大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

こんなところに、あの花が・・

先日(3月28~29日)、和歌山県の周参見(すさみ)に行った。
白浜温泉からJRの特急で20分ほどにある海辺の町だ。
釣りで行ったのかと言われそうだが、目的は地層見学だ。
海岸の断崖にあるフェニックス褶曲という《180度、折りたたまれて「つ」という字の形の》地層があり、それを見に行ったのである。
残念ながら、波が高く、肝心の地層の見える場所にまではたどり着かなかったので、後日、再チャレンジとなった。

周参見に一泊して、翌日、駅周辺を歩いた。
全体としてはどこにでもあるさびれた海辺の町であった。
いつもそうするように細い路地を歩いていたときに
見覚えのある花を見つけた。
花の形や茎、葉など、私の自宅にある、あの《あつこの花》と全く同じで、
ただ、家のはほとんど肌色にちかいピンクだが、ここのは鮮やかな橙(だいだい)色だった。

3月の末、桜も咲いており、もう春だというのに
その日は少し風があり、うすら寒かった。
路地にも、花の咲いている庭にも人影はなかったが、
もちろん勝手に取っていくわけにはいかない。
イソップであったろうか、
ブドウを取れなかったキツネが
あのブドウは酸っぱいのだと自ら慰めている話がある。
私も、同じように、
《ここの花は色がけばけばしいしなぁ・・》とか、
《家のピンクの花とは調和しないわな・・》とか、
そんなことを考えながら、その前を通り過ぎて行った。

その後、周参見の駅に向う途中の
線路沿いの土手に
ぽつんと1本だけ、
同じ色の《あつこの花》が咲いていた。
持って帰ってもよさそうであった、持ち帰らなかった。
さて、次回、地層を見に来たとき、果たしてどうするか。
あんなにも、《けばけばしいし》とか、
《家の花の色とは調和しない》とか
思ったんだけれども。

カメラの露出のせいで朱色にも見えるが
周参見では橙色に見えた


大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ