大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

遺留分減殺は単独で登記できるか【Q&A №399】


 実父の公正証書遺言により、第三者に遺贈されてしまった遺産のうち不動産に対し、法定相続人が遺留分減殺請求権の行使をし、その帰属範囲内の割合で共有(同?)登記し、それを継続させる事は可能ですか。

 遺言執行者には、遺言作成を依頼された弁護士が指定されており、受遺者は早急に遺産を売却し金員を手に入れようと遺言執行者の助言のもと、その土地建物に出入りし、動産の処分も行っています。

 法定相続人としては、それらの行為や目的にでき得る限り対抗しようと考えています。
 現在のところその土地建物の名義は実父のままで、建物の評価は略無いと思いますが、部屋に私の所有物を長年保管しております(使用借権としても専有面積は帰属範囲内の割合です)。

 審判までは一人で戦うつもりですので、法的知識や権利のある遺言執行者らの対抗にも有効な手立てをご教授ください。

記載内容  遺留分 登記 単独申請 仮差押 原則1年以内 執行者への通知

(金にならない相談者)


【遺留分権利者単独で遺留分の登記はできない】
 日本の登記制度は原則として登記を受ける権利者(今回はあなた)と登記手続きを行う義務者(今回は遺贈を受けた第三者)との共同申請が原則です。
 ただし、例外として、共同相続人のうちの一人が単独で法定相続内容通りの相続登記ができます(末記の条文をご参照ください)が、ご質問の《遺留分減殺を原因とする登記》は《相続登記》ではないため、遺留分権利者が単独ですることはできません。
 そのため、登記をするためには登記を受ける権利者(今回はあなた)と登記手続きを行う義務者(今回は遺贈を受けた第三者)との共同申請が必要であるという結論になります。

【遺留分の登記を実現するための方法】
 あなたが遺留分の登記をするためには、受遺者に対して裁判を起こして判決を得て、その判決に基づいて遺留分だけあなたが移転登記するということになります。
 ただ、判決が出るまでには(事案によって異なりますが)通常、1~2年程度かかります。
 今回のケースでは、受遺者が遺贈の対象となった不動産の売却を急いでいるようですので、判決を待っていられないでしょう。
 そのような場合には、不動産について遺留分があるので売却をしないようにという手続きとして仮差押申し立てをすることも可能です。
 手続きとしては、裁判所に書面を提出し、裁判所と面談して仮差押決定を出してもらう必要がありますので、ぜひ、相続に詳しい弁護士に相談し、仮差押えの手続きを委任されるといいでしょう。

【家への立ち入りはやむを得ない】
 次に、受遺者のお父さんの自宅への立ち入りですが、受遺者は登記を受ける前であっても当該不動産の所有権を有していますので、家への立ち入りを禁じることは難しいでしょう。
 なお、あなたの所有物が無断で処分された場合には、その分は所有権を侵害されたとして損害賠償の対象になることはあり得ます。

【現在、早急にとるべき行動について】
 ご存知だとは思いますが、遺留分減殺請求は、原則として、相続開始から1年以内にする必要があります。
 もし減殺請求をしていないのなら、早急に内容証明郵便で受遺者に対して減殺請求通知を出されるといいでしょう。
 次に、遺言執行者に対しても、遺留分減殺をした遺留分権者の立場で、受遺者に当該対象物件全部の移転をしないように申し入れておくことも考えられます。
 ただ、遺言執行者としては《とりあえずは受遺者に単独登記をするので、あとは受遺者と遺留分権利者とで争ってくれ》という対応をする場合が多く、あまり効果はないかもしれませんが、遺留分権利者としては、そのような申し入れもすることも一方法でしょう。
 いずれにせよ、遺留分にかかわる問題は難しい点が多々ありますので、早期に弁護士に相談されるといいでしょう。

《参照条文》
 不動産登記法63条(判決等による登記等)
   1項 ・・・・(省略)・・・これらの規定により申請を共同してしなければならない者の一方に登記手続きをすべきことを命じる確定判決による登記は、当該申請を共同でしなければならない者の他方が単独で申請することができる。
   2項 相続又は法人の合併による権利移転の登記は、登記権利者が単独で申請することができる。

★生前取り込んだお金を費消されてしまったら【Q&A №228】


 母の遺産を姉が全額浪費した

 母が数年前に認知症になり施設に入所しました。この時点で母の預貯金は約3000万円でした。キャッシュカードと通帳は姉が管理していました。母は施設に入所していましたので、規則により通帳等の持ち込み、一人での外出は禁止されていました。
 昨年母が亡くなり、遺産を調査しましたら、なんと残高3円でした。銀行に依頼し3年ほどさかのぼり入金・出金を調査して頂きました。すると姉が住んでいる地元の支店から毎日30万程度引き出されており3000万円の残高が3円になっておりました。

 弁護士にそうだんし、その数年間の引き出し資料等を証拠として提訴しました。裁判所に受理されて今月下旬に裁判が行われます。
 姉には、既に死亡している父親から相続された土地があります。弁護士に相談した際に、その土地を裁判前に処分されないように仮差押えする方が良いと言われたんですが、その費用の数百万が出せず出来ませんでした。

 もし、裁判前に姉が土地を売却して「払いお金も、財産もありません」証言すれば、姉は一切責任を免れてしまうのでしょうか?

記載内容  横領金の浪費 差押 仮差押 担保金

(巨人命)


【差し押さえるべき財産の有無が重要】
 ご相談のように、相手方が不正に他人の財産を取得しておきながら、追及を受けたときにはその財産を使い切ってしまい「払うお金はありません」と居直ることは、相続に限らずよくあることです。
 もちろん、相手方が「払うお金はありません。」というだけで支払責任が無くなるわけではありません。
 しかし、財産がないというのであれば、判決に勝っても差押等の強制執行ができないのも事実です。

 本件質問について言えば、問題点は次の2点です。
 ① お姉さんに果たして財産がないのかどうか。
 ② 仮に財産があるとした場合、判決で差押えすることができる時期まで、お姉さんがその財産を持っているかどうか。

【可能であれば仮差押が適切なケース】
 現時点では、お姉さんは不動産を持っています。
 あなたが依頼された弁護士が相手方の土地に着目し、仮差押を提案したことは適切なアドバイスです。
 お母さんの預金3000万円をほぼ全額引出して、使ってしまったというお姉さんの態度から言えば、所有している土地を今後、売却し、差押えるべき財産を無くしてしまうような行動に出る可能性も十分に考えられます。
 そのため、本来ならば必要な担保金を用意し、仮差押を是非、するべきでしょう。
 もちろん担保金を用意できないのであれば仮差押はできませんが、その場合には、あなたが勝訴して判決が執行できるまで、お姉さんが土地を売らないことを祈るしかないでしょう。
 なお、お姉さんが土地を売却した場合には、外見上はお姉さんの財産がなくなりますが、その場合には、お姉さんが預金をしていると思われる金融機関を探し出して、差押するしかないでしょう。
 3000万円の浪費はそれほど簡単にできることではありません。
 おそらく、3000万円の大半が、どこかの金融機関にお姉さん名義で預金されているはずですので、頑張って探しだす努力をされるといいでしょう。

★先妻の子が預金を取り込んだ【Q&A №209】


 叔母の遺産を相続人でない人が譲り受けたと主張しています。

 最近亡くなった叔母の遺産についてです。叔母は若い頃に結婚しましたが子どもはいませんでした。ご主人は数年前に亡くなり、その方には以前の結婚でのお子さんが一人いましたが、お子さんが小さいときにも一緒に暮らすことは一度もなく、養子縁組もしていなかったことが分かっています。ですが、叔母は夫のお墓に入るわけですから、そのお子さんが葬儀と納骨までを執り行いました。叔母の遺産はたくさんあったことを親族は皆知っています。時々出入りするそのお子さんに対して叔母は好ましく思っておらず、以前に入院したときにはその方が通帳を見つけないようにと預かったことのある兄弟もいます。今回、最後の入院ではそのような話にはなっていませんでしたが、入院中のある日、その前妻とのお子さんが、頼まれて全額引き出し譲り受けたと主張しています。金額は言いません。そもそも叔母が持っていた多額のお金は、亡くなったご主人とは関係がなく、正しく叔母の兄弟みんなの共同のお金でした。文書で取り交わしたものはありませんが、いろいろと証明する証拠は国に請求すれば得られるはずのものです。生前に叔母がその人に譲るいわれも全くないお金ですが、亡くなった人は証言できません。お尋ねしたいのは、このような相手の主張が通るのかと言うことです。今現在は叔母名義の解約済みの口座迄を含めて過去に遡って調べてもらっているところです。

(hahahan21)

記載内容  先妻の子 財産隠し 預金の取り込み 仮差押



【贈与を裏付ける証拠はあるのかがポイント】
 今回の質問では、預金を全額引き出したことははっきりとしていますので、引き出した先妻の子の方で、贈与でもらったのだ、ということを証明する必要があります。
 質問内容を前提にすると、叔母さんが先妻の子供さんに贈与をするような状況ではなさそうです。
 贈与の時期、贈与するに至った動機、贈与の遺産全体に占める割合なども考慮して判断されることですが、先妻の子供さん側としては贈与するという手紙とか贈与証書とかを出してこない限り、叔母さんから贈与を受けたということの証明は難しいでしょう。
 なお、叔母さんの死亡直前の贈与ということであれば、叔母さんの判断能力が十分であったのか、という点も確認する必要があるでしょう。

【取り返すには法的手段が必要となるでしょう】
 贈与を証明できない限り、預金の引き出し分は、叔母さんの意思に反した不当な引出であり、叔母さんには返還請求権がありました。
 ただ、叔母さんは亡くなっておりますので、本件では相続人が返還請求することが可能です。
 問題は、先妻の子がその引き出したお金を使ったり、隠したりしないかということです。
 そのような恐れがあるのであれば、訴訟などをする前に、先妻の子の預金口座などの財産を処分させないよう凍結させておく必要があります(このような手続きを仮差押えといいます)。
 もし贈与でないとしても、相手方はそう簡単にはお金を返還しないでしょうから、早期に弁護士と相談し、訴訟などの法的手続きを依頼するとともに、その前に仮差押えで財産がなくならないようにする必要があります。
 いずれにせよ、本件のような場合には、話し合いよりも前に仮差押え、というのが鉄則であるということは覚えておいていいでしょう。

姉が勝手に引き出した母の預金を取り戻すには【Q&A №112】


姉が預かっていた母親の貯金通帳(定額預金)から、預金の大半を勝手に引きおろしてしまいその後、長男である私に通帳を返してきた。しかしカードは姉が持っていて返さないため通帳を解約しました。お葬式等に掛かった費用は、長男である私が全部支払いをしました。この下ろした金額に対し何に使ったか、明細を出してほしいと2回ほど依頼したが、出してくる様子はない。定額預金を下ろした段階で、母の委任状はないはずである。このような場合どうしたらよいか、ご教授いただきたくメールしました。よろしくお願いいたします。

記載内容  預金 不当利得 仮差押

(ゴルファーサル)


【すぐに行動を起こされるべきでしょう】
 お母さんが死亡した時点で、預金などの遺産は相続人のものになります。
 相続人があなたとお姉さんなら、その預金の半分はあなたのものです。
 したがって、あなたとしては、お姉さんが勝手に引き出した預金額の半額 の返還を返還請求できます。
 このような返還を求めることのできる権利を不当利得返還請求権及び不法行為による損害賠償請求権といいます。

【財産を使ったり、隠したりする前に仮差押手続きを】
 お姉さんがお金を引き出した動機は明らかではありませんが、借金の返済や高価品の購入などに使ってしまい、お姉さんがお金や財産を失ってしまえば、返還請求ができなくなってしまいます。
 また、返還請求をした場合、お姉さんが急いで財産を隠すということもよくあります。
 時間をかけて訴訟に勝っても、そのときお姉さんにお金がなければ、結局お金を返還してもらえません。
 そのため、訴訟や調停をする前に、お姉さんの持っている不動産や預金口座にある預金を移動や出金できなくするために仮差押申立という手続きがあります。

【早期に弁護士に依頼を】
 何よりもまず、仮差押の手続をする必要があります。
 仮差押の手続は難しいので、是非、早期に弁護士に依頼されることをお勧めします。
    (弁護士への相談窓口・・・日本弁護士連合会 弁護士会の法律センター
 仮差押をしたうえで、返還請求をし、必要に応じて調停や訴訟をされるといいでしょう。

★勝手に持ち出された亡き母の預金を返してもらうには【Q&A №66】


母が食道癌で入院先の病院でなくなりました。
亡くなる3日ほど前に兄が勝手に母名義の預金を解約し現金を持っていってしまいました。
その通帳は、母が友人(取引先商店の人)に預けていたものです。

その後、兄は相続の放棄をしています。
兄の相続放棄の後に、私はその解約された通帳の存在を知りました。

先日、そのお金を返してもらえるよう司法書士の方から内容証明を送りました。
ですが、「このお金は贈与されたものであり、証人もいるので返金しない」と返答がありました。

母と兄家族との生前の付き合いは殆どなく、私の方がべったりでしたし、入院中も病院に付き添っていたのは私です。
母が書面で残したということはまず考えられませんし、「贈与した」というのも考えにくい話です。

司法書士の方は裁判することを進めていますが、確実に返してもらうことができるのでしょうか?
金額は100万以下ですが、母が入院中から今までの兄夫婦の言動が酷いもので許せなく、気持ちの問題となってます。
何か良いアドバイスがありましたらよろしくお願い致します。

記載内容  生前贈与 強制執行 仮差押

(akiaki)


【裁判して、確実に返してもらえるためには】
 まず、裁判に勝てるのか、次に勝てても回収できるのかという2つの面から検討する必要がありますし、最後に費用と手間の検討も必要でしょう。

【裁判をする前に】
 裁判では、《贈与があったのか》という点が問題となります。
 預金を引き出した日が死亡の3日前であっても、それ以前にお母さんが預金をお兄さんに贈与していたということもあります。引き出し日だけが基準になるわけではありません。
 又、お母さんが預金証書を自ら持たずに他人に預けていたのはなぜかという点も気になるところですし、その他人がなぜ、お兄さんに預金通帳や印鑑を渡したのかも確認する必要があるでしょう。
 《贈与があったとは考えにくい》という話ですが、それだけでは不十分です。
 お兄さんがどういう理由で贈与を主張するのか、また、預金を預かった他人がどういう事実を知っているのか、更に、お兄さんが解約の手続をなぜできたのか等、いろんな事実を確認し、証拠を集めて、裁判に勝てるかどうかを判断する必要があります。

【お金を回収するための手続】
 仮に裁判で勝っても、そのときにお兄さんの財産がなければ強制執行もできないでしょう。
 もし、今、お兄さんが財産を持っているが、裁判すればその財産を隠しそうだというのであれば、弁護士に依頼して今のうちにお兄さんの財産を動かせないような命令を裁判所に出してもらうという手続きをとることも必要になるでしょう。
 この手続は「仮差押」といい、贈与がなかったということをある程度、証明する必要がありますし、請求する額の4分の1程度の保証金を積む必要もあります。

【事実を説明して、プロの意見を聞くのも・・】
 裁判は費用も手間もかかりますし、裁判の進め方が悪くて敗訴する場合もあります。
 本件質問では具体的な事実が明らかではなく、訴訟で勝つ見込みがあるのかどうか判断できません。
 訴訟の前に、相談費用がかかっても、信頼できる弁護士に法律相談をされ、具体的な事実を説明して、その弁護士の意見をお聞きになることをおすすめします。
 又、訴訟で本格的に争うなら、司法書士でなく、弁護士に依頼されるべきでしょう。

★亡くなる直前に引き出した預金の扱い【Q&A №42】


 父の死後、継母と養子縁組のない子供たちとの間で遺産分割協議書を作成中にその継母が亡くなりました。
 父が余命わずかであると分かった時点でおろした預貯金は継母の通帳にとりあえず入金してありました。この預貯金の取り扱いはどのようになるのでしょうか。
 父の遺産は協議書の作成中だったため一円もまだ貰っていません。

記載内容  不当利得 仮差押 養子縁組

(mixtuku0608)


【無断の場合は継母に返還請求ができる】
 お父様が亡くなる直前に下ろした預貯金を継母名義の預金に入れたということですが、お父様に無断でなされたのであれば、お父さんから継母に返還請求する権利が発生します。
 お父さんが死亡された後は、この返還請求権は財産的権利ですので、相続人に相続され、各相続人が継母に対して返還請求ができることになります。

【継母の遺産として分割される可能性があります】
 引き出されたお金は継母名義の口座に入金されていますので、この引き出し分を含めて、継母の預金全部が継母の相続財産となります。
 今回の相談者は、継母と養子縁組をしていないで、継母の遺産からは何も相続することができません。
したがって、このままであれば、継母の相続人が預金を遺産分割して、使ってしまう可能性があります。

【仮差押手続きが必要です】
 もし相手方が預金を遺産分割して使ってしまったなら、返還を求めることが困難になります。
一刻も早く、弁護士に相談される方がいいでしょう。
 相談の際には、お父さんの死亡直前に現金が引き出されたこと、その引き出したお金が継母の預金口座に入れられたことなどを説明し、裏付証拠もあればもっていきましょう。
 弁護士なら、すぐに継母名義の預金について、
・相談者が相続した持分に応じて有する返還請求権に基づき、
・継母の返還政務を引き継いだ継母の相続人を相手として、
・継母の預金を引き出すな という内容の債権仮差押という手続きをしてくれるでしょう。

 この手続をすると、継母の相続人は勝手に預金を引き出せなくなります。
このような手を打った後に、継母の相続人と返還を求めて交渉する、あるいは訴訟等の法的手続きをするのがいいでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ