大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

★亡母のための改築費用と修復費用は遺産にあたるのか?【Q&A №143】


 二人兄弟の次男です。兄は一人暮らしの母親を受け入れようとしないので、体が弱ってきた一人暮らしの母親を受け入れるために、私(次男)が、母親が生活しやすいように我が家を改築しました。資金は母親のお金です。
 ところが計画の途中で突然亡くなりました。改築は途中でストップしてもらいましたが(250万がかかった)、さらに修復するのに150万かかると言われました。
 このお金はどう兄と相談処理すればいいのかわかりません。母親と兄は口では承諾していましたが、お前の家がきれいになったのだからその分遺産は減らすと言われました。
 足が悪い母のために車椅子用のドアーや1階のお風呂を作ったのですが我が家には2階にお風呂は既にあるためはっきり言って不必要な物です。

 記載内容  相続債務 改築費用

(ぴぴさん)


【資金は母親のお金で出すということは・・】
 まず、あなたの家の改築費用については、あなたが契約したのでしょうから、工事業者にはあなたが支払いをする必要があります。
 問題は《資金は母親のお金です》という話があったのなら、内部負担として工事代金はお母さんがあなたに支払うという合意があったということになります。
 このお母さんがあなたに対して支払うはずの改装費用は、相続される債務だと考え、相続人が分割して負担するべきだと主張すればいいでしょう。
 なお、お兄さんは、《お前の家がきれいになったのだからその分遺産は減らす》という主張のようですが、逆に不必要なものを作った分だけ不便になった点もありますので、プラスマイナスゼロと考え、あなたの相続分から減らされるべきではないと反論しましょう

【修復費用について】
 途中までした改装工事を、元に戻す修復工事として150万円かかるということですが、このような修復工事の費用を負担することまで予想されてはいなかったでしょうから、お母さんとの間でこのような修復費用をお母さんが負担するという合意があったとまでは言えないでしょう。
 しかし、中断した改装工事を元通りにするための費用ですので、お母さんのための改装工事の関係で必要であり、工事途中のまま放置できないものであると説明され、お兄さんにも費用負担をお願いしてみてはいかがでしょうか。

【調停の利用】
 お兄さんと協議の上、円満な解決をするのが望ましいですが、上記説明でお兄さんが納得されないようでしたら、早い段階で遺産分割調停を利用することも考えていいでしょう。
 調停委員という中立の立場の方からお兄さんを説得してもらうことで解決が早くなります。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ