大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

義母のマンションの相続権【Q&A №215】


 相続税について

 義理の母の住まいがなくなり、今600万くらいで中古マンション購入を考えています。
 義理の母は300万しか出せないとの事。
 私たちもすぐに使える現金がなく、悩んでいたところ、私の実母が300万を出してくれることになりました。

 この場合、マンションの名義は誰にすればよいのでしょうか?
 また、義理母死後マンションは誰のものになるのでしょうか?
 私たちが相続した場合、相続税はどのくらいかかりますか?

 主人には兄が一人いますが、兄はお金を一切援助してくれていません。

記載内容  所有権 贈与 相続人

(まったくわからん)


【資金提供に応じて所有者となる】
 不動産の購入では、資金を提供した人が所有者になるのが通常です。
 今回は、あなたのお母さんと義理のお母さんが300万円を分担するというのであれば、2分の1ずつの共有名義にするといいでしょう。

【マンションの処理について】
 仮に共有持分を2分の1ずつとすれば、義理のお母さんが死亡した場合、この2分の1が遺産になります。
 ただ、義理のお母さんのために購入したマンションというのであれば、義理のお母さんの死亡後にそのマンションに住む人もないでしょうから、マンション全体を売却し、その売却代金から経費を控除した半額を相続人で分けるということになるでしょう。
 なお、誰が相続人になるかは、法定相続 のカテゴリをご参照ください。
 これは結局マンションを誰の名義にしたのかを基本として結論が変わってきます。

【相続税について】
 相続税が課税されるのは、遺産総額が、≪5000万円+相続人の数×1000万円≫を超える場合です。
 もし相続人が2人であれば、遺産総額7000万円以内は相続税が課税されません。
 この計算式を基準に相続税の申告の要否を判断されるといいでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ