大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

親の介護を拒否すれば相続できないか【Q&A №250】


 夫の死後 30年同居していた姑を義理の弟に面倒見て欲しいと頼んだら義理の弟から無責任な嫁だと言われました。
 また舅の遺産(預金)を兄に相続させたとのだから全て返せと言ってきました。すでに亡き夫が相続済みの預金を全て返さないといけないでしょうか

記載内容  介護 同居 対価

(まこ)


【介護と相続とは別々の問題です】
 今回、夫の母親の介護を義理の弟さん(お母さんからすれば実の子)に頼んだとのことですが、日本の法律では、相続は介護したことの報酬でもなければご褒美でもありません。
 そのため、介護することを放棄したとしても、なんら相続には関係がなく、あなたのご主人がすでに相続した預金などを義理の弟さんに返還する義務はありません。

【約束などがあれば別途問題となる】
 他方で、(今回であれば舅さんの)遺産分割の際に、最期までお母さんの介護をすることが遺産分割(あなたのご主人が預金を全部取得すること)の条件とされていたような場合であれば、介護の意思を放棄することで預金を返還しなければならない可能性が出てきます。
 ここは、遺産分割協議書など当時の約束がどの程度明確な資料として残っているかどうかにより判断すべきでしょう。

【感情的には問題となりうる】
 とはいえ、日本の社会通念としては、介護をした人間が遺産も主に引き継ぐべきだという考え方が未だ根強いところです。
 たしかに療養介護は決して楽ではありませんし、感情的には「親のお金くらいは・・・」と思う気持ちがあっても不思議ではありません。
 ただ、介護というのはその内容や期間によって様々であり、今回のように30年間も同居を続けた後に義理の弟さんに頼んだがために、これまでの介護努力が無になるということにも疑問があります。
 アドバイスとしては、介護を頼む弟さんに対し、今後の介護費用に相当する程度の預金を返還するなどして解決を図ることも一つの手段でしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ