大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

さて、くら寿司、どんな裁判をするか、果たして効果は?

外部リンク:「バイトテロ」は訴えても抑止できない、3つの理由

くら寿司が《ゴミ箱に捨てた食材を、もう一回拾い出した》アルバイトに対して、《法的処置の準備をする》と発表した。
このゴミ箱捨て動画を見たが、どこが面白いのか、幼稚園か小学校の1年、2年生の子がするような悪ふざけにしか見えない。
悪ふざけであろうと、くら寿司は《安く、新鮮でかつ安全》を売りにしているから、そのイメージが大きく傷つけられたのだから、怒るのは当然だろう。
さて、刑事上は別として、民事訴訟で損害賠償をするという手がある。
アルバイトといえども、仕事を誠実にする義務を負うところ、これを怠ったとして、義務違反がある。
その違反により、くら寿司の社会的信用が損なわれたとして損害賠償請求をすることも可能だろう。
しかし、信用がどの程度落ちたのか、それをいかなる基準で判定するのであろうか。
私が相談を受けたらどうかと言われれば、訴訟をしなさいということを勧める。
具体的な損害がわからないが、訴状には次のように書けばよい。
《この行為により、くら寿司が受けた信用低下を金銭的に評価すると金1億円を下らないが、今回の訴訟では、その一部である金300万円の限度で請求をする》
訴訟を提訴すると、判決前に和解をすることも多く、その場合にはアルバイトの人からある程度の金銭の回収をすることも可能だろう(アルバイトがお金をもっていなくとも、事実上、両親や親族が支払い原資を出すことも考えられる)。
ただ、判決で勝訴した場合、アルバイトが財産をもっていなければ、強制執行もできず、費用倒れになる。
それでも訴訟をお勧めする。
訴訟の本当の目的は、アルバイトからの金銭の回収という点ではないからである。
他の従業員やアルバイトに対して、今回のようなケースがあれば、解雇だけではすまないよという警告である。
また、一般の消費者に対して、くら寿司としてはこのような厳正な対応をしたので、今後このようなことはないですよ、心配いりませんよということをアピールするためでもある。
法的手続きは逆効果という声があるが、このまま放置するわけにもいかないだろう。
また、法的な手続きをすると有能な人は集まらないという意見もある。
しかし、有能な人ならこんなことはしないだろう。
ただ、アルバイトをしている側にもたって考えた。
この人は、仕事に熱意も興味も持てなかったのであろう。
賃金を含め、低い条件、誰にも評価されることのない仕事だ、いつでも辞めてよい仕事、そんな位置づけしかされていない仕事だったのだろう。
今後、ネットには出てこなくとも、現場の働く人たちの不満は渦巻いている可能性もある。
法的手続きは必要だとおもうが、その反面、どのように仕事にやりがいを持たせるか、職場の人間関係をどのように作り上げるか、法的手続きだけではない、根本的な職場改善が必要だと思う。
もちろん、それが容易なことではないことは十分に承知してはいるが。
(弁護士 大澤龍司)

(弁護士コメント)
(畝岡)
くら寿司側に立って考えると、私としても訴訟提起という方針に賛成である。大澤弁護士記載のとおり、この訴訟においては被告であるアルバイトからいくらの賠償金を回収できるかということは劣後的な問題であり、優先すべきであることは多数存在する顧客の信頼、及びこれも多数存在する(将来の、も含めて)従業員等である。
請求する者が一個人であれば、回収可能性及び解決に至るスピードを考慮して訴訟を提起しないということもあり得るであろう。すなわち、請求する者が個人であれば基本的には1対1の関係で現在の紛争のことを中心に考えればよいことが多いが、請求主体が企業である場合には相手方との1対1での関係で考えるのではなく、企業の信用に与える波及効やひいては将来の紛争予防(同種事例が発生することの防止・抑止)など、多角的な視点で経営を考える必要がある。
その意味で、私もくら寿司が訴訟提起するという対応に概ね賛成である。

(岡井)
こんなことを投稿して、何が楽しいのだろうと思うが、それでも毎日のようにいろんな店の問題動画がニュースになる。
アルバイト店員からすれば、「バイトを辞めさせられたところで別に困らないし、他でまた探せばいい」「バイトくらいクビになってもいいから、”いいね”が集まりそうな動画を投稿して目立ちたい」というような自己顕示欲からの行動なのだろうか。
このような考えの若者がたくさんいるのだとすると、各企業としては、どのようにアルバイトの指導をすればよいのか、非常に難しい。
たとえば、ディズニーランドでは、アルバイトがみんなやりがいをもって働くため、時給はさほど高くないにもかかわらず、辞める人は少ないのだと聞いたことがある。
アルバイトであっても社員と差別せず、自主性を尊重し、責任の伴う仕事も任せるなど、アルバイト店員に責任をもって仕事をしてもらえるような教育方法が必要になるのかもしれない。

くら寿司は訴訟を提起するようであるが、これも一つの抑止にはなるであろう。
ただ、訴訟提起をされるという恐怖心で抑止するよりは、アルバイト店員が自身の仕事に責任と誇りをもって仕事を行い、こんなバカげたことをしようとも思わなくなるのが一番である。
もちろんこれは理想論で、実際には簡単にいかないのであるが。

今年の秋⑤ 上賀茂神社への道-その5-

今年の秋⑤ 上賀茂神社への道-その5- 取り入れた水で曲水の宴を (2017.10.25 京都散策)

この家では川から取り入れた水を庭にめぐらしている。
庭の中央あたりに少し曲がりくねった小川が作られていた。
(写真中央の下の方の、石に囲まれた所が小川の一部である。) 上から盃を流してそれがたどり着くまでに和歌を一首、
などという《曲水の宴》も行われていたという。
なんとも風流なものではないか。

明神川

(弁護士 大澤龍司)

秋がもう、そこに・・

秋がもう、そこに・・

小学生のころだったか、
夏の甲子園が終わるころには
なぜか悲しかった。
もうすぐ、夏休みが終わるからだ。

ただ、それにしても
《もう少しだが、夏休みがある》と思う人間と
《もう、夏休みは終わったのだ》という人間と
2種類あるが、自分は後の方の人間だった。

①コスモス 40年以上も前であるが、
夏、長野の野沢温泉に長期滞在したことがある。
学生村という制度で、
安い金額で民宿に長期間宿泊させてくれた。

《池分》という民宿が気に入り、
司法試験の勉強をするということで
大学時代の数年間、野沢で過ごし
妻知恵子とも知り合った。

野沢温泉は山の中にあり、スキー場で有名だ。
学生村には多くの学生が集まっていた。
しかし、お盆を過ぎると、途端に学生の姿が消えた。

涼しい風が吹くようになり、
どこから出てきたのか
多くの赤とんぼが飛びまわるようになった。
ああ、山村の秋はこのようにしてくるんだと思った。

②シュウメイギク

さて、今、大阪では、連日、35度を超す暑い日が続いている。
しかし、日差しにもやや疲れが見える。
夜、帰宅するときに風も吹くようになり
心なしか、涼やかなように思える。

コスモスの種を撒き、その苗を庭に植えた。
そのうちの1本がすでに2つ目の花を咲かせている。
秋明菊の白いつぼみも膨らみだした。<
秋は、もう庭の隅っこでもう始まっている。

(大澤龍司)

天才数学者の顔

天才数学者の顔 先日の朝日新聞に岡潔先生の記事がありました。
(今こそ岡潔)数学の本質「論理ではなく情緒」

内容もおもしろく、いかにも岡先生らしいですが、
何よりも顔の写真がすごいです。

常人離れした顔で
これをどう表現していいのか

ともかく数学の天才とはこのようなものかという感じです。
アボガドロであったか、あるいは他の人であったか、
数学者の顔をたしか、教科書で見たことがありますが
その人の顔も極めて特異な顔でした。

数学者とは、凡人では計り知れない能力の所有者という感じですが
それが顔に出ているのでしょうか。
そういえば、亡くなった家内の弟が
兵庫教育大で数学の教授をしています。

これはいたって普通の顔です。
天才ではないということでしょうか。

(大澤龍司)

銀閣寺の《銀》はどこにあるのか?

銀閣寺の《銀》はどこにあるのか? 金閣寺は人気があるし、わかりやすい。

行けば、拝観客がいつも長い列を作っている。

金閣寺の正式な寺名が鹿苑寺であるのに、なぜ《金》閣寺なのかはだれでもわかるだろう。

境内に入れば、すぐに池上の黄金色の建物(舎利殿)があり、水面に映った姿とともに燦然と目に飛び込んでくる。

さて、それなら銀閣寺はどこに《銀》があるのか。
銀閣寺

国宝である観音殿や方丈にはどこにも銀は使われていない。

庭の銀沙灘は小砂利が敷かれているにすぎない。

池も東山のふもとに広がる境内の木々にも、銀もなく、銀箔を貼ったものさえない。

銀閣寺がなぜ《銀》閣と呼ばれるのか、知っている人は少ないだろう。

鹿苑寺が《金閣寺》と江戸時代に呼ばれるようになり、
金閣寺の舎利殿と銀閣寺の観音殿が似ているから、《銀閣寺》と呼ばれるようになったという説がある。

金閣寺のは3層建だが、銀閣寺は2層である点を除けば、建物としては確かに似ている。

しかし、建物が似ているだけで銀閣と名づけられたのではないと思う。

私の意見(あるいは妄想というのが正しいというべきか)は、史実に基づくものとは言えないかもしれないが、案外、当たっているかもしれない。

金閣寺は足利3代将軍義満が、銀閣寺は8代将軍義政が造営した。

義満の時代は平和であり、将軍としての力も強く、金という高価なものを豊富に使うことができた。

それに対し、義政の時代は既に応仁の乱が始まっており、世の中が乱れていたのに加えて、彼自信が無能な将軍といわれているように自らの手で豊かな財源を作り出すような才覚もなかった。

しかし、それでも、金閣寺に対抗するような寺を作りたいと考えたに違いない。
銀

義満が金なら、私は銀でやると考えた。

さて、どうするかと思い悩んだ義政が、ある夜、鴨川の橋を渡ったときだ。

流れる川の水に月の光が反射してきらきらと光っているのを見て、《これだ!》と気がついた。

銀を使わなくとも、銀があるように見えればよいのではないか。

庭に小砂利を敷けば、満月の夜などは月の光で銀のように見える。

砂利ばかりでなく、地面に筋をつければ、その影の黒さとの対比で銀色がいっそう引き立つのではないか(ぜんざいの甘さを増すために塩を入れるように)。

いやいや、銀のように見える必要さえない。。いぶし銀

銀と思う(見立てる)ことができればいい。

庭の池も月を映しているが、それも銀と見立てる。

緑の木々はほとんど黒にくすんでいるが、

月の光に浮かんでかすかに光を放っている。

これもいぶし銀と見立てることができる。

このように、義政の頭の中に、一瞬にして銀閣の構想が出来上がったのではなかろうか。

金閣は、単に舎利殿という建物という《点》だけが金だが、俺の銀閣は庭も周囲の山も全てのものが銀であり、決して義満には負けておらず、むしろこれを凌駕しているではないか。

義政はそう思ったに違いない。

こうして銀閣は出来上がった。
銀閣寺全景

中天に昇った月の光のなか、義政は銀閣の庭の端に立っている。

何時間も身動きせずに立っていることもあれば、
誰に聞かせることもなくブツブツと何事かをつぶやいているときもある。

月はこのような義政を、いや、その周りの庭、池も木々もすべて慈しみをもって照らしている。

こんな情景を描けば、《慈照寺》というこの寺の名もおのずから納得できるのではなかろうか。

参考までに言えば、この寺名は義政の遺命により命名されたということだ。
(大澤龍司)

これこそ庭!というものかもしれない。

これこそ庭!というものかもしれない。
 ~銀閣寺の門にたどりついて~

銀閣寺門と背景の東山 銀閣寺で《本当にすごいなぁ》と思った。

国宝の建物にではなく、外国人の多いことでもない。

寺の後ろの山が、である。

様々な木々の緑が輝き、
山肌を覆い尽くしており、
ふもとから頂上まで緑に燃えているというべきか。

庭園の背景の山などを《借景》ということがあるが、林の中 P1100082 そのとき、山の緑は間違いなく《主景》だった。 

銀閣寺の庭園は
波紋の銀沙灘(ぎんしゃだん)と白砂の向月台(こうげつだい)で有名だが、
昼に見ると砂利の白い庭でしかない。

順路をいけば上がり坂になり、木々の中に入っていく。

東山の緑の木々の下だから、
鬱蒼として薄暗いのかと思っていたが、木々の向こうの板塀 意外と明るい。

手入れもよくされており、
ところどころで夕方の太陽が差しこんで、
枯葉と苔の地面を照らしている。

よく見るとところどころに板塀があり、
この林が銀閣寺の境内であり、
寺の庭の一部だとわかる。

一番高いところから見れば、下の方に国宝の銀閣が見えるが、
緑の木々の中に孤立して、まるで飲み込まれそうな感じだ。

畳や縁側から眺める庭ではないが、銀閣寺門と背景の東山 人も寺もすっぽりと包みこまれるような感じを抱かせる場所だから、
この林も一種の庭と言っていいのかもしれない。

(大澤龍司)

※写真上から
①銀閣寺門と背景の東山
②木々の中
③木々の向こうの板塀
④緑に飲み込まれそうな銀閣寺観音殿

《パディッシュ》から来た老婦人たちの道案内

《パディッシュ》から来た老婦人たちの道案内
 ~緑、競い合うこの季節、銀閣寺道から哲学の道へ~

交差点に白人らしいが、2人のおばあさんが立ち止まっている。

人に何か聞きたそうな顔をしている。

近づいて行くと手に持った地図の中の《Ginkakuji Temple》を指差している。

あぁ、それならちょうど行くところだ、一緒に行けばよいと思った。
銀閣寺 参道

I want to go Ginkakuji Temple.

Go with me.

こんな英語でも通じたのか、2人は大きくうなずき、なんと日本語で「ありがとう」と言う。

そこから銀閣寺の門前まで、普通なら7~8分程度で行きつくはずだった。

ところが、歩きがゆっくりで、倍くらいの時間がかかりそうだ。

途中、どこからきたのかと聞くと、「パディッシュ」という。

そんな国、あったけ?

少し背が低く、かつ皮膚の色がやや浅黒い。

中南米?しかし、そんな名前の国ってあったけ?

一生懸命、考えている僕の顔を見て、2人は「パディッシュ」、「パディッシュ」と繰り返す。

結局、わからずじまいだった。

銀閣寺の門の近くに行くと人の流れができている。

話も通じず、このままゆっくり行くのも・・と思い、
途中で「まっすぐに行ってください、5分程度で着きます」という趣旨のことを(英語で)言って、別れた。

銀閣寺の拝観券を買って、門を入ったところでやっと気がついた。
銀閣寺

あぁ、「スパニッシュ(Spanish)」なんだ、スペインから来た人たちなんだ!

最初の《ス》が聞こえず、
又、《パ》に強くアクセントを置いて発言していたので 《ニ》が《ディ》と聞こえたということのようだ。

もし、英語がもう少しできたら、
彼女たちがスペインから来たこともすぐにわかっただろうし、
《どんな国なんですか?》とか《ガウディは・・》とかいう話もでき、
《日本に来てどんな感じですか?》という感想も聞けたであろう。

金閣寺までの道のりに時間がかかっても、
それがかえって、ゆっくりと楽しい会話の時間になったのにと残念な気持ちであった。

さて、これをいい機会に、この歳で英語でも勉強しようかという気になった出来事だった。

(大澤龍司)

※写真(上)は銀閣寺への参道(イメージ) ※写真(下)は銀閣寺

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ