大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

★父親に認知されていない子の相続権【Q&A №28】


現在妊娠中、予定日まで200日をきっています。今後、結婚(入籍)予定ですが、認知してもらうべきか、しないほうが良いか悩んでいます。認知によるメリット、デメリットを教えてください。

記載内容  嫡出子 認知 胎児の相続権

(悩みっ子)


本コーナーは相続問題に関するご質問を受付しておりますが、子の認知ということで困っておられるようですので、この点を最初に説明し、その後に相続と認知についてお答えします。

【認知をした方がよいのかどうか】
 認知は、嫡出でない子をその父らが、自分の子と認める制度です。
 認知されておれば、生まれてくる子は父親から養育費をもらうことも、遺産を相続することもできますので、たいへん重要な法律行為です。
 今後、入籍予定ということですが、万一、入籍できない事情が発生する場合もありえますので、一刻も早く父親に認知をしてもらった方がいいでしょう。
(参考までに言えば、胎児の段階でも「胎児認知届」があります)。
 なお、質問では予定日が200日をきったということですが、この場合、婚姻後に生まれてきた子は夫婦間の子(嫡出子)であると推定されませんので、その意味でも早く認知の手続をされたほうがいいでしょう。
 認知した場合には、戸籍にまず「父親が認知した」という記載がされるのですが、その後、婚姻されるのなら、その子は嫡出子と同様に扱われます。
 なお、認知せずに婚姻をし、その後に、父親が「父母との続き柄」欄の「□嫡出子」にチェックして出生届を提出すれば、子を認知したことになります。
出生届けの用紙例

【相続における胎児の扱い】
 子が出生前に、父が死亡した場合でも、出生した子には相続権があります。
 ただ、父がその子を認知していないと、親子関係を認めてもらう裁判が必要です。
これは、検察官を相手にしたややこしい裁判であり、しかもこの裁判では親子鑑定が必要であり、そのための多額の費用がかかります。
 その意味でも、是非、認知をしてもらうことをおすすめします。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ