大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

寺の建物の礎石だけが残っている寂しいこの土地が、果たして額田王の終焉の地だったのか? ~再度忍坂を歩く(2019.3.13)③

粟田川沿いに上流へ30分ほど歩いただろうか。
《粟原寺(おおはらじ)跡》の看板があり、そこで川から離れて坂を上がって行く。
途中に《忍坂伝承地道》との細長い石標があった。
行きついた寺跡には、昔には三重塔と金堂などがあったという。
今はこれらの礎石であろうか、土に埋もれた大きな岩が20数個あるのみだ。
うちの一つは割れてはいるが丸い円形のくぼみがあり、これが三重塔の心柱を支えた岩かもしれない。

この三重塔の伏鉢(リンク:談山神社:文化財・社宝について)が現存しており、藤原鎌足を祭っている談山神社(リンク:談山神社について)に置かれている。
国宝となっているようだが、この寺の建立のいきさつが次のように刻まれているという。
《中臣大島が草壁皇子のため発願し、比売朝臣額田(ひめあそんぬかた)が持統天皇8年(694年)から造営を始め、和銅8年(715年)に完成した》
この《比売朝臣額田》が額田王だと云われている。

持統天皇は天武天皇の妃である。
額田王は、天武天皇と同時代の人物であり、同天皇が即位する前の大海人皇子(おおあまのおうじ)と言われていた時代に同皇子の子を産んでいる。
草壁皇子は持統天皇の子であったが、若くして死亡した。
その冥福を祈るためにこの寺が建てられ、額田王がその造営の責任者であったということなのだろうか。

天武天皇の生まれたのは631年頃らしいというが、仮に額田王が10歳の年下だとすると、造営を始めた頃には彼女は50歳を超えており、完成の頃は実に70歳を超えていたことになる。
造営の責任者ではあっても、果たして現地にどれほど来たであろうか。
ましてやここで死んだなどということがあったであろうか。

《ここが額田王の終焉の地》という伝承もあるようだが、現地に建てられた説明板には、これは《史的考証》ではなく、《詩的確信》であると書かれていた。
なるほど、うまく言ったものだ。
この樹木に囲まれた狭くて陰気な場所が、あの初々しくて弾むような心を詠った女性の最後の地であったとは。
《詩的》表現をすれば、それが真実かどうかは、現在に永らえた礎石だけが知っているということになるであろうか。




粟原寺跡の状況





三重塔の心柱の礎石と思われる岩

全国統一地方選挙から一夜、伊丹で投票が無効に?!

候補が被選挙権なしと判明、選管は周知せず 投票無効に

昨日の統一地方選挙で、41の道府県全体では、自民党が過半数の議席を獲得した。
大阪では、大阪府知事と大阪市長のダブル選が話題になったが、その結果、その両方で大阪維新の会の2人が当選し、府議会選挙でも大阪維新の会が過半数を獲得した。
これにより、大阪都構想が前進する可能性が高いようだ。
大阪都構想は、府と市の二重行政を解消し、一体となって意思決定ができる点や、無駄な支出が削減される点にメリットがあると説明されるが、体制作りに莫大な費用がかかると予想されており、今後の議論・説明が注目されるところである。

さて、そんな中、記事によれば、兵庫県議選伊丹市選挙区では、候補者の一人が居住期間の要件を満たさず、被選挙権がないことが判明し、一部投票が無効になったとのことである。
県の選挙管理委員会は、「被選挙権がないことを周知する規定がなく、選挙妨害にもなるため、周知しなかった」と説明しているようだが、わかっていて周知しないとは驚きである。
そもそも被選挙権がないのに、選挙妨害も何もない。
むしろ、被選挙権がない候補者への投票はすべて無効になってしまっており、これこそ投票をした市民や他の立候補者への選挙妨害ではないのか。
投票を無効にされた市民からすれば、自身の選挙権が侵害されたという大きな問題がある。
また、無効になった票が別の候補者に入れられていれば、結果が変わったかもしれないというような状況であれば、他の立候補者にとっても非常に大きな問題である。

そもそも、居住期間が足りているかどうかというような単純な要件であれば、立候補をされた時点で確認しておくべきことであり、立候補が受け付けられ、選挙活動をするにまで至ったこともおかしな話である。

選挙管理委員会には、起きた問題に柔軟に対応し、二度と選挙権がないがしろにされるような結果が生じないよう努めてほしい。

(弁護士 岡井理紗)


ヤマトタケルが死ぬ前に詠った《うるわし》の土地はここではないか? ~再度忍坂を歩く(2019.3.13)②

忍坂古道を歩き、国道を横切ると右下に川が見える。
これは粟原(おおはら)川でそこを上流に向かって歩く。
右手側には、川を挟んで畑が広がり、その向こうに小さな山が幾重にも重なって見える。
後方はるかには、高い山並みが連なる。
この景色を見ていると心の中から浮かんできたものがある。

《倭(やまと)は国のまほろば たたなづく 青垣
山隠(こも)れる 倭し 美(うるわ)し》
(訳注:やまとは国の中でいちばん良いところである。幾重にもかさなりあった青い垣根のような山々に囲まれたやまとは、ほんとうにうるわしいところである。)

古事記によれば、倭建命(やまとたけるのみこと)が戦さで傷つき、
その命が尽きようとするとき、故郷を想って詠ったものだという。
古人は、この目の前のような風景を思ってこの歌を作り出したのではないか。
それから千数百年を経過した現在、広がる畑、それを潤す川、森、山々を見て、私の心にこの和歌の記憶が呼び起されてくる。
和歌を作った人の思いとそれを今、思い出している私との間には、この景色を媒介として共通する感情が存在するかのようである。
もちろん、私の感情は、この歌の作者の全身からあふれ出すような望郷の思いからみて、はるかに及ばないものではあるけれども。
誠に、目の前に展開するこのパノラマは《倭し 美し》というべきものにピッタリである。


何事につけても《絶景》と言いたがる最近の風潮。
しかし、このような風景こそ心に深く食い入るのではないか。

春だが、まだ冷たい風の中、青空を背景に梅はキリリと咲く ~再度忍坂を歩く(2019.3.13)①

忍坂の道を、鏡王女の墓の方に行かずに、直進する。
町並みの途絶えたところで、畑や山が見えてきた。
前方には小さな山が何段にも折り重なり、その背後に高い山がそびえている。
この日は風が少し強かった。
風を遮る家がなくなると、かなり寒い。
薄いコートを持ってきて良かった。
自動車の頻繁に往来する道路(国道166号線)を渡り、5分ほど、この道路沿いに南に歩いた。
道路脇の畑に紅梅があった。
青空を背景にしてキリリと咲いていた。




寒い風の中で細い枝についた花が咲いている。
頑張っているなとほめてあげたいぐらいだ。

イオンペットの看板に偽りあり

外部リンク:消費者庁、イオンペットに措置命令=宿泊で「屋外散歩」行わず

記事によれば、イオンペットのウェブサイトでは、220店舗の約半数である107店舗で、宿泊サービスのため預かったペットを屋外で散歩する内容の広告をしているが、実際には屋外で散歩することはなかったようだ。
自分の愛する家族(ペット)を預けた側は怒り心頭のことだろう。
いろいろ言いたいことはあるが、今回は「広告と現場サービスの一致」という視点で書いてみたい。
まず一般に、このように実態とはかけ離れた広告を「誇大広告」とか「虚偽広告」と呼ぶことがある。
たとえば、卵の安売りチラシを見てスーパーに行ったが、レジの側で新しい値段が反映されていなければ買い物客ともめ事になりかねない。
このように、実際に存在しないサービスを広告することがダメなことくらい、子どもでも分かるはずである。

しかし視点を変えれば、日々変わっていく現場でのサービスに対し、普段はスタッフが気にしない広告まで一寸の狂いもなく合わせることはけっこう難しいと思う。
スーパーのチラシならスタッフがみんな店内にいるのですぐに気づくだろうが、イオンのような大企業では、サイト作成部門と現場管理部門とはおそらく全く違う部署だろう。
現場のサービスをきちんと知らない担当者だけが集まって、このような「看板に偽り」のあるサイトを作ってしまったのではないだろうか。
(もちろん、故意にこんな広告を作ったなら詐欺とも言われかねない大問題である。)

しかし、これだけインターネット上の広告が力を持つ時代に、広告を現場サービスと合わせなければ今回の様な問題が起きることは明らかであり、イオンペットは管理を怠った責任があるといわざるをえない。
「散歩をしない」という程度の場合、直ちにペットの健康被害など実害が生じることは少ないのかもしれないが、企業は自身の広告と現場のサービスに責任を持ってもらいたいと思った記事であった。

(弁護士 北野英彦)


新元号を考える。

外部リンク:きょう元号 最多は「永」、「明治」は11回目の正直


元号といえば、私は昭和に生まれ、平成の時代に弁護士として最も元気に活躍した。
そして、今回の新元号で弁護士としての役割を終えることになる。
今回の新聞記事によると、《歴史の継続性》を確認できる、また、西暦といえば数字ばかりなので《親しみやすさ》もあるという長所があるようだ。
ただ、弁護士としての立場で言えば、ややこしいという難点がある。
例えばカルテなどは西暦であるが、通帳の入出金の取引履歴は元号のため、絶えず、頭の中で《西暦》⇒《元号》⇒《元号》の計算が必要になる。
この点をなんとかできないものか。

私は一覧表を作るときに《元号欄》とその横に《西暦欄》を併記しているが、1列増えることにより、ただでさえ大きな表が、さらに大きくなるという欠点がある。
もし、この点を改善するのなら、天皇の退位や譲位の際、例えば、平成なら元年からではなく、西暦の下2桁から始まるということもあり得るかもしれない。
例えば平成元年は1989年だから、平成を平成89年から元号を開始にするということも理論的にも考えうる。
しかし、今までの慣行と異なることのため、抵抗を感じる人も多いだろう。

なお、元号があるから、例えば《応仁の乱》や《天明の大飢饉》という歴史的事件にネーミングできるという見解もある。
しかし、《ウィーン世紀末の芸術》とか、《60年代の怒れる若者たち》という言い方もあり、元号がないと困るというほどのものではなかろう。
《昭和の古き良き時代》ということも言われるが、昭和は太平洋戦争を挟んでの約64年にもわたる長い時代であった.
古き良き時代は昭和30年代を言うのであろうから、昭和という元号で時代をひとくくりするというのも、乱暴な話である。

と、ここまで書いたところで、《令和》という元号になったという情報が入った。
《令》といえば、命《令》という言葉を構成する文字である。
その点が少し、気になる。
命《令》が幅をきかすのではなく、平《和》の方に重点を置いた、新しく、皆が幸福な時代になってほしいものだ。

(弁護士 大澤龍司)


ALC貝塚 保護者に動揺広がる 

ALC貝塚 保護者に動揺広がる

またこのパターンか、と思われた方も多いのではないだろうか。
川崎市川崎区にある認可外幼稚園「A.L.C.貝塚学院」が3月26日、倒産と閉園を保護者に突然通告した。
前日に卒園式を終えたばかりで、既に来年度の授業料も振り込まれた後だったという。

これまでにも、同じようなパターンの破産が度々ニュースになり、世間に動揺が走ったことがあった。
「てるみくらぶ」や「はれのひ」の破産は、記憶に新しいのではないだろうか。
どちらも、今回の「A.L.C.貝塚学院」と同様、顧客からお金が振り込まれた後に破産、という経過をたどっていた。

本件において、破産により影響を受ける子供たちやその保護者たちは、どのような救済を受けられるのだろうか。

まず、来年度の授業料を前払いした保護者たちは、破産債権者として、配当を受ける可能性がある。
ただ、「A.L.C.貝塚学院」の資産を換価・回収してできた金銭の中から、まずは管財人の報酬や諸費用を支払い、次に、支払いが優先される税金や労働債務の支払いがなされる。
その次が、やっと一般の破産債権者である、保護者らへの支払ということになる。
「A.L.C.貝塚学院」がどれほどの資産を持っているのか、また、税金の滞納や保育士らへの給料の滞納があるのかは定かではないが、保護者らに授業料が丸々戻ってくる可能性は、非常に低いだろう。

また、それよりも大きな問題となるのが、子供たちの受け入れ先である。
川崎市には、2018年10月現在で、252人の待機児童がおり、これは神奈川県内の市町村で3番目に多い数字なのだそうだ。
これを聞けば、行き場をなくした子供たちの行先が簡単に見つかりそうにないことは明らかである。
幼児教育を受けるべき子供たちが行き場をなくし、また、4月からの子供の預け先を失った親たちも途方に暮れているのではないだろうか。

会社としても、できる限りの努力をし、苦慮したものの、どうしようもなくなって、苦渋の決断で破産を選択した、というような破産者も多いだろう。
しかし、「はれのひ」にしても、「A.L.C.貝塚学院」にしても、突然の破産による影響は非常に大きい。
ただ、破産に至ってしまった現段階では、今できることを考えるしかない。
「はれのひ」の際に見られたような同業者の協力なども含めて、何とかして子供たちの行先を見つけてほしいと願うばかりである。
(弁護士 岡井理紗)


大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ