大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

名義変更された預金は誰のものか。【Q&A №236】


 遺産分割調停の中身

 両親とも他界、私には、精神疾患のある無職の兄が一人おります。
 ただ今、私と兄、それと4人の叔母で遺産分割調停をすすめております。
 父親死亡時に父名義の口座を兄に名義変更して数年が経ちます。
 内容は祖父名義の土地、建物、それと上記の兄名義の口座です。
 教えて頂きたいのは、兄名義の口座が遺産目録の中にあるのが、納得いかないのです。私はこれはもう遺産ではなく、兄の財産ではないかとおもいます。でも叔母たちは、亡くなった父の名義にしておけないから、私の兄の名義を借りているだけ、実質的にはこの家の共同財産だから、自分たちにも、相続する権利があると主張してきます。祖父の他界時であれば、兄名義の口座があっても叔母たちの主張が分からなくもないですが、名義はすでに、祖父から父へ父から兄へと変更され、数年が経っています。遺産目録に含まれますか?
 ご教示ください。

記載内容  遺産目録 他人名義の預金 預金名義の変更

(こまったちゃん)


【名義ではなく、誰が預金をしたのかが重要】
 被相続人であったお祖父さんの預金口座がお父さんに名義変更され、その後、お兄さんに名義変更されたのだが、この預金は誰のものかという質問です。
 預金名義が最近では本人確認が厳しくなったため少なくなりましたが、従前にはご相談のような借名預金がよくあり、裁判で誰のものかが問題となりました。
 借名預金が誰のものかについてはいろんな考え方がありますが、一般的には、当該預金のお金を誰が預け入れたのかという基準で判断されます。
 もともとはお祖父さんが預金し、それをお父さん名義からお兄さん名義に変更された場合でも、もともとのお金をお祖父さんが預け入れたのであれば、それはお祖父さんの預金と理解し、お祖父さんの遺産とするべきでしょう。
 質問だけからは詳しい事情がわかりませんが、いずれにせよ、お父さんの預金であったものが、名義変更して数年経てば、お兄さんの預金に変わるということはありません。

【どうして名義変更したのか・・】
 預金名義がお祖父さんからお父さんに名義変更されたのはどうしてでしょうか?
 お祖父さんがお父さんに、その預金を生前贈与したと理解できる可能性があれば、特別受益の問題となります。
 特別受益については過去の回答を、ご参照ください( 参考カテゴリ:「特別受益」 )。

 

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ