大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

★父の後妻と母の相続【Q&A №46】


 7月に母が亡くなりました。先日、父より電話があり、1週間前に紹介された中国人の方(私より10歳年上)と再婚したと伝えられました。

父の薄情さに腹が立つとともに、母が残してくれた財産を、名前も知らない後妻には一切渡したくありません。特に以下のことを心配しています。

1)父が住んでいる土地・建物は遺産相続時に私の名義に変更。しかし、私はそこには住んでおらず、父と後妻が住むことになる →後妻には父の死後もそこに住むことができる権利がありますか?

2)父名義の生命保険は受取人を母から私の名前に変更 →受け取りの場合、後妻と半分にしなければいけないのでしょうか? 3)母の貴金属・着物→遺産分割の時には触れていませんが、暗黙の了解で私が引き継ぐ(女物なので)ことになると思っていましたが、法律上は父の持ち物となってしまうのでしょうか? 分割協議書では土地建物は私に、預貯金は父に、それ以外に母名義の財産が出てきたら私に引き継がせるということになっています。

記載内容  使用貸借 生命保険 形見

(ゆみ)

 お母さんの所有していた土地・建物(以下、「不動産」といいます)については、分割協議であなたの単独所有になり、登記も完了したという前提でお答えします。

《後妻が不動産に居住し続ける権利は、原則としてありません》
 あなたは、お父さんから賃料などは受取っていないでしょうから、法律的には、お父さんは使用貸借で不動産を使用しているということになります。
 この使用貸借の借受人であるお父さんが死亡した場合、使用貸借契約は終了しますので、後妻は不動産を引き続き使用することはできないということなります。

 ただ、表題でわざわざ「原則として」と記載したのは、裁判所が後妻の立場に同情するような場合もあるということです。

 例えば、子(養子)が父(養父)の死後、父の内縁の妻に対し、父名義の建物を明け渡すよう請求した事案がありましたが、裁判所は内縁の妻に対する明渡請求を、権利の濫用だとして認めませんでした(最高裁判所昭和39年10月13日判決)。
 もちろんこのケースでは父と養子とが不仲で離縁直前であったなど、ご相談のケースと違う事情が多々ありますが、明け渡しが認められる場合ばかりではありませんので、ご注意下さい。

《受取人の指定された保険はその受取人が全額を取得します》
 受取人が指定されている生命保険(死亡給付金)は、相続財産ではありませんので、他の相続人に遺産分割する必要なく、あなたが全部を取得できます。
 但し、保険の契約者はお父さんでしょうから、将来、お父さんが保険金の受取人を後妻に変更する事はできます。この点はご注意ください。

《遺産分割協議書に記載されていないものは、単独所有ができません》
 「分割協議書では土地建物は私に、預貯金は父に、それ以外に母名義の財産が出てきたら私に引き継がせる」という記載があるということですので、お母さんの貴金属や着物などは、「それ以外の財産」としてあなたが取得すると理解していいでしょう。

 いずれにせよ、貴金属や宝石等の小物については一刻も早くお父さんと話をして渡してもらい、自分のもの(単独所有)にしておくのがいいでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ