大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

葬儀費用の分担【Q&A №650】

 

【質問の要旨】

母の葬儀費用の負担分として相続割合に応じた額を香典という形で葬儀を取り仕切った兄に渡したが、別途、葬儀費用の負担分を請求された。

どう考えればよいか。

【ご質問内容】

先般、母が亡くなりました。以前、父が亡くなった時、長男が喪主を務め、葬儀費用も負担してくれました。

土地や一切の資産は、母も、他の兄弟も遺産放棄して、長男が相続しました。

今回、母の葬儀があり、前回同様、香典として、葬儀費用を兄弟の数で割った額を喪主の長男にわたしました。

葬儀も、喪主の家族が仕切りました。

今回の葬儀で、父の時と違っていたのは、兄弟以外からの香典は受け取っていません。

先日、葬儀費用の当分割の金額を、持ってくるように要求されました。

わたしとしては、その金額は香典で持参しております。

どう考えればよいものでしょうか。

よろしくお願いいたします。

 
(モモコ)

 ※敬称略とさせていただきます。

【香典と葬儀費用について】
葬儀費用や香典は法律上の制度ではなく、地域の慣習により行われているもので、裁判例などでも明確な判断を示したものが少ないです。
ただ、葬儀費用が相続債務でないことについては、ほぼ異論がないように思います。
葬儀は喪主が行うものであり、その費用は喪主が負担するのが原則です。
ただ、相続人で葬儀に出席したものがいれば、公平の観点から相続分に応じた程度の負担をさせるという解決が、遺産分割調停でよく行われます。
次に香典ですが、葬儀費用の分担するようなときは、かかった葬儀費用から香典分を差し引きすることで解決している例が多いです。
葬儀費用を分担させながら、香典は喪主が取るというのは公平の観点から認めがたいということです。
更に話を進めていけば、香典返しをする場合はその分はどうするのかという問題も出てきます。
遺産分割調停の現場では、香典返しの話が出ても結局、どこかで金額に折り合いをつけて、話をつけてしまうことが多いです。

【今回の質問者の対応】
今回の質問者の対応を考えてみましょう。
まず、質問者としては、葬儀費用は本来、喪主が負担するべきものだということを最初に主張しておく必要があります。
弁護士なら、葬儀費用の分担を求める根拠は何かを明らかにせよというところでしょうか。
次に、今回の葬儀では一般の人から香典を取っていないが、相談者の方たちが香典を支払い、かつ、その額が一般の香典の額より高額であったのは葬儀費用分担の意味合いがあったと主張するといいでしょう。
なお、葬儀費用という明確な形では渡しておらず、香典という形で渡している点がやや気にかかります。
この点については、兄から聞いた葬儀費用を相続分に応じて算出した額であること、もらった兄としては当然、葬儀費用分担の意味合いをわかっていたはずであると主張されるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


あなたは

番目の来場者です

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ