大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

★保険金受取人を無断変更できるか【Q&A №347】


 長年認知症を患っていた父が亡くなり、父から預かっていた保険証券を持って、死亡保険金受け取り手続きに行きました。その際、窓口の方より、受取人が私でないということを伝えられました。この保険証券は、生前父が自分から受ったもので、受取人は私の名前になっています。兄弟に確認したところ、兄が兄弟の断りもなく、受取人変更手続きをしたようです。この変更の、無効請求は可能ですか?

記載内容  保険金契約 受取人変更 意思能力 認知症 長谷川式認知スケール

(りく)


【受取人変更は契約者のみ可能】
 保険契約者であるお父さんに《無断》で、お兄さんが保険金の受取人を変更した場合、その受取人の変更は無効です。
 無断の変更で受取人が変更されたのであれば、変更前の受取人が保険を受け取る権利があります。
 ただ、本当に無断でしたのか、お父さんの同意がなかったのかという点を明らかにする必要があります。

【問題点は、無断であるのか、意思能力があったのかという点】
 あなたが変更前の受取人であるとした場合、あなたとしては次の点の少なくともいずれかを明らかにする必要があるでしょう。

① その受取人変更がお父さんに無断であったこと。
② 仮にお父さんの署名・捺印があったとしても、その時点ではお父さんは意思能力がなかったこと。

 このうち、①については、お兄さんが無断でしたということを認めればいいのですが、もし、否認されるのであれば、保険会社から受取人変更の手続き書類を取り寄せし、筆跡等を確認されるといいでしょう。
 ただ、保険会社としては、変更の際に本人の意思確認をするのが原則であり、お父さんの署名・捺印をした書面を保存している可能性があります。

【認知症にも程度がある・・お父さんに意思能力はあったのか】
 保険会社から取り寄せした書類を見ると、お父さんの筆跡で署名されていた場合には、前項の②の点が問題になります。
 お父さんは認知症であったようですが、認知症にも程度があります。
 程度が重い場合には、意思能力がない(受取人変更という意味もわからずにしたもの)として、その受取人変更の効力は認められません。

 認知症がどれ程度のものかは、長谷川式認知スケール等の意思能力を確認するテスト(参考:Q&A №292Q&A №315、「相続コラム:意思能力と長谷川式認知スケールに関する判例の紹介」)である程度判明します。
 お父さんが入院等されていたのであれば、是非、カルテを取り寄せし、その内容を確認されるといいでしょう。
 カルテにこのようなテストの記載がない場合には、カルテの中の医師や看護師の記載を見て判断することになるでしょう。

【問題を感じるようなら専門家に】
 このような資料を集めていただき、やはりお兄さんの受取人変更手続きに問題があると感じられるようであれば、一度、相続に詳しいお近くの弁護士にその資料を持ち込み、本格的な法律相談を受けられるべきでしょう。
 今のままに放置すると、保険会社がお兄さんに支払いをする可能性もありますので、早急に相談をされるといいでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ