大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

去年の花見はこんなものでした―その5―《小物》が昔を感じさせてくれるなぁ

道の両側には古い建物の多くに
木製の説明板が掲げられている。
建物の由緒が丁寧に書かれている。
しかし、こう言っては悪いが、
建物自体は、奈良の他の場所や京都で見た町屋と変わらない。
どうしてこんなに似ているのか、不思議でしょうがない。

ただ次々と見ているうちに気づいたことがある。
樋がおもしろい形をしているのだ。
普通に見られるような丸い銅製の筒ではない。
ここのは三角形で下にややくびれたような形で、
しかもその曲がりようが、なんとも《芸術的である》。
表面に飾りまでついている。
どこの家にも同様の模様や形だったが、
樋の《大宇陀様式》などというものがあるのだろうか。

玄関の電灯もおもしろかった。
もちろん、電気を使うので、明治か大正時代のものだろうが、
ものすごくクラシックな感じがある。
又、ある家には古い瀬戸物の大きな壺がポンと置いてあったりと
このように、建物以外の周辺や細部に目を移すと面白いものがいっぱいある。

私には、建物よりは、むしろそのような構成部品、《小物》と言っていいのかもしれないが、結構、楽しめた。
さて、あなたならこの《宇陀千軒》のどこを楽しみますか?

この右端のクニャクニャと曲がった樋がおもしろい。
樋の左側のうだつに書かれたマークも家により異なっている。

いまどき、こんな電灯はないよね

このデザインもこっているなぁ。

玄関の前にこんな大きな壺がぽつんと置かれている

 


大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ