大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

父から名義変更を受けた保険契約【Q&A №350】


 長男の私は少し離れたところで自分の家族ですんでおり、父は妹と同居しています。
 30年ほど前、妹が子供を2人生み離婚して実家の借家に住んでいたところいつの間にか実家で同居(子供男2人と)するようになっていました。

 父の年齢が80半ばになり、実家の内情を確認したら、父が簡易保険をかけており、
契約者が父で被契約者妹、受取人が父、
契約者が妹で、被契約者孫、受取人が妹、
などバラバラで契約し全部父が払っていました。

 昨年の初め、300万円の簡易保険が満期になったときに、バラバラの簡易保険を満期分支払い、約1000万円分契約者と受取人が妹名義に変えてしまっていました。
 約1000万円は妹名義で証書は妹が持っていました。
 父は今も同居しているのでうやむやでしたが、最近は妹にやったと言い出し始めました。

 妹は10年以上無職で子供の大学までの学費を親に出してもらっていることも確認済みです。

 数年後の生活費や約2000万円の簡易保険分は、遺産相続に含むことはできませんでしょうか? また、今準備すべきことはどのようなことでしょうか?

記載内容  生命保険 契約者 被保険者

(マッキー)


【生命保険金は遺産にはならない】
 お父さんが生命保険(死亡保険金)契約をし、その受取人を指定している場合には、その受取人の受ける生命保険金は、原則として遺産には入らないというのが裁判所の扱いです(Q&A №288Q&A №289Q&A №304を参照)。
 これは、生命保険金は、保険契約に基づいて生じる権利であり、お父さんから引き継いだ遺産ではないからです。

【他人の保険金を支払っていた場合】
 但し、お父さんではなく、それ以外の人の名義で生命保険契約をし、その保険金をお父さんが支払っている場合には、お父さんが支払っている保険料が特別受益になる可能性があります。

【契約名義の変更について】
 お父さんの名義の生命保険契約があり、お父さんが保険料を支払っていた場合、その解約返戻金はお父さんの財産です。
 そのような保険につき、契約名義が妹さんに変更された場合、その名義変更の時点で存在していた解約返戻金額がお父さんから妹さんに行くわけですから、その分が特別受益になるものと思われます。
 又、その後の保険料をお父さんが支払っていたというのであれば、その保険料支払い額が特別受益になる可能性があります。

【孫への学費と特別受益だが・・・】
 今回の質問では、お孫さんの学費をお父さん(おじいさん)が支払っています。
 2つの問題が発生します。
 まず、特別受益は相続人間の利害調整の問題であり、贈与を受けた者が相続人の場合に発生する問題です。
 お孫さんは法定相続人ではないので、本来ならば特別受益の問題は発生しません。
 ただ、お孫さんに対する贈与と言っても、実質的に妹さんに対する贈与であるといえるような場合には、法定相続人である妹さんの特別受益の問題が発生します(参考例:Q&A №324Q&A №327、又は【相続判例散策】相続人以外の者に対する特別受益)。

【生活費と特別受益について】
 生活費についても、月額10万円程度であれば、お父さんの扶養義務の範囲内であるとして、特別受益と認められない場合が多いでしょう。

【生命保険の経過を確認、記録しておく】
 以上のとおりであり、あなたの方としては生命保険を中心にして、遺産分割の話を進めるのがベストだと思います。
 そのため、現在のするべき事項としては、簡易保険の贈与経過をお父さんや妹さんから聞きだし、それを詳しく確認し、記録に残しておくといいでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ