大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

どうやって休むのか?残業規制と働き方改革

外部リンク:有休を取り家で仕事、ヤミ出勤にヤミ残業… 「働き方改革」という時短ハラスメント

※実際の会話を多少脚色しています。

営業マンT 「北野さん、今日はお越し頂きありがとうございます。今日は日曜なので車の点検が混んでいて、少しお待ち下さい。」

弁護士北野 「お忙しいときに対応ありがとうございます。ちなみに今度のGWはお休みあるんですか?」

営業マンT 「僕たちは普通に仕事です。GWだからこそ忙しい方でも点検や買換の相談に来てもらえるので。」

弁護士北野 「交替で休むことはないのですか?」

営業マンT 「一応、スタッフが交替し合って1日だけ休めます。でも、もしその日に担当のお客さんになにかあって、呼出を受ければ飛んでいくしかないですね・・・」

弁護士北野 「・・・できるだけ呼び出さないようにしますので、ご安心を(笑)。それはさておき、実際問題そうですよね。今は働き方改革とかで残業規制が言われていますが、影響はありますか?」

営業マンT 「会社も対応してくれています。でも、それで営業成績が下がってしまって、来年くらいには人員削減・・・なんてことになったら元も子もないので心配です。」

弁護士北野 「御社くらいの会社ならば交代がちゃんといらっしゃるのでは?」

営業マンT 「代わりがいつもいるとは限らないですし、お客さん対応を断るわけにはいきませんよ。」

弁護士北野 「万全、というわけにはいかないのですね。余談ですが、私も休日の際に、依頼者の所に急に相手方が押しかけてきて騒ぎになったことが何回かあります。私の仕事は弁護士資格が必要ですから誰も代わってもらえませんので、いざ立場を変えれば他人事ではないですね。」

営業マンT 「北野さんの仕事もそんなことがあるんですね。」

弁護士北野 「話が少しそれましたが、結局、仕事をへらしつつこれまでのサービスや売上を維持する方法を考えないと残業を減らすことにはつながらないんですね。」

営業マンT 「家計として残業代も当てにしますしね。残業代が減ったら、お金を使うのも自粛せざるをえませんよね。」

弁護士北野 「自粛がさらに不景気につながったら悪循環ですもんね。」

営業マンT 「そうならないよう売上を上げないと!ところで最近こんなオススメの新商品が出ましたよ・・・・」

弁護士北野 「おっと、そろそろ点検が終わったので行きますね・・・」

気がつくと営業マンのペースに流されそうになったので話を切り上げたが、現場の営業マンさんはやはり大変そうである。
記事にもあるように、規制が動き出して、会社が「働くな!」と命令を出しても、仕事が減らなければ残業を(本当の意味で)減らすことにはつながらない。仕事を家に持ち帰る「ふろしき残業」が増えるだけだろう。
企業の内部で仕事を効率化することはもちろん必要不可欠である。
しかし、一般の消費者の側も、立場を変えれば仕事でお客さんに接するプロであり、自分が仕事をするときには仕事の時間減少と売上、という二つの難題に直面する。
営業マンも消費者も、お互いに負担をかけないよう配慮し、そういう社会作りが働き方改革には必要なのだろうと考えさせられた一幕であった。

(弁護士 北野英彦)


大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ