大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

慰謝料とはそもそも何か(後遺障害の慰謝料とは?)

傷害  慰謝料とはそもそも何か(弁護士 北野英彦)


1.そもそも慰謝料とはなにか?

交通事故による損害賠償には、「治療費」「休業損害」「慰謝料」など様々な賠償の項目がありますが、中には賠償金の全てを「事故の慰謝料」などと呼ぶ人もいます。
しかし、我々が法律上「入通院慰謝料」と呼ぶのは、あくまで交通事故によるケガの痛みに苦しみ、辛い思いをしたことに対する賠償のことです
病院に支払う「治療費」や事故で仕事を休んで減った給料の穴埋めとなる「休業損害」とは別の損害です。

2.慰謝料には2つの種類がある
慰謝料には一般に2つの種類があります。
 
入通院慰謝料  ・・・ケガで病院に通えばみなさんもらえる慰謝料
  (※傷害慰謝料とも呼びます。) 
後遺障害慰謝料 ・・・後遺障害が認められた人だけもらえる慰謝料
 ※このほか「死亡慰謝料」「近親者慰謝料」というものもありますが今回は割愛します。

①入通院慰謝料と②後遺障害慰謝料は、どちらもケガの痛みや辛さに対する賠償ですが、交通事故の被害者の中には、

①入通院慰謝料だけしかもらえない人
①入通院慰謝料に加え、②後遺障害慰謝料までもらえる人

の2種類の方がいらっしゃいます。
なぜこのような違いが出てくるのでしょうか。まずは2つの慰謝料の違いや種類を説明しましょう。


①入通院慰謝料は、事故の後に入院や通院をしている期間の痛み
②「後遺障害慰謝料」は、後遺障害が残った後の痛み

を対象とする点で違いがあります。

これを図で表しますと、次のようなイメージになります。

慰謝料と後遺障害



この図からわかるように、

①入通院慰謝料は治療終了前   
②後遺障害慰謝料は治療終了後
という違いがあります。

ただ、「後遺障害慰謝料」はあくまで後遺障害が残った人だけがもらえる特別な損害ですし、誰もが後遺障害が残るとは限りません。
もちろん、後遺障害が残らず、完全にケガが治るに越したことはありませんが、慰謝料が認められた方が賠償金額としては増えることになります。
そのため、交通事故の損害賠償においては後遺障害の認定が極めて重要だと言われています。

この慰謝料の支払額は入院や通院の回数や期間をベースに計算するのですが、その計算基準には3つの基準があると言われています。

(3つの基準)
①自賠責基準(自賠責保険という必要最低限の賠償基準。最も低額。)
②任意保険基準(通常、被害者本人に提案される基準。中間的な金額。)
③裁判基準(通称「弁護士基準」。裁判所が使う基準で、最も高額。)

次回は、この3つの基準について詳しく解説していきたいと思います。

自転車保険に加入しておきましょう

teacher_tensaku_man.png  自転車保険に加入しましょう(弁護士 北野英彦)

 前回の流れから、慰謝料の続きを書きたいと思っていたのですが、ここ最近、たまたま自転車事故の相談をお受けすることが続きました。
 そこで、みなさまにご注意をいただきたく、今回は自転車事故について書いてみました。

 かつては、交通事故のご相談と言えば自動車同士がぶつかった、あるいは自動車にはねられた事故が多かったのですが、ここ最近は自転車同士、あるいは歩行者が自転車にはねられた事故が増えています。
 このような最近の自転車事故の当事者の方には、ある一つの重要な共通点がありました。

 それは、誰も自転車保険に入っていなかった、ということです。

 大阪府では、平成28年7月から自転車保険の加入が義務化されました。
(大阪府ウェブサイト:大阪府自転車条例

 つまり、大阪で自転車に乗る人はみなさん保険に加入しないといけません。

 ある相談者の方(加害者となった方)は、
「保険に入っていなかったので相手に払うお金がない。そのうち家や給料を差し押さえられるのが怖い」
と心配しておられました。
 また、自転車同士で衝突した被害者の方に話を聞くと、加害者が保険に入っておらず「治療費を払ってくれない。加害者を訴えてくれ」とえらく怒っていました。

 (ただ、この方も「私も自転車保険は加入した憶えはありませんけどね。」とおっしゃっていましたので、加入を勧めておきました。)

 自転車事故であっても100万円を超える賠償義務を負うことは珍しくありませんし、ニュースで見るような数千万円にも及ぶ賠償を命じられる事故もあります。

 事故というのは、被害者はもちろん加害者になった場合も大変な事態です。
 特に自転車の場合、被害者になるだけではなく加害者になる場合も増えてきています。

 大阪では加入義務ができましたが、加入義務がなくとも自転車に乗る人は保険に加入しておきましょう。

 ちなみに、自動車をお持ちの方は自転車保険(あるいは個人賠償責任保険)がオプションで付いていることもありますし、自宅の火災保険にも自転車事故に使える保険がくっついていることもあります(そのほかクレジットカードに付帯する保険や、学校・自転車店が窓口になっている保険もあります)。

 みなさん自転車事故にはご注意を。

入通院慰謝料は弁護士の腕の見せ所

teacher_tensaku_man.png   ~入通院慰謝料~(弁護士 北野英彦)

 前回は、保険会社が治療費の支払いを止めた場合の通院治療とその注意点についてお話しました。
 今回は、治療期間と並行して発生する入通院慰謝料についてお話ししたいと思います。

(今回のテーマ)
 ・「慰謝料」には様々な意味合いがある
 ・弁護士基準で慰謝料が大幅に増額することがある
 ・弁護士基準は誰でも請求できる


1.「慰謝料」には様々な意味合いがある
 依頼者の中には、治療費や休業損害なども含めた賠償金の全てを「事故の慰謝料」と呼ぶ人もいます。また、離婚事件では10年以上続いた子どもの養育費を支払い終わった際に「やっと慰謝料を支払い終わった」と話す人もいます。
 また、交通事故で保険会社から送られてくる損害明細(示談提案書)では入通院慰謝料のことを「傷害慰謝料」あるいは「慰謝料」と書いていることがありますが、基本的には同じ意味ですので、この記事では「入通院慰謝料」と呼ぶことにします。

2.弁護士基準で慰謝料が大幅に増額することがある
 タイトルに書きましたが、実は弁護士に依頼することで大幅に賠償金を増額できる賠償項目の一つに「慰謝料」があります。
 交通事故の示談交渉をしているとよく
  「入通院慰謝料●●万円 (当社保険基準による)」
と書かれた慰謝料の計算書を目にしますし、多くの方はそれで納得されていることでしょう。
 しかし、弁護士の目から見ればそこはツッコミどころであり、私はまず「お宅の会社の保険基準なんか知らないけど・・・・」と疑ってかかります。
 よくよく保険会社の担当者に基準や計算方法を聞くと、法律上正当に受けられる賠償基準(=「裁判基準」あるいは「弁護士基準」と呼びます)よりかなり低い金額であることがほとんどです。
 しかし、我々弁護士が交渉に入ると、必ずこの裁判基準(弁護士基準)で交渉を行うため、保険会社も同じ基準で賠償しなければならない状況に追い込まれてしまうのです。

 つまり、この「慰謝料」は、弁護士が交渉すれば正当な賠償水準まで増額できることが十分に期待できる費目といえるでしょう。

3.弁護士基準は誰でも請求できる
 ここまで書いてみて、どうも「弁護士に依頼しろ」「依頼しろ」と、いう感が出ているのですが、実はそんなことはありません。
 弁護士基準は誰でも請求することができます。
 先ほども書きましたが、弁護士基準はあくまで裁判所が使う基準であり、弁護士だけしか使えない基準ではありません。ご自身で弁護士基準を勉強されて交渉し、さらにはご自身で裁判所に訴えを起こして弁護士基準で賠償を獲得することももちろん可能です。
 もし弁護士費用特約(本連載第1回「交通事故に役立つ弁護士費用保険(特約)」参照)にご加入がなく、弁護士費用も節約したいという方は、ご自身で請求することを考えてみられるとよいでしょう。
 
 ただ、最近のインターネット上には弁護士基準に関する情報が様々飛び交っています。
 多くの情報の中でどの情報が正しいのか混乱される方も少なくありませんので、くれぐれもご注意いただきたいと思います。

 次回は、慰謝料にも「入通院慰謝料」「後遺障害慰謝料」「近親者慰謝料」など様々な種類がありますので、その違いや、弁護士基準と任意保険基準の違いなどについてお話をしたいと思います。

治療費を打ち切られたら・・・・(後編)

teacher_tensaku_man.png  ~治療費を打ち切られたら~(弁護士 北野英彦)

 前回は治療費支払を途中で打ち切る保険会社の事情についてお話しました。
 今回は、支払いを打ち切られた被害者の側が取るべき対処についてお話していきたいと思います。

1.健康保険を使って通院を続けるべき
 保険会社が治療費支払いを打ち切った後も通院を続けたい場合、窓口で治療費をその都度支払う必要があります。
 ところが、健康保険も使わずに病院に行くと、治療費全額を負担する必要があるため、驚くほど高額な請求を受けることがあります。
 そのため、中には、保険会社の治療費打ち切りと同時に通院を止めてしまう(痛みをガマンしてしまう)方も少なくありません。
 しかし、痛みがあるのに通院を止めてしまうことは、本来行うべき治療が進まないだけではなく、後遺障害の認定に重大な影響を及ぼす可能性があります。
 そこで、私どもは通院を続けたい依頼者の方に、お持ちの健康保険を使って通院を続けるという方法をお勧めしています。

2.「健康保険は交通事故の治療に使えない」?
 ところが、依頼者の方から時折、「病院で健康保険は使えないと言われた」という話を聞きますし、昔は「健康保険は交通事故の治療に使えない」といわれた時代があったようです(ちなみに、私も事件の中で病院から同じような話を言われて口論になったことがあります。)。
 しかし、今も昔も健康保険は交通事故の治療でも使えます。病院側が「交通事故の治療には健康保険を使えない」として拒否することは認められません。
 あきらめずに病院に「健康保険で通院したい」と申し入れましょう。
   健康保険を使うと、全額(10割)負担だった治療費が自己負担部分(一般には3割程度)だけを窓口で支払うだけで通院ができますので、治療費の負担を大幅に減らすことができます。
 お手元の治療費支払いが厳しい方は、ぜひ健康保険を活用しましょう。

3.自賠責保険の仮払い制度も知っておこう
 また、あまり知られていませんが、自動車事故では車の運転手が自賠責保険に加入しているはずですので、自賠責保険の「仮渡金」を請求するという方法もあります。
 仮渡金としてもらえる金額はそう多くはありません(ケガの程度などに応じて5万円、20万円、40万円の3段階)が、診断書や事故証明書など比較的簡単な書類を揃えて自賠責保険に提出すれば、受付から1週間程度で支払を受けることができます。
 手続は相手方の自賠責保険会社に電話すれば大抵は書類を送ってもらえます。

4.治療を止めれば後遺障害にも影響する
 前回お話しましたように、治療費の支払いを打ち切られた後も治らない場合のことを「症状固定」(=これ以上治らない状態)と言い、その場合は後遺障害が残っている可能性が考えられます。その場合は、後遺障害に対する慰謝料などの賠償金を支払ってもらえる可能性が出てきますので、後遺障害の認定に提出する医療記録などの資料を準備する必要があります。
 しかし、治療費の打ち切りとともに治療を止めてしまうと、肝心の医療記録が作成されないため、どのような痛みや障害が残っているのかが外部から見えない状況になってしまいます。
 他方で、保険会社も被害者が「痛い」と言っているだけでは後遺障害を認めようがありません。やはり医療記録などの客観的な資料をもって後遺障害の存在を証明する必要があることを憶えておきましょう。
 症状固定後の通院は自己負担で通院するしかありませんが、事故に遭われた皆様、無理をして痛みをガマンするのではなく、「諦めず」、「遠慮せず」、に通院を続けて頂きたいと思います。

5.入通院(傷害)慰謝料の額にご注意を!
 治療費の支払いを打ち切ると、保険会社は次に ①後遺障害の認定手続を行い、その認定結果を受けて ②示談金額の計算に入ります。
 ②示談金額には治療費以外に休業損害や通院慰謝料、交通費、文書料など様々な賠償費目が含まれます。このときよく問題になるものの一つに、前回もお話した「通院慰謝料」というものがあります(ちなみに入院した後に通院した場合は「入通院慰謝料」と言います)。
通院慰謝料は通院した期間に応じて算定されることが一般ですが、通院慰謝料はかなり低額な基準で計算されることが多く、弁護士に依頼することで大幅なアップを見込める損害の一つとなっています。
  この慰謝料についてもお話をしたかったのですが、少し長くなってしまいましたので、この件については次回じっくりとお話したいと思います。

治療費を打ち切られたら・・・・(前編)

teacher_tensaku_man.png  ~治療費を打ち切られたら~(弁護士 北野英彦)

 交通事故の案件では、加害者の保険会社が通院先の病院に直接治療費を支払うため、被害者の方は窓口で1円も支払わずに治療を受けられるケースが多くあります。
 ところが、まだまだ痛みがあって治療を続けたいのに、「保険会社からそろそろ3ヶ月ですね。今月末には治療を打ち切ります、と言われた。どうして治療を続けられないのか?」、という依頼者の方によくお会いします。
 保険会社は従前より多くの事案で「3ヶ月で打ち切り」「6ヶ月で打ち切り」と言い続けてきているため、「みなさん6ヶ月で打ち切りですよ」と言われて納得される方も珍しくありません。
 しかし、上記のようにまだまだ治療を続けたい方にとって、このような治療費打ち切りの問題は非常に切実です。そこで、今回と次回と2回にわたって治療費打ち切りのポイントをご紹介していきたいと思います。

ポイント1 打ち切らないと保険会社は高額支払いを迫られる
 当然のことですが、ケガの程度や治り具合は人それぞれであり、法的に3ヶ月、6ヶ月で治療を打ち切る根拠はありません。
 ただ、保険会社としては、治療が長引くと支払が高額になってくるため、無用な治療費の支払を防ごうと「治療費の打ち切り」のタイミングを計って提案してくるものと思われます。
 また、保険会社は、治療を続けている期間に応じて「通院慰謝料」という賠償金を別途支払うのが通常です。そのため、保険会社は治療が無用に長引いてこの「通院慰謝料」が不当に高額になることを防ぎたいという観点を持っていると思われます。
 ほかにもいろいろと理由は考えられるところですが、主に無用な治療費や慰謝料の支払いを避けるために治療費の打ち切りを打診してくるのだろうと思います。
 ただ、被害者の方にとって保険会社の都合は関係ないお話ですので、このようなことを言われてもまず納得できないことでしょう。

ポイント2 保険会社は治療の成果を見て判断する
 では、保険会社が治療を打ち切る「無用な治療」とはどのようなものでしょうか。   それは(少し言いすぎかもしれませんが)「成果が上がっていない治療」ということになるでしょう。
 たとえば、どれだけ日数が経っても痛みが治まらない、リハビリをどれだけ続けても一向に関節の動きがよくならない、などのケースが考えられます。
 私ども弁護士は、診断書など医療記録を見て「治療内容も投薬もずっと変わってないなぁ・・・治療の成果が上がっていないのでは?」と考えます(おそらく保険会社も同じように考えているのでしょう。)。
 このように、成果が上がらない治療を続けることは実際上難しく、どんなに痛みがあっても治療の意味がないということになってしまいます。

ポイント3 どうしても治らない場合は後遺障害の認定を
 このような場合、多くは症状が固定(=これ以上治らない状態)に達し、後遺障害が残っているという可能性が考えられます。そのため、治療費は打ち切られるとしても、後遺障害に対する慰謝料などの賠償金を支払ってもらえる可能性が出てきます。
 もちろん後遺障害の認定手続はなかなか厄介ですが、何事も諦めてはいけません。

 後遺障害の認定や賠償問題については交通事故の重要論点ですので、別の機会に詳しく触れることがあると思いますが、次回は、
①実際に治療費打ち切りに遭った場合の対処法
②通院慰謝料がどの程度の金額になるのか、
 について書いてみたいと思います。

交通事故に役立つ弁護士費用保険(特約)

teacher_tensaku_man.png  ~弁護士費用保険(特約)~(弁護士 北野英彦)

みなさまこんにちは。弁護士の北野英彦と申します。
私は当事務所の交通事故案件を担当することが多くありますので、その経験から交通事故に役立つ知識をみなさまにお伝えしていきたいと思います。
第一回は、ピンチに役立つ弁護士費用保険のお話から。

【交通事故は人生の一大ピンチ】
 交通事故は、誰もが遭遇しうる人生の大ピンチの一つです。
 しばらくはケガで苦しい日々が続きますし、仕事もできません。楽しみにしていた旅行や予定をキャンセルすることもあるでしょう。
 その中で、誰しも気になるのが「治療費や慰謝料は払ってもらえるのか」「何から始めればよいのか」ということではないでしょうか。
 そんな大ピンチの際に役立つものとして、最近注目されているのが弁護士費用保険(特約)という保険です。

【弁護士費用保険(特約)とは?】
 弁護士費用保険(特約)とは、簡単に言いますと弁護士費用を保険会社が代わりに払ってくれる仕組みのことです。
 本来、弁護士は依頼者の方から弁護士費用をお支払い頂きますので、事故でお金に困っている方にとっては非常に厳しい支払を求められることになります。
 しかし、弁護士費用保険に加入していれば、依頼者の代わりに保険会社が弁護士費用を支払ってくれますので、依頼者自身がお金を出さなくとも弁護士に依頼することができます。
 今ではこの弁護士費用保険が普及してきましたので、これまでは「お金がなくて弁護士はちょっと・・・」と思われていた方でも弁護士に依頼し、サポートを受けることができる社会ができつつあります。
 ちなみに、先日も事故に遭われた相談者の方が「こんなことなら弁護士費用特約を付けておけば良かった・・・」とおっしゃっていたことがありました。保険会社にもよりますが、弁護士費用特約はそれほど高額な保険料ではないことが多いので、ぜひみなさまも一度ご検討されるとよいでしょう。   【弁護士費用保険は自動車保険の書類を見る】
 弁護士費用保険は主に自動車保険の特約なのですが、事故に遭わないと使うことがありません。そのため、「弁護士費用特約はありませんか?」と質問しても、「自動車保険は入っていますが、弁護士保険はよくわかりません」と回答される相談者の方もちらほらいらっしゃいます。
 ぜひ一度、お手元の自動車保険の書類を見直していただきたいと思いますが、いっそのこと保険会社の担当者さんに電話で聞いてみるのも一つの手でしょう。

【自動車に乗ってなくともあきらめない】
 ただ、自動車に乗っていない方でもあきらめることはありません。
 最近では自宅の火災保険などについている弁護士費用特約で交通事故の相談ができることもあります(最近では弁護士費用のためだけの保険もあります)。
 実際、賃貸住宅にお住まいの方で、入居の際に契約した火災保険に弁護士費用特約が付いていたこともありました。
 依頼者の中には、「とにかく自宅の保険関係書類を一通り持ってきました。」という相談者の方もおり、我々も一緒に特約を探したこともありました。みなさんもあきらめずに探してみましょう。

【あるものは遠慮なく使いましょう】
 特約があるということは、従前から特約を含めて保険料をお支払いになっているということです。
 私は、保険があるのに使わないのは非常にもったいないと思います。
 弁護士というと、「そんな大げさな・・・」と思われるかもしれません。
 ただ、事故に遭われた際には、遠慮されずにお使いいただき、よき弁護士のサポートを受け、ご自身の生活を守っていただければと思います。

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月?金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ