大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

新人弁護士のつぶやき第1回~朝青龍が引退

日経ネットから
http://www.nikkei.co.jp/news/main/im20100204ASDH3002C04022010.html

(記事の要約)

飲酒の上で人を殴ったことで話題の朝青龍が4日、引退表明をした。
弁護士イラスト1先日の報道によると、朝青龍側は2日、警察に被害者との示談書を提出したらしい。
示談書には、「朝青龍を許します」と書かれているほか、被害者が被害届を出すつもりがない旨記載があるそうである。
なにはともあれ、これで朝青龍が起訴されることはないだろう。

検察が起訴するかどうか決める際、罪の重さはもちろん、以前にも警察沙汰があったか、被害者が処罰を望んでいるか、社会でなんらかのペナルティを受けたか、といったことが重要である(ちなみに、以前休場中にサッカーをして出場停止処分を受けたのは前科前歴ではない)。
朝青龍は前科もなく、示談も成立し被害者からお許しも出た。さらに相撲界引退という社会的制裁も受けた。
個人的には、朝青龍は十分お灸を据えられたと思うが、いかがでしょうか。

(先輩弁護士のコメント)

弁護士A:朝青龍は事実関係を争ったんでは・・
弁護士B:昨日の審議会では「やっていない」と言ったんで、紛糾したようだ。
弁護士C:しかし、プロレスにでも行くんだろうか?
弁護士B:前からK1とか、格闘技に興味があるようだ。
弁護士C:モンゴル出身だからリングネームは英雄にちなんで「ジンギス朝青龍」なんてするのがいいな。
弁護士B:シコ名はそのまま使えないのでは?
弁護士C:商標がからむのか、それとも・・・

弁護士イラスト1あまり法律的な議論ではないなぁ・・・。
しかし、誰もが気になるのは今後のこと。刑事処分はないにしても、十分反省し、またどこかの第一線で活躍してほしいと思う。

新コーナー「新人弁護士のつぶやき」開設のごあいさつ

弁護士イラスト1

皆様初めまして。
私は、このたび当コーナーを担当することになりました。
今年の1月からのピカピカの新人弁護士です。

このコーナーでは、まず、私が、新聞記事などを素材に、身の回りの法律問題について私自身の心に感じたことを書いていきます。
これについて、ベテラン弁護士や先輩弁護士から、豊富な経験に基づく意見がされます。
弁護士として必要な教訓もあれば、先輩弁護士間の法律論の熱きバトルもありそうです。
しかし、先輩弁護士ら意見をいう箇所のタイトルは先輩弁護士言いたい放題ということから言えば、実は、なんだなんだこれは・・というような雑談が一番多いかもしれません。
このような話の中から、我が事務所の自由な雰囲気を感じて頂ければと思います。
なにとぞご愛読くださいますよう、お願いいたします。
なお、記念すべき第1回目は2,3日中に掲載する予定です。

北野英彦弁護士を事務所に迎えました

新春の候 ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
このたび、当事務所は、本年1月に修習を終了した北野英彦弁護士を迎えることとなりました。
同弁護士は、当事務所の事務スタッフから「爽やかな人」という印象を獲得した、若くかつ元気のよい挨拶のできる弁護士です。
現在の弁護士業界の生き残り競争の中で、同弁護士については爽やかさを残しつつ、「粘り」と「強さ」を兼ね備える弁護士に育ってもらえるものと思っています。
当事務所は、同弁護士に加えることにより、4名の弁護士、5名の事務スタッフの体制で、これまで以上に依頼者にとって親しみやすいかつスピーディな処理をする事務所を作っていきたいと考えています。
今後とも、同弁護士ともどもよろしくお願い申し上げます。

                                     弁護士  大澤龍司                                      弁護士  吉田浩司                                      弁護士  佐々木晋輔

 

初春の候、皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
さて、私こと、このたび弁護士として大澤龍司法律事務所に入所することになりました。
司法そのもののあり方が大きく変動しつつある現代に第一歩を踏み出す者として、温故知新の精神を忘れず、諸先輩方の豊富な知識と経験に学び、さらに発展させていけるよう、誠心誠意職務に励む所存であります。
一日も早く、皆様方に信頼されるような弁護士となれるよう努力していく所存ですので、ご指導の程よろしくお願いします。

                                     弁護士  北野英彦

新年のご挨拶

謹 賀 新 年

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
大澤photo8

さくら草を育てています。
大きいのはもう花が咲きそうですし、
小さいのは葉がやっと1センチぐらい。
こぼれ種で増えて今年で3年目、
いつまでもピンク色の花を 咲かせ続けて欲しいです。

平成22年 元旦

年末年始の業務について

本年の業務は12月28日(月)までとさせていただきます。
なお、誠に勝手ながら、新年の業務は平成22年1月8日(金)からとなっております。
これから寒さが本格的になります。
皆様、お体をお大事に、よいお年をお迎え下さい。

悲しみを抱えているあなたに

いろんな悲しみがある。
弁護士はそれと向き合わなければならない。
例えば、離婚の悲しみ。
子供に悪いことをしたというざんげの気持ち、
本当に離婚してよいのかという揺れるこころ、
彼から、お詫びの連絡でもないかというすがりたい気持ち。
イメージ7弁護士だから法律は知っている。

調停の手続きも、裁判のやりかたも知っている。
それをあなたに教えてあげることはできる。
ただそれだけではなにか足りない。
あなたの声のおびえが消えるように、
あなたの眼がしっかりと前を見つめるように、
あなたに生きる希望をあたえるように、
傍にいて、少しでも支えることができるように。

そんなのは弁護士の仕事ではないという人もいるが、
それはそうかもしれないが、それならそれは人としての仕事。
そう長くはないであろう、僕のこれからの弁護士生活の中で、
後に残しておきたいすてきな仕事として、今、夢見ている。(龍)

海底から丘の上まで・・すべすべの小石(チャート)の話

自宅の近くに大きな病院がある。
その広大な敷地に、松、カエデも、
ドングリがなるクヌギも生えている。
すべすべの小石 暑さが少しましになった9月の初め頃から
病人とともに、それらの樹の陰で
のんびりと時間潰しをする日が続いた。
取り立ててするような話もないので
枯枝で地面をかき回して、小石を掘り出した。
チャートという、大昔の深い海の底に降り注いだ
プランクトンの遺骸が硬い岩の層となり、
川に流されて削られて、
今はこの小高い丘の上に散らばっている。
この小指の先ほどのすべすべとした小石が
何億年という時間を超えてここにあると思えば
なんとなく、ふんという気持ちがする。

(病院の敷地にあったせいか、左の石はなんだか肝臓のように見えるし、
2つならべると肺のようにも見える)(龍)

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ