大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

父の収入で母が子名義で貯金。これは誰からの特別受益?【Q&A №619】

【質問の要旨】

名義預金は誰のものか

記載内容   名義預金 特別受益  保険金

【ご質問内容】

母が10年前に亡くなった際、父から子ども達に母の遺産分割を見送ってほしいとの話しがあり皆、承諾しました。

その父が2年前に亡くなり現在遺産分割調停中です。

母が亡くなった際、父から相続放棄(言葉が正しいかわかりませんが…)を促され兄弟は皆承諾しましたが子ども達名義の通帳のみ父が各自にくれました。

入金額はそれぞれ違いました。

専業主婦だった母が亡くなった父からの収入の中から貯金してくれたものと思われます。

そして今、兄弟の一人がそれは父からの特別受益だといい始めました。

兄弟の一人の主張は、そもそもの収入源は父、また貯金をしてくれた母が亡くなった際、母の遺産を放棄したのだからその通帳も全て父のものとなった、母の死後父から通帳を手渡された、よってこれは父からの特別受益であるという主張です。

ちなみにその兄弟は入金額が少なかったためとても不満に思っていますが母が保険金の受取人に指定していたため最終的な金額誤差はほとんどありません。

特別受益を主張した際は通帳額の少なかった兄弟の一人が有利に働くと想像します。

また兄弟の一人は固有財産だと主張しています。 このような場合、誰からの特別受益にあたるのでしょうか?

 

(きぬ)

 

 ※敬称略とさせていただきます

【名義預金は名義人の遺産ではなく、父または母の遺産になる】

母が子供たちの名義で貯金することを「名義預金」といいます。

その預金が誰の財産であるかは、その名義には関係なく、そのお金が誰から出ていたか等のいろいろな事情を考慮して決定されます。

父が母に渡したお金から預金したという前提の場合、もし、その金銭が母への贈与の趣旨であれば母の預金になります。

しかし、今回の質問では、贈与の趣旨ではなく、父が給料全部あるいは生活費等として母に金銭を渡しており、その余りを子供名義で預金をしたようなケースですので、父の財産と考えていいでしょう。  

なお、名義人の独自の財産という主張は成り立たないと思われます。

なぜなら、その金銭の出所が父であり、かつ預貯金証書や取引印を父(またはその財産管理をしていた母)がもっていたというケ-スのようであり、子としては名義を使われたにすぎず、贈与とする根拠がありません。

【保険金は遺産に入らない】  

母が保険契約をし、母の死亡によりその保険金を子が取得したということですが、死亡保険金は原則、遺産には入りません。

ただ、その保険金の額が大きく、遺産総額の6割を超えるような特段の事情がある場合には遺産に入れるという裁判例もあります(Q&A №298)。

今回の質問では、預金及び保険金の各人の合計については、兄弟間の「最終的な金額誤差はほとんどありません」とあることから、保険金額が保険金が遺産の6割を超えていないようであるため、原則通り、保険金は遺産に入らないということになります。

【兄弟間で差がでるのはやむをえない】

結論から言えば、

① 保険金で受け取った分は特別受益にならず、遺産に持ち戻さない。

② 名義預金は父からの生前贈与であり、名義人独自の財産にはならない。

③ 名義預金は父からの生前贈与であるから、父の遺産分割の際、特別受益として遺産に持ち戻される。

④ 保険金をもらったものが得をするが、最高裁の判例が変更されない限りは、このような結論はやむを得ない。

【持戻し免除の意思があったとして公平を図ることもありうるかも・・】

 子供たち各自名義の名義預金と、母の生命保険とで兄弟間の金額のバランスをとって、相続人らの公平を図ろうとしていたのが父母の意思であったとも考えられます。

そのため、それが通るかどうかは別として、名義預金の贈与については、遺産に持ち戻さないという父の黙示の意思表示があったと主張されるといいでしょう。

もし、その主張が認められると保険金及び名義預金の全部が遺産に持ち戻されず、その余の遺産について分割協議をすることになり、兄弟間の公平が図られることになります。

One thought on “父の収入で母が子名義で貯金。これは誰からの特別受益?【Q&A №619】”

  1. この度はありがとうございました。『名義預金』についての見解がよくわかりました。一点伺いたいのですがこの通帳は母が亡くなった10年前に父から手渡されました。固有財産だと主張している兄弟は証拠はないと主張しています。考えるに現在は通帳自体解約して自身の通帳に入れ直しているか印鑑等を自身の物に変更しているかでその証拠はないと主張しているものと思われますが母手書きて銀行名、口座番号、金額等の詳細を記しています。このような場合、兄弟の固有財産だとの主張は通りますか?また特別受益はどのように証明すべきですか?
    引き続きご教授頂けると助かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ