大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

後妻からの遺留分減殺請求【Q&A №369】


 去年10月末に主人が亡くなりました私は後妻で先妻との間に50代の息子二人おります遺産相続で法定相続分侵害されています預金四分の一しか戴けないので遺留分を請求したいと思っています。
 平成23年8月に公正証書で土地は主人名義 建物は私の名前で建築しました。
 土地使用賃貸契約書を結びました。
 存続期間は平成22年から私が死亡するまでとなっています。
 私の公正証書には私が死亡したら長男に寄贈するとなっています登記はしていません。
 建物の税金は私が払っています。
 家の建築費用1800万の内1千万は私のお金で800万は主人のお金です。
 遺留分請求の時、主人が出してくれたお金は私の相続財産に含まれるのでしょうか?
 入籍したのは去年の1月で公正証書作成したときは旧姓になっています。贈与にもなるのでしょうか心配しています宜しくお願いします

記載内容  遺留分 法定相続分 建築資金 特別受益 借地権 遺留分算定の基礎遺産

(ピーコママ)


【あなたの遺留分は4分の1】
 遺言で、本来の法定相続分よりはるかに少ない財産しか相続できない場合には、遺留分の問題が発生します。
 あなたは、配偶者ですので法定相続分は2分の1です。
 配偶者の場合、遺留分は法定相続分の半分の4分の1になります。

【遺留分を侵害されているかどうかを判断する】
 遺留分を侵害された場合には遺留分減殺請求をすることができます。
 この場合、あなたのもらえる具体的な遺産額が、ご主人の全遺産の4分の1に達しないのなら、あなたの遺留分は侵害されていることになります。
 そのため、全遺産額がいくらになるのかが重要なポイントになります。
 遺留分を計算する前提となる遺産には、ご主人の死亡当時の遺産だけではなく、生前に受けた特別受益も加算されます。

【かなりの特別受益が遺産に加算される可能性がある】
① あなたの場合、生前にあなた名義の建物建築費として、ご主人が800万円を出したというのであれば、その800万円が生前贈与になり、特別受益として、遺産に加算される可能性が高いです。
② 又、ご主人の土地上にあなたの建物が建築され、その建築の際、土地使用契約が締結されたというのであれば、あなたに借地権が発生しますので、借地権がご主人からあなたに与えられたとして、その借地権相当額が、特別受益として遺産に加算される可能性が高いです。
③ そうすると、
  遺留分算定の前提とされる遺産額=
    死亡当時の遺産額+
    借地権の設定後の土地価額(更地価額の約40%)+
    前記①の800万円+
    借地権価額(借地権が設定されている土地の更地価額の約60%)
です。

 この4分の1があなたの《遺留分額》です。
 この《遺留分額》とあなたが遺産からもらえる分(全預貯金の4分の1+前記①の800万円+借地権価額の合計額)を比較し、《遺留分額》の方が多い場合には、遺留分減殺をすることができ、不足分をもらうことができます。
 しかし、そうでない場合には遺留分減殺請求ができないことになります。

借地権付建物の譲渡代金は遺産か【Q&A №145】


 先日被相続人が死亡

 相続人は長男A長女B次女C次男Dの4人。
 Bが包括受遺者となる公正証書が発見されました。
 Aは生前「跡取りとして会社倒産時尽力をつくしてくれたので、全てやる」と言われていました(ちなみに私はAの子供)。Aは遺留分を計算して公正証書を作成しておきましたが、その後Bが書き直したようです。
 被相続人の配偶者他界後、被相続人が他界するまで数年はBが世話をしていて他者の入る隙は全くありませんでした。
 ここで質問です。
 Aが住んでいる土地は被相続人名義で建物はA名義です。つまり使用貸借です。
 Aが住んでいる一帯は、以前は借地であり、前借地人が退去する際、借地権をAが立替えて支払っています。40年前で300万です。
 今現在、私の手元にその書類がありませんが、Aが借地権を支払ったという契約書類はAの手元にあります。これらの立替金額をBに請求することは可能でしょうか?
 内容をきちんと確認しなければいけませんが、借地権買取の領収書なら立替(貸付)と認めてもらえますか?借地権の買取の契約書類、だとその後使用貸借になっている以上、時効で権利は消失でしょうか?
 相続で我家名義の土地になると約束を信じていたので、こんなことになるとは思っていませんでしたが・・・。
 キーワードなどを教えていただけると幸いです。

記載内容  相続債務 借地権 使用借権 

(面倒)


【300万円は何のために支払われたお金か?】
 被相続人は土地を貸しており、借地人がその上に建物を建築していたことを前提として回答します。
 その「前借地人が退去する際、借地権をAが立替えて支払っています。40年前で300万です」とありますが、この300万円がどういう性質のお金であるのかが問題になります。
 被相続人のためにした立替支払したというな被相続人に対する貸金であれば、被相続人に返還を求めることができ、その債務が相続により包括受遺者に相続される可能性があり、Bに支払いを請求できることになる可能性があります(但し、40年前の話ですので、時効で消滅していると反論される可能性が高いですが)。

【借地権付建物の譲渡代金の可能性が高い】
 質問に記載された内容を前提に、事実関係を整理しながら話を進めていきます。
 前の借地人が退去した、「Aが住んでいる土地は被相続人名義で建物はA名義」、「借地権の買取の契約書類」などという記載からみて、Aさんは前借地人の所有する借地権付建物を300万円で買い取ったとみるべきでしょう。
 そうすると、300万円は被相続人に対する立替金でも、貸金でもなく、前借地人に対して支払った売買代金であり、Aさんは被相続人になんらの請求権もないということになります。
 そのため、包括受遺者であるBさんに対して、相続債務を承継したので返還せよというような請求はできないという結論になります。
 なお、この結論が正しいかどうかは、300万円を支払った時の契約書を見れば確認できますので、探されるいいでしょう。
 もし、契約書がなくとも建物の登記簿の登記原因が売買となっていれば、借地権付建物の譲渡の可能性が高いということになります。

【使用貸借ならいつまで土地を使用できるか?】
 Aさんは借地権付建物を買い取ったのですから、賃料を支払っていれば、借地権(賃借権)を主張できました。
 ただ、その後、賃料を支払っていなかったようですので、Aさんの権利は「借地権」ではなく、被相続人とAさんとの間で土地の使用貸借契約に基づく「使用借権」に変わったと考えるべきでしょう。
 包括受遺者のBさんとしては、借地権が存在しないことから、Aさんに建物収去、土地明渡を請求する可能性があります。
 Aさんはその土地の使用借権を有していますが、問題はその権利がいつ終了するかです。
 被相続人としては、Aさんの建物が存続する限りは、Aさんにその底地使用をさせるという気持ちがあったので、建物が朽ち果てるまでは使用貸借契約は消滅しないと主張されてみてはいかがでしょうか。

【キーワードは・・】
 ネットなどで検索する場合には、相続と使用貸借をキーワードにされるといいでしょう。

借地上にある実家の売却【Q&A №117】


 実家(借地)60年位経つ。
 両親が亡くなってから16年間、固定資産税、地代等もろもろの金銭管理を長男がしてきました。
 名義は父のまま変更してないように思います。
 この度、地主さんから売却の話が出て、きょうだい(長女・次女・長男・三女・4女)で手放す結論をしました。
 借地権から生まれたお金等の説明を他の姉妹に全くしないで、お金を振り込むから口座番号を教えてほしいと言ってわずかな金額が振り込まれて終結した態度でいます。私(3女)は説明無しでは納得いかないので口座番号は教えてないです。正当な分割と言えるのでしょうか?
 兄に話を持っていけますか?もっていく場合はどのように交渉が出来ますか?

記載内容  借地権 登記

(ゆきんこ)


【はじめに】
 本件については、遺産である借地上の建物の売却の問題として回答します。

【建物は誰の名義かを確認する必要があります】
 借地上の建物の名義がお父さんのものか、念のために確かめましょう。
 法務局に行って登記簿を閲覧すればわかります。
 閲覧のための費用(500円)が掛かりますが、閲覧すること自体は誰でも(全くの他人でも)簡単にできます。

【お父さんの名義なら全員の同意がないと、原則として売却できない】
 お父さんの名義の建物なら、売却には相続人全員の同意が必要です。
 建物の売買では、その登記を買主に移転する必要がありますが、お父さん名義の遺産であれば相続人の全員の協力(実印をついた委任状の作成や印鑑証明の取り寄せ等)がないと、建物全部の移転登記ができません。
 移転登記ができないと、普通の人はまず買わないでしょう。
 だから、お兄さんが納得できるだけのお金をくれない限り、売却に協力しないとがんばってみるのもいいでしょうし、売買の経過の説明がない限り協力しないということも言っていいでしょう。

【どれくらいが妥当な金額?】
 建物は築60年ということですので、値打ちはありませんが、建物の借地権には値打ちがあります。
 そのため、お兄さんに売却額を確認し、裏付資料も見せてもらいましょう。
 売却額の5分の1(あなたの相続分)があなたのもらえる金額です。
 ただ、そこから減額してあげるかどうかは、お兄さんとお話の上、決定されるといいでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ