大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

★子どもの国民年金掛金と特別受益【Q&A №527】 0527


【質問の要旨】
肩代わりした国民年金約240万円は、特別受益に該当するか

記載内容 年金 継続的 扶養

【ご質問内容】
20才から支払う義務がある国民年金「金額240万円程度」を肩代わりして支払いました(アルバイトで支払い能力がなかったため)。
そろそろ遺言書を作成すべき時期かと思案していますが。
この過去に支払った金額は特別受益に該当するのでしょうか。
宜しくお願い申し上げます。

(素浪人)


【事案によっては特別受益にあたる場合もある】
被相続人であるあなたが、相続人に対して「生計の資本としての贈与」をした場合、特別受益として、遺産分割の際に遺産に持ち戻されます(当ブログQ&A №164Q&A №334等参照)。
問題はどのような金銭等の提供が、《生計の資本》としての贈与になるかです。
例えば、相続人である長男の自宅買入資金として500万円を援助したというのであれば、特別受益になることは間違いありません。
しかし、今回のご相談は、毎月数万円程度の金銭を渡した、あるいはその程度の債務を立替支払いしたような場合です。
このような、毎月は少額でも多年にわたると金額も大きくなるような場合に、特別受益になるかどうかという問題になります。
お金を渡していれば贈与ではないかという反論が出そうですが、被相続人である親が子である相続人にお金を渡す場合、親の子に対する扶養義務の履行として渡しているとされる場合もあり、その場合には渡した金銭は特別受益にはなりません。

【判断基準はどういうものか】
次に、扶養義務の履行か否かを判断する基準は何かということが問題になります。
遺産の総額、一度に渡されたものかどうか、又、月々の支払い等であればその額はどうか、渡された期間やその交付する理由などが判断基準となるでしょう。
過去の家庭裁判所での審判例では、遺産総額や被相続人の収入状況から考えて、月に10万円に満たない送金は扶養的金銭援助にとどまるが、月10万円を超えるものは生計の資本としての贈与になり、特別受益になると判断したものがあります(東京家審平成21年1月30日・家月62巻9号62頁)。
(詳しくは【相続判例散策】毎月の送金が特別受益にあたるのか?をご参照ください。)

【遺言書の作成上の注意】
これから遺言書を作成するが、被相続人のした国民年金の立替分を特別受益にならないようにしたいというのであれば、次のような方法を考えられるといいでしょう。
① 国民年金立替分については《持ち戻しの免除する》との意思を遺言書に明記する。
② なぜ、持ち戻しの免除をするのかという理由を遺言書の付言事項として記載し、併せて他の相続人が特別受益という問題を持ち出さないようにという内容の遺言者の希望を記載する。
これらの①及び②の方法の双方を採用し、その内容を遺言書に記載することで解決されるといいでしょう。

(弁護士 大澤龍司)


姉が母の年金を使い込んだ【Q&A №505】 0505


【質問の要旨】

・姉が同居した母の年金を使い込んでいた
・年金19万から8万の世話代と入院費など150万は認めるがその他は使途不明
・この使途不明分を姉の相続分から差し引けるか

【ご質問内容】


要介護1の母が姉のところに同居するにあたり、兄弟間の約束で、毎月8万円世話代として、母の年金から受け取って良いことになっていましたが、あとで収支表をみせてもらうと、年金月19万円のうち、ほとんどを使ってしまっていました
姉の所で世話になっていたのは、5年間です。
月8万円×5年間で約500万円弱は、姉の取り分のはずですが、1200万余りの母の年金総額がほとんどなくなっていまし た。
差額700万円は姉の相続分から、差し引く事はできますか
世話代の他の経費として考えられるのは、デイサービス代、、入院費等で150万円程です。
母は足の骨を折って入院したあとは、寝たきりに近い状態になったので、介護老人ホームに入所しました。

(クロちゃん)


【姉との合意《世話代の意味》について】

今回、姉が8万円を母の年金から受け取ってよいと合意した《世話代》が、どこまでの範囲を含むもののかがどうかが問題になります。
以下の回答では、《世話代》とは、母の生活必需品を買うような生活費を含んで8万円ということだと理解して回答しています。
その理由は、世話をしてもらうお礼として月8万円は高額すぎるということ、また、生活費を別枠で計上すると、年金の残り分が極めて少なくなりすぎるからです。
また、母が介護施設に入ったのちには、世話代は支払い不要になったということも前提として回答します。

【母の財産なので、娘たちが決めることはできないはず】

あなた方姉妹間で母の年金の使途を決めたということですが、《法律的に言えば》母の財産の使い道は母が決めることであり、娘であるあなた方姉妹で決めることではありません。
この合意は、そのまま受けとれば、月8万円までは《世話代》として認めるというのですが、法律的には、遺産分割の際に、月額8万円までの支出は認める、換言するとそれ以上の支出には異議を述べるという意味を持つと考えていいでしょう。

【使途不明金は510万円となる】

母の収支を計算すると次のとおりとなります。
① 5年間の年金収入・・1140万円(収入)
② 5年間の世話代・・・・480万円(支出)
③ デイサービスや入院費・・約150万円(支出)
この差額(=①-②-③)である510万円につき不正使用の可能性があるということになります。

【510万円を姉が勝手に使用したというのなら返還請求が可能】

この差額の510万円を姉が勝手に使用したのなら、不正使用分としてあなたは姉に請求が可能です。
法律的に整理すると次のようになります。
 姉が勝手に使用したのなら、その額について母は姉に対して不当利得返還請求などが可能です。
母が死亡した後は、上記返還請求する権利のうち、あなたはその2分の1の権利(255万円)の相続で取得しますので、姉に支払いを求めるといいでしょう。

【母が生前贈与した場合】

もし、母が「余った年金は姉にあげる」と言って生前贈与していたと姉が主張し、かつその証拠があるのなら、その分は生前贈与として特別受益に該当します。
そのため、その全額を遺産に持ち戻して、遺産分割協議をすることになります。
(リンク:特別受益の持ち戻しのケース


地裁の遺留分減殺事件で養育費を決定できるのか【Q&A №501の再質問】 0501


扶養能力がないのに遺留分と養育費は相殺されるのか?【Q&A №501】に関する再質問

【質問の要旨】
地裁の遺留分減殺事件で養育費を決定できるのか

記載内容  婚姻費用 養育費 相殺

【ご質問内容】
子供に対して地裁で遺留分(1250万円)を求めて本人訴訟中なるも、子供(義母と同居し現在は社会人)は、大学卒業までの生活費や学費などの養育費(1600万円)との相殺を要求。
私はその当時から現在まで病気で収入がなく、また数千万円の借金があるので扶養能力はなく、子供は充分な遺産(5000万円)
があるので要扶養状態にはない。
和解交渉でこのことを主張するも、裁判官は、(法律的根拠は示さず)遺留分の権利だけを主張して扶養義務は果たさないのはおかしいとして、私が遺留分をもらえば、そこから子どもが立て替えた養育費を払うように強く要請。
私は、父子間の養育費は家裁の専権事項なので、本裁判では遺留分の決定をし、養育費については被告が調停申立をすべきと主張するも、裁判官は被告から相殺の要求が出ているので、地裁で養育費の決定ができると拒否。

そこで質問なのですが、
(1)本当に地裁で養育費を決定できるのか。
あるいは、和解を成立させんがために私へ譲歩を迫るだけであり、判決では養育費については盛り込まれない可能性が高いと思われるか。
(2)判決で養育費と相殺された場合、それを理由に控訴しても却下となる可能性が高いか。
(3)もし家裁で養育費が決定される場合は、養育費が決まった後に地裁で遺留分と相殺して支払われるのか。

または、地裁では遺留分が確定し、家裁で養育費が確定して,相殺ではなく個別解決になるのか。

(オーくん)


当相談では、原則、再度の質問には回答しないことになっています。
ただ、お困りかもしれませんので、簡単にコメントをします。
この程度でご了解ください。

【再質問】
地裁の遺留分減殺事件で(家裁の専権事項である)養育費を決定できるのか?

【回答】
養育費の決定は家裁で決定すべきことです。
そのため、地裁の判決主文中で養育費が決定されることはありません
ただ、判決理由中で、遺留分額を減少する際の事情として未払養育費額を考慮することはできないかという問題がありえます。
しかし、家裁の専権事項である以上、理由中であっても、養育費額の認定はできないというべきでしょう(この点に関する参考裁判例としては、婚姻費用についてですが、同趣旨の判例がありますので末尾に記載しておきます)。
但し、当事者が和解提案する際の事情として未払い養育費を持ち出す、あるいは裁判所が和解案を出す際に未払い養育費を考慮して解決金額を提示するという程度なら特に問題ないでしょう
その点を考慮すると、あなたに譲歩をせまる材料として裁判所は養育費問題に言及しているというところでしょうか。

【再質問】
判決で養育費が考慮された場合、それを理由に控訴することが可能か?

【回答】
本来考慮すべきではない事項を考慮しているのであれば、それは控訴理由になり、原判決の取消事由となると思われます

【再質問】
家裁の養育費と地裁の遺留分との関係

【回答】
地裁としてはいつまでも判決を延期するわけにはいきませんので、養育費は別途解決してくださいとして、遺留分のみについて判決する可能性が高いと思います。

【参考判例】
婚姻費用の分担については、専ら家裁が審判すべきものであって、地裁は抗弁に対する判断としても、婚姻費用の分担を定めることはできない(京都地判昭和32年10月17日)。

(弁護士 大澤龍司)


あなたは

番目の来場者です

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ