大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

口頭による遺産分割協議の効力【Q&A №520】

【質問の要旨】
口頭で不動産の相続に合意したが、登記に応じてくれない

記載内容  口頭 約束 登記

【ご質問内容】
5年前親が死んで、貯金は500万円 姉が相続し、親と同居していたわたしは、家と土地、畑を相続するということで合意しました
それは口頭で合意したもので、遺産分割協議書はつくってませんでした
ところが、登記名義を私に変更しようと思い、姉にいったら、それに協力してくれません。
1.姉にたいして、相続登記に協力せよ、という裁判はおこせるのでしょうか
その場合、私のほうで、立証しなければいけないことはありますか?
2.また、家裁に遺産分割協議をわたしが、申請した場合、どうなるのでしょうか
家裁はすでに、遺産分割協議は終了している、と判断して受け付けてもらえないのでしょうか?
それとも、私の主張とおり、私への名義変更がみとめられるのでしょうか?
それとも、遺産分割協議をやりなおして、民法の法定相続分とおりの判断がなされるのでしょうか?
この場合、不動産価格が3000、万円ぐらいなので、私に不利となります。

(dfhfgj)


【相続登記を求めて訴訟はできるが・・】
お姉さんを被告にして、遺産である不動産を私の単独名義に移転登記せよとの訴訟を起こすことは可能です。
問題は、勝訴するかどうかです。

【あなたが不動産を相続することの合意の証明責任がある】
遺産分割協議については、通常の場合、分割内容を記載した書面を作成し、かつ実印を押捺して、印鑑証明書を添付します。
口頭で合意ができないわけではありませんが、《言った、言わない》という議論になること及び遺産という多額の財産の分配のことですので、実印を押捺した書面を作成するのです。
今回の場合、お姉さんが合意書作成に応じなかったこと、又、相続登記に協力しないようであることを見ると、裁判でそんな合意はなかったと争うことは間違いないでしょう。
その場合、あなたとしては《不動産をあなたに相続させるとの合意》が間違いなくあったという点を証明する必要があります
質問から受ける感じから言えば、なかなか証明は難しそうです。
合意の証明ができない限り、裁判はあなたが負けることになります。

【調停の場合も、合意をお姉さんが認めないと法定相続分で・・】
裁判と異なり、家裁での遺産分割調停は話し合いです。
しかし、お姉さんが不動産をあなたに相続させるという合意があったことを認めてくれない限り、調停でもあなたの主張する遺産分割協議を前提としての話し合いはむずかしいでしょう。
結局、法定相続分を基準としての調停が進む可能性が高いという結論になります。

(弁護士 大澤龍司)

姉が口頭で約束した相続放棄【Q&A №410】


 5年前、父が死んだとき、姉2人が「財産はなにもいらない」といって、法定相続分は放棄する、といいました。
 そこで、安心して、土地の登記をそのまま(父の名義)にしといといたんですが、 今度、父がしんでから、5年たったので、そろそろ、私名義に相続登記しようと思ったら、今度は姉が、「やっぱり法定相続分の3分の1もらう」といいだして、相続登記に協力しません。
 以前、姉2人が「財産はなにもいらない」といって、法定相続分は放棄する、といったのではないか、というと、「あれは、撤回する」とかいいだしました。
 一度、口頭とはいえ、法定相続分放棄したのに、後になって撤回できるのでしょうか?
 どう対応したらいいのでしょうか?

 姉2人が「財産はなにもいらない」といって、法定相続分は放棄する、といいました」ということが、遺産分割協議だとおもうのですが。つまり、この言葉は、遺産分割協議の時に、法定相続分の放棄に合意した、ということではないのでしょうか?  遺産分割自体は、口頭でも成立するのではないのでしょうか?
 遺産分割協議書は作成しなければならないというものではないと思いますが。
 そうすると、一度成立した遺産分割協議は原則として撤回できないのではないのですか?たとえ、遺産分割協議書がなくても。

記載内容  口頭 遺産分割協議

(hunter19581958)


【口頭でも遺産分割協議は成立します】
 法律上、口頭でも合意ができれば遺産分割協議は成立します。
 ただ、問題はその証明ができるかということです。
 たとえば、裁判になったとき、お姉さんが「相続財産を一切受け取らず、あなたにすべて相続させる約束をしました」という証言をしてくれるでしょうか。
 もし、してくれれば、あなたの主張は認められる可能性がないわけではありません。
 しかし、最近のお姉さんの発言からしますと、そのような証言をするとは考えにくいでしょう。
 仮にお姉さんがそのような証言をしたとしても、《本気で言ったのではなかった》という手もありそうですし、お姉さんに弁護士がつけば、それは《確定的な意思表示ではなかった、もし、遺産分割協議書という形できっちりと財産を分けるのなら、法定相続分を主張するつもりであった》というような主張をする可能性も高いです。

【あなたの立場で今、何をするべきか?】
 あなたとしては、まず、お姉さんがそのような発言をしたということを証明する必要があります。
 そのため、お姉さんに事実を確認し、その際、録音をして証拠を残す必要があるでしょう。
 次に、お姉さんがなぜそのような発言をしたのか、そのような発言をした理由や動機も押さえておく必要があるでしょう。
 例えば、お姉さんが生前に多額の贈与を得たからでしょうか、それともあなたがお父さんの面倒を献身的に見たからでしょうか。
 もし、そのような事情があれば、お姉さんの発言も真意に基づく確定的なものであるとされる可能性がなくもありません。
 ただ、そのような事情がなく、「財産はなにもいらない」と言ったということだけでは裁判所は相続分の放棄をする確定的な意思表示があったとは認定しない可能性が高いでしょう。
 あなたは納得いかないかもしれませんが、裁判は言った言わないということだけで判断するのではなく、そのような発言をするような事情(諸般の事情といいます)があったかどうかをも重視し、結論を出すものだと考えられるといいでしょう。

【現実的な対応も考える】
 あなたへの相続登記を行うためには、お姉さんが実印を押印し、印鑑証明書を添付する等の協力が必要不可欠です。
 「あのとき相続分は要らないと言ったではないか」とお姉さんを責め続けたとしても、お姉さんが登記に協力しなければ相続登記はできず、結局は訴訟をせざるをえず、しかもその訴訟であなたが勝訴するかどうかははっきりとはしません。
 現実的な対応としては、お姉さんに「放棄すると言ったではないか」ということで責め続けつつも、一定の対価を支払って相続登記に協力してもらうというのが最も解決しやすい方法だろうと思います。

全財産を生前贈与した兄の相続【Q&A №277】


 兄が2年前に胆のうがんで余命宣告され、今年の1月に亡くなったのですが、2年の間に兄の妻が名義変更を兄にせまり、土地や預貯金の名義を全て、兄の妻名義に変更しました。

 兄には子供がいないのですが、生前の名義変更のため、兄弟への相続はないと考えるしかないでしょうか?

 また、故祖父名義の土地と家があるのですが、兄が生きている時は兄が権利書等を管理していて、口頭で、亡くなった後は私に任せると兄の妻の前で言っていたのですが、兄の妻は今になって聞いていないといって、祖父母の位牌や権利書を渡してくれません。いつまでも空き家にしておくのも近所の方に心配されているので、何とか早期解決したいのですが・・・方法はあるのでしょうか?

記載内容  判断能力 生前贈与 約束 口頭

(みっちゃん)


【全財産の生前贈与の場合、兄弟の相続権はない】
 遺産分割は被相続人が死亡時点に所有していた財産について、それを引き継ぐ人間を決めるというものです。
 本件質問のように、お兄さんがその財産全部を、奥さんに生前贈与した場合、その財産は相続の対象にはなりませんので、あなたとしては相続するべき財産がないということになります。
 なお、死亡直前の生前贈与ですので、遺留分減殺請求ができそうですが、残念ながら被相続人の兄弟には遺留分は認められておりません。
 結局、あなたとしては預貯金の生前贈与に対して、相続分割については対象となる財産がなく、遺留分請求も認められないために、打つべき方策がないということになります。

【祖父名義の土地建物の贈与の証明ができるか・・】
 お祖父さん名義の土地と家については、その相続人が相続します。
 そのため、本来ならあなた方のお父さんやおじさんやおばさんが相続人となりますが、今回の質問ではこのような点の記載がありませんので、お祖父さんの不動産の相続人はあなたとお兄さんだけであるとして回答します。
 お兄さんが≪口頭で、亡くなった後は私に任せる≫と言っておられたようですが、この趣旨を贈与だと理解できるのであれば、お兄さんの死亡を条件としての贈与だということになります。
 その前提で考えると、贈与が認められた場合には、お兄さんの死亡後は、その不動産のうち、お兄さんの有する持ち分はあなたが取得することになります。

【問題は、贈与を証明できるか・・】
 しかし、お兄さんの前記発言があったことや、その発言の趣旨が贈与であるということは、あなたの方で証明する必要があり、それができないと贈与は認められません。
 贈与に関する書面などは全くなく、お兄さんの奥さんが、お兄さんの発言を否定しているのであれば、証明は難しいのではないでしょうか。
 お兄さんの相続人が、あなたとお兄さんの奥さんであるとすれば、あなたとしては、お兄さんの奥さんと話し合いをして、この土地と家をどう引き継ぐのかについて合意しない限り、名義を換えることはできませんし、売却もできないでしょう。
 奥さんとの話し合いをするのが最も早い解決ですが、それが困難であるとすれば、お祖父さんの遺産について、その分割についての調停の申立てをし、家庭裁判所で調停委員に入ってもらって、問題を解決するのがいいでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ