく設置されている。)

 

渋谷駅(設置は完了だが調整中とのこと。稼働は3月下旬予定とのこと。)

月島駅(稼働している)

美智子皇后が「視覚障害者の駅での転落事故が引き続き多い……これ以上悲しい事例の増えぬよう、皆して努力していくことも大切」といったのは、平成28年のことであった。(※外部リンク:皇后もホーム転落事故を憂慮

その時点で、皇后があえて発言されるくらいだから、鉄道各社は防止に積極的になるだろうという期待を持った。

あるいはオリンピックと影響があるのかどうか不明だが、現在、私が乗った上記区間ではすべて、ドアが設定されていた。

東京メトロのように乗客が多く、また、運転間隔が極端に短い路線では、転落防止措置は必要不可欠であり、それが現実化したというのは、本当にうれしいことだ。

写真は、平成28年8月15日に転落死亡事故があった青山一丁目駅の転落直後(9月)と現在の状況だ。

このような立派な費用のかかるものではなく、もっと簡単なものでもよい。

例えばJR西宮駅では転落防止装置はロープによるものだが、視力障碍者の生命の安全に直結するものなので、乗客の多い駅では是非、普及を早める必要があろう。

でないと、転落事故が起きた場合、また、誰か元気のいい弁護士が訴訟をすることになるかも。

事故直後(平成28年9月)の青山一丁目駅ホームの状況。

ホーム端に柱があるため歩行が困難。

キャリーケースを盲導犬と考えれば、人がホーム端を歩くと危険な状況であった。

 

現在の青山一丁目駅のホーム状況(転落防止ドアが稼働していた。)


ほのかな灯、ここに来て良かったと思えるとき ~つれづれに万葉(割込編)忍坂の古道を歩く⑫

じんご石の後は石位寺(いしいでら)に寄った。
重要文化財の石造薬師三尊があるが、予約必要なため、見ることができなかった。
寺の階段を下りるとき、もう太陽は沈んでいた。
帰りは行きと同じ道を歩いて戻った。
忍坂坐生根神社(リンク)近くに来たとき、うすぼんやりとした光が見えた。
よく見ると、神社の境内の石灯篭にろうそくが灯されていた。
階段を上がった広場の24基の灯篭の全部にである。
境内に人の姿はなく、とりわけ祭り事があるようでもない。
その日は平日(水曜)だったから、おそらく毎日、そして、神主もいないようなので、地域の人が灯しているのだろう。
石灯篭に火を灯すのであるから、万葉や記紀の時代からではなく、鎌倉や室町、江戸時代などから始まったものかもしれない。
神輿を担ぐでもなく、又、神楽というような観光に役立つものではなく、ただろうそくに火をつけるという日常的な行為にすぎないけれども、それが毎日行われているということが、私にとってはよりすごいことのように思われる。
このような営みが続けられている、その場面を見ることができただけでも、ここ忍坂に来た値打ちはあった。
忍坂には心をかすかに揺さぶる何かがある。

 

毎日ともされる
うす暗闇に灯るろうそくの炎に感じるやすらぎ。

 

消えそうなろうそく
風に吹かれて今にも消えそうだけども。


点字ブロックの日に考える、優しい社会の作り方

外部リンク:きょう3月18日は「点字ブロックの日」 沖縄でシェア9割の工場では知的障がい者が製造

今日は「点字ブロックの日」だそうだ。
点字ブロックについては、当事務所の所長弁護士の大澤が、過去に、現JR(当時は国鉄)相手に点字ブロックをつけるべきだという訴訟をし、全国紙の一面に掲載される判決をとっており、その普及の一助を担う活動をしているため、ご興味のある方はご参照いただきたい。
大原訴訟HPリンク

上記大澤の活動もあり、点字ブロックはかなり普及したといえる。
視覚障害者のホームから転落して、列車に両足を切断されたという悲惨な事故で、この事故を受けて弁護士が国(当時は国鉄だったため)を相手に訴訟をし、全国に向けて問題提起をすることによって、行政が動き、点字ブロックの普及につながったということだ。
弁護士の仕事は、訴訟をして金銭的な勝利を勝ち取ることだけではなく、訴訟をすることで社会を変えることができることもある。
私はこの案件に弁護士の仕事の幅を感じた。

もっとも、駅のホーム等から視覚障害者の方が転落するというような事故は、今でも度々起こっている。
幅の狭いホームも多いため、点字ブロックが設置されていても、点字ブロックに気付いてどうにかしようとしたときにはもう遅い、ということもあるのだろう。
現在では、駅のホームには柵をつけて、転落を防止しようという動きがあり、関西でも少しずつ柵ができてきている。
ただ、最も大切なのは、危険な場所では気付いた人が声掛けをするなど、みんなで助け合える社会づくりであろう。

今回の記事では、沖縄県の就労継続・就労移行支援事業所にて、知的障害のある利用者らが点字ブロックの製造をしているとのことである。
お互いに、誰かの役にたつために自分のできることをする、という当たり前のことをすれば、少しずつ世の中は優しくなっていく。
大澤が担当した上記事件の頃よりも、少しは優しい世の中になっているはずだ。
そのために弁護士としてできる活動はないか、仕事の幅を自分で狭めず、これからも考えていきたい。

(弁護士 岡井理紗)


脇道、寄り道、じんご石 ~つれづれに万葉(割込編)忍坂の古道を歩く⑪

知らない所に行くとき、ともかく歩きまわる。
狭い範囲内しか動きまわれないが、小回りが利く。
面白そうな脇道があれば必ず入る、寄り道をする。
ときに思わぬ発見をすることもある。
で、《じんご石》というものを発見した。

大伴皇女らの墓を見た後、行きとは違う道を歩いた。
その途中、道路に大きな石が置かれていた。
周囲には岩は全くなく、この岩が孤立して存在している。
高さは2.5メートくらいで縦に長い。
背後に2歩の木の柱が空に向かって突き出ている。
その頂点を横木でつないで、そこに鐘が吊り下げられている。
神武天皇が八十建(やそたける)を征伐するときにこの岩に身を隠したとか、舒明天皇と関係があるとか言われているようだ。

参考までに言えば、古事記や日本書紀の双方に、神武天皇が八十建を攻め滅ぼしたという話があり、その段で忍坂の名が出てくるし、書紀には忍坂の記載のほぼ同じ個所に《大石》、《大きなる石》という記載もある。
これらを結びつけると、《忍坂の大きなる石》があった、それがこの《じんご石》となったのであろう。

《じんごいし》は、漢字では《神籠石》である。
先ほどの話にちなんで、《神》武天皇が《籠》った石ということなのか、あるいは霊力があるため、神が籠っている石とされていたことから名づけられたのか。
それにしても、神武や舒明などという天皇などの名前が、ひょいと簡単に出てくる、そんな土地柄というのがすごい。



神籠石の夕景
吊り下げられているのは
火事などの時に危険を知らせる警鐘だろうか。
 
 




神籠石の説明看板

最高裁には悪いが、やっぱり《設置ではない》というのが正しいのではないか

外部リンク:「ワンセグ携帯も義務」確定=NHK受信契約、上告退ける-最高裁

今回は少し、固い内容になるが、我慢していただきたい。

さて、《ワンセグ》とは「ワンセグメント放送」の略で、スマホやノートパソコンなど向けの地上デジタルテレビ放送のことだ。
家庭や職場にテレビを《設置》すると、NHKと受信契約して、受信料を支払う義務がある。
放送法でテレビ等の受信設備設置者は受信契約締結義務があるとされており、その契約には受信料の支払いが記載されているからである。

しかし、ワンセグは《設置》するものだろうか?
《設置》とは、日常用語では据え付けるという意味だろう。
スマホを《持っている》ということはあっても、スマホを《設置》しているなどとは、誰も言わないだろう。
だから、ワンセグ利用者は受信料を支払う必要はないということでよいのか、そういう点が争われた裁判である。

実は、かなり昔に同種の問題が争われた事件があった。
窃盗(泥棒)罪は刑法で「他人の財物を窃取した者は、窃盗の罪とし、十年以下の懲役・・に処する」と定められている(235条)。
電線に勝手に接続して、無料で電気を使用していたものが、窃盗罪で起訴された。
《財物》とは、日常用語では、形のあるもの(有体物)をいう。
しかし、《電気》はエネルギーで形はないから、財物ではない。
だから、窃盗ではなく,無罪だという弁護側の主張を裁判所は退けた。
《財物》とは支配可能性あるすべてのものをいうのである。
電気は人間が支配することの可能なものであり、《財物》だとされた。
その結果、電気窃盗は有罪とされたのである。
日常用語と全く異なる意味で、法律用語が適用されたのだ。

今回の事件も同種の事件で、日常用語をはみ出る解釈・適用をするべきではないというのが、原告(料金支払拒否者)の主張の根本的動機であろう。
ところで、ワンセグの受信料の要否についてはこれまでにも裁判で争われている。
手元の判例検索システムでこのようなワンセグ事件に関する判例を調査したところ、
・地裁段階の判決数は計4件(支払義務を認めたもの計3件:NHK勝訴率75%)
・控訴審の判決数数は計4件(支払義務を認めたもの計4件:NHK勝訴率100%)
であった。

今回の最高裁の判決が入手できていないので、最近の東京高裁の判断(H30.3.26判決)を前提にコメントする。
まずこの判決では、次のような理由で支払い義務を認めている。
① 放送法は、その中で 「移動受信用地上基幹放送とは、・・携帯して使用するための受信設備により受信されることを目的とする基幹放送・・・をいう」と規定しており、法律自体が移動受信を対象としている。
② 放送法が平成21年及び22年に改正された際にも、「設置」の規定を変更しようという議論がなされたことがなかった。
これらのことから言えば、放送法がワンセグなどにも設置を前提としていたことは明らかであるとして、受信料支払義務を認めるに至った。

しかし、「移動受信用地上基幹放送」すなわちワンセグなどの存在を知っていながら、従来から使われていた《装置》という文言をなんら変更することなく、そのまま使用し続ける限り、装置の中にはワンセグは入らないという理解も可能である。
もし、ワンセグを含めたいなら、《装置》に関する条文に《移動受信できるものを含む》という言葉を入れることで簡単に解決することができたはずである。

高裁判決が支払いを認めた本当の根拠は、スマホ等で見る場合には、受信料の支払はしなくていいというのはそれは不公平だというものであり、その点は判決文にも明記されている。
私はNHKをよく見ており、事務所の若い弁護士にも《日曜9時から始まる《Nスぺ》は現在の問題点を知るためには不可欠の番組だ、ぜったい見た方がよい》といっている人間だ。
だから、ワンセグに受信料支払い義務を課するのには大賛成である。

ただ、人に一方的に契約の締結義務を課し、金銭的な支払をさせるのなら、争いのないように法律ではっきりと定めるべきだろう。
どのような場合に料金を支払う必要があるのか、その範囲と根拠を明確にする必要がある。
《装置》と条文にかかれている以上、日常用語的に解するのは当然であり、もしそうでないというのならその点を明確にすればいいのである。
それが明確ではない以上、ワンセグに使用料は課すべきではないというのが私の結論である。
当初、このワンセグ事件の話を聞いたときは、なぜ訴訟までするのだろうか、原告は一体、どういう人だろうかと不審に思った。
しかし、この文章を書いているうちに、心境に変化をきたした。
今は、原告達はきちんと明確にしないで支払いさせるのを、権力の横暴ととらえ、これに抵抗している人たちではなかろうかと思うようになったのである。
裁判をし(しかも最高裁までいけば)、それなりの弁護士費用がいるだろうが、あえて、《無謀な挑戦をする》、こんな人たちも必要ではなかろうか。

話が横道にそれたので元の話に戻ろう。
今回の最高裁判決は、立法の不備を、司法が補ったような形になっている。
人に義務を課すのであれば、わかりやすいようにする、そのようなことが必要だ。
国なり、NHKが企業だとすれば、視聴者は顧客ではないか。
顧客に十分な説明もせずに、受信料の支払いを強要するような最高裁の今回の判決には反対である。
その一方で、法律できちんと明確にするという前提が整うなら、ワンセグに視聴料を払わせるようにして、NHKを支えることには大賛成である。
(弁護士 大澤龍司)


小川の中の岩に何か刻まれているものは・・ ~つれづれに万葉(割込編)忍坂の古道を歩く⑩

大伴皇女の墓を後にし、鏡王女の墓も下っていくと、忍坂古道に流れ行く小川がある。
小川には沢山の岩が転がっているが、少し大きめのがある。
坂を上がっているときには気づかなかったが、他の岩とは色が違い、やや薄茶色である。
石には興味があるので、この岩、なぜ色が違うのかと不思議に思って、注目したときに気づいた。
岩の表面が長方形に削られ、そこに字が刻まれているのだ。
右下の字は「鏡王女」とある。
続いて3行は「秋山之 樹下蔭 逝水乃」とあり、《あきやまの このしたかげ ゆくみずの》と読むのだろうか、和歌が刻まれている。
川の中にこのような碑があるのには全く気付かなかった。
その後の文字は「吾許曽・・・」とある。
《われこそ》だろうが、その後は読めなかったが、和歌の後半が続いている(※注1)。
末尾に「孝書」とあるので、おそらく犬養孝先生の書のようだが、付近には何の説明板もない(※注2)。
川の中にポツンと置かれている。
気づくならそれでいい、気づかないならそれはそれでいい、ともいうようなふうに。
岩自体は川に転がっている他のものと同じ種類のもののようだ。
近くに寄って見たのではないからはっきりしないが、色が違うのは苔か地衣類のせいだろう。
この岩、和歌を刻むために一旦は川から引き上げられたのではあろうが、再び、小川の中に持ち戻されたのであろう。
注意して見ないと、山から転げ落ちた岩があるな、としか見えない。
この岩の位置やさりげない置き方も、犬養先生がきっと指示されたものであろう。

※注1 本を見ると、全文は次のとおりのようだ。
  秋山の木の下隠(かく)り 行く水の 我こそ 益(ま)さめ 思ほすよりは
※注2 実は、この記事を書いた後に、再度、現地を訪問したところ、説明版を発見した。この点は、今後、別途、《再び、忍坂を訪れる》というシリーズで述べてみたい。

犬養先生の石①
小川の中にある歌碑。
山から転がり落ちた岩という感じだ。

犬養先生の石②
犬養先生って、こんな字を書くんだ。

こんな高いところに大伴皇女の墓があるのは ~つれづれに万葉(割込編)忍坂の古道を歩く⑨

舒明天皇の墓より上に、鏡王女の墓があるが、その横に大伴皇女の墓への案内板があった。
《この先 約120m上にあります》と記載されていた。
私は、万葉集の初心者であり、大伴皇女がどのような人物か、また、どのような歌を詠んだかも知らない。
ただ、せっかく来たのだからと山の斜面を上って行った。
なぜ、このような高みに墓を作ったのだろうかと考えながら。
しばらく歩いて、階段を上がったところに墓があった。
鉄の門があり、鳥居があるだけの簡素なものであった。
太陽が沈みかけてきたので、墓の写真を1枚だけ撮って、階段を下りて行こうとした。
その時、はるか西の方に、小さくではあるが、二上山が見え、その左に葛城の山並みも見えた。
舒明天皇よりも、鏡王女より高みに作られたのは、これらの山並みと関係があるのだろうか。大伴皇女が二上山や葛城の山とどのような関わり合いを持っているのか、今はわからない。
私の心の中にこの皇女と2つの山がしっかりと腰を据えたことは間違いない。
将来、彼女の歌を見たとき、その関係がわかるかもしれないし、わからないかもしれない。それでも、いつか解決するかもしれない疑問を蓄えこむ、それは楽しいことだ。



皇女の墓
夕暮れの大伴皇女の墓
細長く伸びた枠の先に階段があり
底を上がれば墓に行きつく。




墓から見える山々
階段をおりるとき見えた二上山、葛城山
はるか遠く、中央にあるはるか遠くの二上山、
その左手が葛城の山並み

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ