大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

【コラム】遺言書を作るときの心得

あまりに遅くなるとテストが必要です
エンディングノートというのがある。
死んだときに、「葬式はどうして欲しい」とか、
「病気になればこのようにして欲しい」とかを書くという。
妻はせっせと書いているようだ。
最近、妻が私にも書けという。
「ひょっとしたら、先に死ぬのを期待している?」
と聞くと、笑って否定していたが。

さて、エンディングノートならぬ、遺言書の話である。
最近、遺言書の作成の依頼が次々とくる。
皆、80代から90代の女性である。
高齢の方は遺言をする能力が問題となる。
長谷川式認知スケールというテストを受けていただく。
「テストが満点で、お医者さんにほめられました」という人もいる。
皆さん、いずれも高得点を獲得されている。
自分で遺言書を作るという人は頭もしっかりしているようだ。
テストに合格できそうなうちに、私も遺言書を作っておこう。
もちろん、ついでにエンディングノートも。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ