大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

大叔母から預金の引き出しを頼まれた【Q&A №427】


 私の母の叔母は高齢で一人で住んでいました。
 その叔母が脳梗塞で入院しました。
 私は今叔母の面倒を見ています。
 叔母は、私に私に委任状を書いたから、代理人として叔母の普通預金と定額預金のお金を受け取って病院の支払いなどに使ってほしいと言います。
 叔母の脳梗塞はさらに進んでいます。
 普通預金と定額と合わせるとかなりの額です。
 叔母に何かあった場合、相続人は高齢で意識のはっきりしていない母になります。
 私が叔母の委任状で代理人としてその貯金を受け取り、病院の支払いや、叔母の葬儀に使ってお金が残った場合、母にそのお金を返さないと税金もかかってくるでしょうし、叔母が言うように受け取るべきか迷っています。

記載内容  代理人 財産管理 脳梗塞

(あきら)


【もらうのか、預かるのか?】
 「委任状を書いたから、代理人として叔母の普通預金と定額預金のお金を受け取って病院の支払いなどに使ってほしい」とお母さんの叔母さん(あなたからすれば大叔母)が言っておられるようですが、大叔母さんは払い戻しを受けた金銭をあなたにあげる(贈与)気持ちなのか、それとも預かって欲しいというだけなのでしょうか。
 その点に関する大叔母さんの意志をはっきりと確認しておく必要があります。
 質問からははっきりとしませんので、場合分けして回答します。

【預かる場合の対処法】
 大叔母さんとしては、あなたに財産をあげるのではなく、管理してほしいということであれば、あなたは金銭の保管者になります。
 ただ、金銭についてはトラブルがつきものです。
 大叔母さんの預貯金を全部解約して、あなたの名義で預貯金するような場合には、《大叔母をだまして財産を取り込んだ》などという影口が聞こえそうです。
 法律以前の問題ですが、もしあなたの名義の預金口座を作るにしても、必要最小限の金額を移動するだけにするのがいいでしょう。
 どうしても預貯金全額を預からなければならない必要性があるというのなら、あなた自身の口座とは別に、大叔母さんから預かった分だけの独自の口座を作り、その分からは自分の用途に使わないようにする・・大叔母さんから預かった財産とあなたの独自の財産をはっきり区別する必要があります。
 なお、大叔母さんが認知症など、意思能力が乏しくて、《金銭の管理ができないような状態》だから預からなければならないというのであれば、成年後見人の選任を考えるべきでしょう。

【預かった場合の相続との関係】
 預かっている最中に、大叔母さんが死亡した場合には相続が発生します。
 その場合には、あなたが預かった金銭の残金は大叔母さんの相続人(あなたのお母さん)に渡すことになります。
 預かっているだけであれば、預かった金銭は相続人に渡すということになるだけですので、相続税の問題は発生しません。
 ただ、あなたの名義に移したということで、贈与があったのではないかと税務署から疑われることも考えておくといいでしょう。
 そのため、預かったということをはっきりとさせるために、金銭管理の方法や解約、返還等についてきっちりとした契約書を作成するとともに、あなたの分とは異なる独自の財産であるとして管理をしておく必要があります。

【もらう場合は贈与税がかかる】
 もし、大叔母さんの意志があなたにあげるというのであれば、贈与になります。
 病院の費用を支払うという負担付の贈与となりますし、更には大叔母さんの面倒を見るという負担付の贈与も考えられますので、その点についても大叔母さんの意志をはっきりと確認する必要があるでしょう。
 贈与の場合には贈与税の申告が必要ですが、法定相続人に対して金銭を渡す必要はありません。
 但し、法定相続人から遺留分減殺請求されることもありますので、ご留意ください。

★存命中の母の取引履歴を調査する方法【Q&A №370】


 夫の転勤の関係からずっと母親と妹夫婦が母親の家で同居して暮らしていました。
 5年ほど前から母親が認知症になり、私も働いていたことから面倒を妹夫婦にお願いしていました。
 先日、急に妹が癌でなくなり妹の夫から母親名義のわずかな預金通帳を渡されました。
(後から聞いたのですが1年ほど前から癌の宣告受け、余命1年と医者から言われていたそうです。)
 もともと郵便局に1000万以上の預金があり、母は、借家・駐車場や年金・父の戦争の恩給などもあったことからある程度収入もあり、通っていた介護施設等も安価であったことから明らかに預金の残高が少なくなっているようです。
 母の死亡保険の受取人も勝手に自分の娘に書き換えたりしていたことから、余命が短いので母の預金や財産を自分の娘に残そうとしたようです。
 まだ認知症の母がおり私が面倒を見る必要があるので、可能であれば母の口座履歴と妹家族の口座履歴から不正引き出し等がやり取りなどがなかったかを確認 したいのですが可能でしょうか。

記載内容  生存中 被相続人 預金調査 取引履歴 代理人

(ピトニオ)

【生存中の母の口座は他人の口座なので、調査はできない】
 まず、お母さんが存命であるという前提であれば、お母さんとあなたは親子でも別人です。
 そのため、金融機関や保険会社(以下、金融機関等といいます)としては、あなたの照会に対して、別人であるお母さんの口座の内容を開示することを拒否しますので、調査はできません。
 これは、あなたが弁護士に依頼しても同様で、お母さんの口座の調査はできないという結論になります。

【通常は代理人としての調査も考えられるが、本件では・・】

 ただ、金融機関によっては、お母さんの委任状があれば、あなたをお母さんの代理人であるとして、預貯金口座の取引履歴などを回答をしてくれる場合があります(ただ、全ての金融機関等が同じ扱いとはかぎりません。又、代理人からの照会に応じるとしても、必要書類としてどのような書類がいるかも金融機関により異なるので、事前に電話等で確認する必要があります)。
 しかし、本件ではお母さんは認知症であるとすると、あなたに委任するだけの意思能力はないという結論になり、結局、委任状による照会もできないという結論になります。

【後見人として調査するということも考えられるが・・】

 お母さんの認知症であれば、後見人になり、調査をするということも可能です。
 しかし、あなたが、お母さんの後見人選任申立をしても、あなたが後見人になることは難しいでしょう。
 その理由は、あなたが後見人予定者として裁判所に申し立てをしても、他の法定相続人が同意しない限り、裁判所はあなたを後見人に選任せず、第三者(司法書士や弁護士等)を選任する可能性が極めて高いからです。
 後見人は、お母さんのための財産管理をする役割ですので、仮にお母さんの金融機関の取り引き履歴を調べても、他人であるあなたに知らせることはできないからです。

【今、するべきことは・・】
 以上に説明したように、結局、現時点では金融機関に対して、お母さんの口座を調べる方法はありません。
 ただ、お母さんではない人が、預貯金を引き出しているというのであれば、該当金融機関等に《お母さんではない他人の行為での、預貯金の出金や解約に応じないよう申し入れをする》しかないでしょう。
 参考までにいえば、このような申入れは内容証明という形で証拠を残しておかれるといいでしょう。

(弁護士 大澤龍司)

★代理人が調停にて本人に代わって同意できるのか?【Q&A №247】


 遺産分割調停の相手方の者です。
 中間合意調書を作成するという事で、審判官、書記官、調停委員、申立代理人の弁護士と、6~7分、調停室で同席し、遺産の内の不動産の相続登記用の協議書を、別途次回期日までに作成し、売却手続きに入る旨合意しました。

 追って相続人本人との協議をし、作成するものと思っておりましたら、代理人弁護士から「相続人全員で協議をし、不動産は申立人〇〇が取得する」と記載された協議書が郵送され、署名と捺印・捨印をして返送せよとありました。

 調停の出頭を代理人が代行(?)するのは理解出来るのですが、相続人本人との協議をしないのに、「相続人全員で協議した」と事実ではない事を記載した協議書は、虚偽文書ではないでしょうか?それとも、家庭裁判所という場所でした代理人による合意は、なにか特別に有効とする根拠があるのでしょうか?

 何卒ご教示下さいますよう、お願い申し上げます。

記載内容  調停 代理人 代理権

(次郎ママ)


【代理人の行為は本人に帰属】
 確かに、話し合いと合意を柱とする調停では、基本的に裁判所から本人の出頭が要請されており、少なくとも最後に合意事項を確認するときには本人の出席を要求する裁判所が多いと思われます。
 しかし、本人から代理権を与えられた代理人(弁護士)だけが調停に出席しなんらかの主張書面を提出したり、相手方の提案に同意をしたりする場合も、これは本人の意思表示として扱われます。
 その意味で、「相続人全員が協議した」という記載は誤りではありません。

【本人が覆せないからこそ意味がある】
 このことは、代理人が主張したり同意したりしたことは、後から本人が覆せない、ということも意味します。この効果がなければ、裁判所はいつ本人が出てきて話をひっくり返されるかわからないので、代理人を相手に調停や訴訟手続を進めることができません。
 その意味で、代理人の意思表示を本人の意思表示として同視することは、代理人という制度自体を用いる上で必要なことと言えるでしょう。

相続分譲渡による相続分の変動【Q&A №154】


 相続裁判

 相談したいのは、現在母の弟の遺産相続の裁判中ですが、従兄弟が一人で遺産相続したい意向でして、全部で相続人が10人ですが、相手は従兄弟6人で、こちらは4人です。
 長男が代理人でしたが、裁判の様子もわからず、母は相続人にもかかわらず、蚊帳の外です。
 ひとつの裁判が終わったようで、敗訴になりました。こちら側の従兄弟が母に権利譲度の書類を送りつけましたが断りました。あとの二人は譲度したようです。この場合母の相続分はどうなりますか?
 勝訴した6人はすでに振込みすみです。次に裁判にも母の名前があります。最初の裁判は補助出席?は辞退しましたが、次は東京であるので、また母の名前があります。補助裁判を辞退すると、相続はできないのでしょうか?最初の裁判の相続分はきていません。

記載内容  相続分譲渡 代理人 欠席 

(はなこ)


質問でわかりにくい点がありますが、回答します。

【他人間の譲渡で持分は変動しません】
 他の相続人が相続分を譲渡しただけでは、お母様の相続分は変更されません。 譲渡をした人と譲渡を受けた人の相続分が変動するだけです。
 お母様が自分の相続分を譲渡したり、逆に相続分を譲り受けたりすると相続分は変動しますが、そのようなこともないようですので、お母様の相続分は変動しません。

【裁判を欠席すると、相手方の請求が認められます】
 訴訟を提起された被告が、裁判所から指定された裁判の日(口頭弁論期日といいます)に、答弁書(反論書)を出さずに欠席すると、被告として原告の請求を全面的に認めたものとして、被告の敗訴判決がだされます。

【複雑な案件では弁護士の知恵を借りることが必要です】
 質問では「長男が代理人」とありますが、長男が弁護士でない限り、裁判所ではお母さんの代理人になることはできません。
 お母さんが「補助出席?」というのは「補助参加」という意味かもしれませんが、もしそうであれば、かなり複雑な訴訟です。
 又、相続人も多く、何回も裁判しているという面でも、複雑な訴訟のようです。
 何が問題となり、お母さんとしてどういう立場になるのか、どうすれば不利益にならないのかを確認するため、裁判関係の書類を持参してお近くの弁護士にご相談されることをお勧めします。

弁護士の相談窓口・・・日本弁護士連合会 弁護士会の法律センター  (http://www.nichibenren.or.jp/contact/consultation/legal_consultation.html
法テラス 相談窓口検索 (http://www.houterasu.or.jp/chihoujimusho/index.html

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ