大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

受取人死亡後の確定年金保険【Q&A №155】


 受取人が死亡した場合の年金保険の受取について
 姉は確定年金保険に加入しており、毎年決まった時期に保険会社より年金を受け取っておりましたが、昨年亡くなってしまいました。まだこの先5年ほど年金を受け取る予定でした。ちなみに、姉には何十年も音信不通の息子がおります。配偶者とは離婚している状況です。
 この場合、年金の受取人が姉本人であったという事で、残りの確定年金の相続人は音信不通の息子となるのでしょうか。姉の面倒を見ずに飛び出した息子に渡すくらいなら、そのお金で、この先も姉を十分に祭ってあげたいのです。
 また、もしこのまま保険会社に姉の死亡を知らせず、残りの年金保険を、毎年姉名義の銀行口座で受け取っていった場合、いつか保険会社に姉の死亡がわかったら、訴えられたり返金させられたりするのでしょうか?毎年確定年金を受け取っていた姉名義の銀行口座はまだ凍結されておりません。 

記載内容  確定年金保険 相続人 保険受取人

(naora)


【確定年金保険とは・・】
 確定年金保険とは、あらかじめ定めた年金の受取期間中は、被保険者が死亡した後も年金を受取れるものです。

【被保険者の死亡後の年金の受取人は誰か?】
 被保険者の死亡後に誰が年金を受け取るのかは、予め、指定されていることが多いです。
 普通の場合は、相続人のうちの誰か一人が受取人と指定している場合が多いです。
 いずれにせよ、誰が受取人と指定されているかを、保険会社に確認する必要があります。

【お姉さんの死亡を知らせず、年金を受け取り続けた場合】
 被保険者が亡くなったことは、保険会社に通知する必要があります。
 その通知を受けた保険会社は、予め指定された死後の年金受取人に支払いを開始することになります。
 死亡を知らせずに年金を振り込ませつづけ、あなたがその年金を使用した場合、お姉さんの息子さんあるいは保険会社から、不法行為あるいは不当利得を理由として返還請求を受けることも考えられます。
 いずれにせよ、保険会社に契約内容と受取人が誰かを確認して、あなたが受取人と指定されていたなら、その保険金をお使いになればいいでしょう。
 息子さんが受取人に指定されているのであれば、保険金は息子さんに支払いされることはやむをえないと考えるしかないでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ