大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

★息子を相続人でなくす方法【Q&A №258】


 30年近く父名義の土地建物に同居する弟(夫婦)からの虐待が原因で平成22年5月父が列車に飛び込んでなくなり、父なき後ますますエスカレートする虐待のため母も家を出て老人施設で暮らしていましたが度重なる心労から癌を発症し昨年の12月に亡くなりました。母が家を出てからの2年間弟からは母の安否を尋ねる連絡は一度もなく危篤の知らせにも葬儀にも顔を出さずじまいでした。倒れた7月から亡くなる12月まで私が横浜から母の住む富山に移って一人で看病をし葬儀も行いました。
 父母は生前から弟に家から出て行ってほしいと言っていましたが暴言・暴力・無視を続け今も父母の家に住み続けこのままでは弟の占有権(?)が強くなるのではないか心配です。分割協議が整うまでの退去の要求とか家賃の請求など、早急にやっておくべきことがあれば教えてください。
 母は、全財産を私に相続させ遺言執行人に指名する旨の遺言書と、弟の廃除の遺言書を残しました。母は生前市役所・警察署・法務局人権相談窓口で虐待について相談しています。母の廃除の意思・私の執行人の立場から考え、母の相談内容の開示をお願いしたのですができないとの返答でした。法務省の審査基準を見る限りでは個人を特定できる部分をマスキングすれば開示可能なのではないかと思うのですがどうなのでしょうか。父母の最晩年の苦しみと悲しさを思うとやり切れません。

記載内容  賃料 代償金 無償使用 占有 廃除

(みみょう)


【まず、廃除の手続きをする必要がある】
 被相続人が廃除の遺言書を残しているようですので、あなたとしては《早急に》家庭裁判所に廃除の手続きをする必要があります。
 この手続きにより、弟さんを相続人から廃除することができます。
 ただ、廃除は被相続人に対する虐待があることが要件ですので、廃除を記載した遺言書の他に虐待を証明する証拠を裁判所に提出する必要があります。
 ただ、資料が整わないのであれば、とりあえず、家庭裁判所に廃除の申立をし、裏付け資料を追加して提出する必要があります。

【情報開示について】
 警察は、虐待があったとの通報があった場合には、刑事的な観点から捜査を開始することになります。
 ただ、特に刑事事件として立件されていないようですので、警察としては《捜査情報》ということで、一切、開示はしないでしょう。
 お母さんが、市役所や法務局人権相談窓口で相談されていたのであれば、あなたが相続人であることや、虐待を記載した遺言書があることを明らかにしたうえで、早期にそれらの役所に開示請求をされるといいでしょう。
 残念ながら、当事務所では廃除請求をした経験がありませんので、請求の結果、マスキングして開示されるのか、全く開示されないのか、全面開示されるかどうか、お知らせすることができません。
 ただ、お母さんが虐待の相談に行き、その件で相続人が開示請求するのですから、開示される可能性もあると思います。
 悩んでいても始まりませんので、ともかく開示請求を行い、行政と開示に関する交渉を行うことであり、その中で行政側を説得していく必要があります。
 なお、身体的な虐待(傷害等)があった場合には、病院のカルテが有効な資料になります。この場合には相続人であることを証明すれば、カルテは開示されます。

【遺産分割協議までの対処】
 あなたがお母さんの全遺産をもらうという遺言書があるようですので、家はあなたが全部相続したことになります。
 そのため、あなたとしては、弟さんに家からの退去を求める権利があります。
 ただ、弟さんとしては無償使用権(使用貸借権)を主張され、退去に応じない可能性があります。
 退去に応じないのなら、賃料をもらいたいという考えもあるでしょうが、弟さんは家賃を支払わずに居住していたのでしょうから、賃料の支払い請求も困難です。
 話し合いで解決できれば一番望ましいでしょうが、事案から見てそのような解決は困難なように思われます。
 結局、退去や家賃の支払いを求めるのであれば、明渡訴訟等の訴訟手続きをする必要があり、その中で
 ①退去を求めないが、今後は家賃を支払わせる約束(和解)をするか、
 ②判決で勝って、明渡の強制執行をする

 のどちらかになるでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ