大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

未分割の土地を含む遺言分割指定がある時【Q&A №585】


【質問の要旨】
被相続人が未分割の配偶者の不動産を子である相続人に譲ると遺言したが、裁判所ではどう判断されるのか?

記載内容  数次相続 共有 未分割 

【ご質問内容】
 被相続人の遺言に、先に死亡したその配偶者との未分割状態の共有の自宅を、3相続人(子供)中のAに引き続き住めるよう譲るとあり、法務局ではまず、配偶者の持ち分9分の6を法定分割した後、被相続人の持ち分9分の6をAに登記すると云う事でしたが、自宅が住所不銘記で却下、家裁では遺言分割の承諾が他の相続人B.Cから得られず、審判できないと云われ、取り下げさせられました、最終日全員の前に、裁判官が表れ(陪審員の要請があったと思わせる)ちらりと遺言に目を通し、配偶者の未分割分は直接3人の相続人に譲られると断定しました。
 法務局の説明では、全員の承諾のもとでは可能である、つまり遺言分割ではなく協議書による分割と解釈したので、家裁の裁判官の云う事には釈然としません、今後地方裁判も視野にこの点をはっきりさせて置きたいので宜しくお願いします。

(fumimasa)


【事案の整理・・父が死亡した後、その相続登記前に母が死亡したケースと理解】
 まず、事案の内容を整理します。
(以下の要約は、質問からは直接は読み取れないものの、弁護士3名がほぼこのような事実関係を前提にしての質問であろうと考えた内容を記載しております)
① 先にお父さん(配偶者)の方が死亡し、遺産である不動産の相続登記をしないうちにお母さん(被相続人)が亡くなった。
② そのお母さんは「未分割状態の共有の自宅を、3相続人(子供)中のAに引き続き住めるよう譲る」と遺言した。
③ Aは、法務局で遺言に基づいて登記をしてもらおうとしたが、遺言書には自宅不動産の所在地等の記載がなかったため、このままでは物件が特定しておらず、登記はできないと言われた。
④ そのため、家裁に調停を申し立てたが、他の相続人B、Cの承諾が得られず、取り下げという結果になった。
と仮定して、説明をしていきます。
  なお、今回の質問には登記に関する部分が含まれています。
 わかる限度で説明はしていきますが、念のために登記の専門家である司法書士さんにも確認されるといいでしょう。

【相次いで相続が発生した場合のそれぞれの相続分】
 前項で記載したとおりの事実関係であると仮定すると、相続の経過は以下のとおりとなります。

① まず、お父さんが亡くなったことにより、自宅のうちお父さんの持分であった9分の6が、各相続人に相続されます。
 遺言書がなく、遺産分割協議もなされていないのだとすれば、法定相続分に従い、お母さんが9分の3、A~Cが各9分の1を相続します。
② 次にお母さんが亡くなり、「未分割状態の共有の自宅を、3相続人(子供)中のAに引き続き住めるよう譲る」との遺言があったとのことですので、お母さんの持分はAにすべて遺贈されたのであれば、お母さんの自宅持分(もともと有していた9分の3と、お父さんから相続した9分の3の合計である9分の6)をAが相続します。

 結局、自宅はAが9分の7、B及びCが9分の1という共有状態になるということになります。

【自宅が特定していない点についての法務局の見解について】
 ただ、遺言では前記のとおり、自宅不動産の所在地が明記されていないことから、法務局はこの遺言では不動産が特定されていないので、このままでは登記はできないと言われたのだと思われます。

その上で、もし登記をしたいのなら、法務局としては
① 遺言に記載された自宅とは被相続人が共有持分を有している自宅であることを判決で確定してもらうか、
② 相続人全員が遺言書の自宅とは、被相続人が共有持ち分を有している自宅であることを前提で遺産分割協議する。

のどちらかの方策を取れば、遺言の不動産が特定しないという点が解決し、登記が可能になるとの見解だったろうと思われます。

【遺言ではAが自宅全部を相続することはできない】
 お母さんの遺言の内容がはっきりはしませんが、仮にその内容が《Aの居住している自宅すべてをAに相続させる》というような内容であったとしても、そもそもお母さんの持分は9分の6でしかなく、未分割のまま放置されていたからといって、お母さんの自宅の持分が増えるわけではありませんので、Aが自宅全部を取得することできません。
 ただ、遺産をどのように分けるかについて、法定相続人全員が分割協議で合意をすれば、遺言と異なる内容でも、分割合意が優先します。
 そのため、Aが自宅を単独相続(全部をAの所有に)したければ、他のB及びCの同意を得て、《自宅名義はAの単独名義にするが、その代わりに代償金等を他の兄弟に支払う》等の合意をすれば、その合意の効力として自宅をAの単独名義にすることが可能です。

【裁判所が遺産分割の審判をしなかった理由】
 次に、裁判官が、「配偶者の未分割分(お父さんの持ち分)は直接3人の相続人に譲られると断定した」という点を考えてみましょう。
 Aとしては、お母さんの遺言には自宅全部をAに相続させると記載されているため、父の遺産の自宅全部の相続を主張したのに対して、《Aさんが全部取得するようなことはない。お父さんの持分が、法定相続分に従って子供らに9分の1ずつ相続されることについては、全員の同意がない以上、法的に動かしようがない》ということを言いたかったものと推測されます。
 B及びCから、自宅を全てAに譲るという内容で同意が得られず、遺産分割協議がまとまらなければ、遺言書の内容を実行するしかありません。
 しかし、家裁の審判では、遺言書の内容を実行せよという命令を出すことはできず、地裁で裁判をする必要があります。
 そのため、家庭裁判所は「審判できない」との判断をし、調停を取り下げさせたものと思われます。

★亡父からお金を詐取した姉への請求【Q&A №550】


【質問の要旨】
姉が「寄付」と言って父からお金を引き出していた

記載内容 使い込み 数次相続

【ご質問内容】
父が亡くなり相続となりました。
障害を持った弟がおり母が亡くなった後施設にお世話になっています。
父の生前、姉が弟の施設に寄付をしないといられなくなると父からお金を摂取しました。
父から確認の電話があり嘘だから返してもらうよう伝えましたが再び電話があり返してもらえないと。
私から姉に電話して父に返すよう話しましたが、制裁だといい返金しませんでした。
それから数ヵ月し確認したら弟の保険に入ったといい證券見せてと言っても連絡がつかなくなりました。
相続になりそれは特別利益になるのではと話しましたが返したと嘘をつき始めました。
父の相続人は姉、私、弟(成年後見人弁護士/姉でしたが使い込みをし外されました)でしたが、話し合いの途中(今年夏)弟が亡くなったため二人で進めることになります
どう進めてたら良いか、また父から寄付と言って引き出したお金を相続に含ませる事はできないか方法があればご教授頂きたい。

(なつ)


【お姉さんの詐取したお金の返還請求権は遺産になる】
お姉さんがお父さんに嘘をついてお金をだましとったということなら、お父さんはお姉さんに対して不法行為による損害賠償請求権を持つことになります。
お父さんが死亡したときには、この請求権は遺産に含まれます。
弟さんが死亡されたので、現時点ではあなたとお姉さんだけが相続人です。
そのため、あなたはこの金額の半額を請求する権利を相続していますので、他の遺産に加えて、詐欺による不法行為に基づく返還請求権として、詐取された金額の半額を請求されるといいでしょう。

【遺産分割の話の進め方】
質問から見る限り、お姉さんが誠意をもって遺産分割の話をすすめるようには到底思われません。
そのため、第三者の手を借りる必要がありそうです。
まず、家庭裁判所の遺産分割調停を申し立てることができます。
調停は申立費用も安く、調停委員も解決に尽力をしてくれます。
弁護士がつかなくても手続きができますので、ご利用を考えられるといいでしょう。
手続きについては家裁でお聞きになればていねいに教えてくれます。
弁護士を依頼するのも解決のために必要かもしれません。
調停はあくまで、お姉さんが解決しようという気にならないと成立しません。
話し合いの余地がない可能性も高いケースですので、当初から相続に詳しい弁護士に依頼することも選択肢です。
なお、調停を含め、今後、どのような対応をした方がいいのか、相続に詳しい弁護士のアドバイスをもらうことも考えられるといいでしょう。
市町村の相談では時間が短いために納得のいく説明を得られにくいので、お金がかかっても(1時間あたり1万円が相談料の相場です)、弁護士事務所で法律相談をされるといいでしょう。

(弁護士 大澤龍司)

口頭での分割協議と数次相続【Q&A №544】


【質問の要旨】
口頭では遺産分割協議がすんでいるが、登記はしていない不動産について

記載内容 数次相続 未登記 固定資産税

【ご質問内容】
父親が10年前に死んだのですが、そのとき 相続人が母、姉2人の私だったのですが、貯金1000万円は母に相続し、不動産は私が相続、口頭でも相続協議分割は成立するので、その時に相続協議分割は成立したと思ってました
そこで、その時以来、父名義の不動産はすべて私所有になったと思ったのですが、私の名義変更はしませんでした
それで、固定資産税は、母あてに送ってきて、母がなくなる前1年間ぐらいは私が母名義の、固定資産税を払ってました。母が死んだのですが、相続税のお尋ねと申告書が一緒に送られてきました。

1.この場合、相続税のお尋ねの欄の母の相続財産は、父名義の不動産を書くのでしょうか?
母の相続財産の欄の不動産名義の先代名義の欄に私の父名義になっているのですが、私所有なのでかかなくてもいいのですか?
2.税務署は、固定資産税の支払いが母になっていたので、すべての不動産が母所有だとして、相続税をかけてくるのでしょうか?
市役所から送られてくる固定資産税には、母現所有と書かれてました。このことは、相続税がかかる場合に影響をあたえるのでしょうか?
3.母が死んだので、この際、父名義から私名義に不動産を変えようと思って姉2人ににいったら、今度は法廷相続分の3分の1よこせ、応じなければ変更に同意しない、といいだしました。
このことは、相続税のお尋ねに記入する場合、影響を与えますか?

(gjghjkghk)


【法律問題についてのみ回答します】
今回の質問は税務署からの《相続のお尋ね》にからむ税金の問題と遺産分割協議の成立に関する法律の問題との2つの側面があります。
当ブログは法律面での相談を扱っておりますので、遺産分割協議について回答します
なお、税金については税理士等、税務の専門家に相談されることをお勧めします。

【お父さんの遺産分割協議が成立の証明がむずかしい】
10年前に死んだお父さんの遺産分割については、あなたは《相続分割協議》は成立したと判断されているようです。
しかし、相続分割協議(遺産分割協議)は口頭でも成立しないわけではありませんが、遺産という通常は多額な財産の分配問題であることや不動産の登記手続きを伴いますので、書面化するのが通常です。
しかも、単に書面化するだけではなく、法定相続人全員が署名して実印を押し、かつ印鑑証明書も添付して、誰が見ても間違いなく合意されたことが証明できるような形にして残します。
今回の質問の場合、あなたが口頭で成立したと理解していても、該当する不動産が10年間も未登記であることや、現時点ではありますが、他の2人のお姉さんが法定相続分を主張していることを考えると、遺産分割協議が成立し、あなたが不動産を単独で取得することを証明することはむずかしいと思われます。

【お父さんの遺産分割協議がない場合のお母さんの遺産】
仮にお父さんの遺産分割協議ができていないとした場合、お父さんの不動産のうち、その2分の1がお母さん、残りは姉妹3人で各6分の1ずつを共有することになります。
なお、遺産の分割は分割協議や家裁の審判で決定されることです。
協議合意等が存在しない以上、市役所からの書類に「母所有」との記載があっても、又、固定資産税の関係で誰が支払っていたとしても、お母さんの単独所有にならず、お母さんの遺産にあるのは、お父さんの不動産の2分の1でしかありません。

【今後、お父さんとお母さんの双方についての遺産分割協議をする】
前記のようにお父さんの遺産分割協議はされていないということになると、お父さんとお母さんとの双方について遺産分割協議をする必要があります。
もし、その遺産分割の合意ができればその旨を、又、合意できなければできないでとりあえずは法定相続分で分割したとの想定で税理士さんと相談されるといいでしょう。

(弁護士 大澤龍司)

義母から資金援助を受けた建物の相続【Q&A №436】


 30年ほど前に父親が亡くなり、実家の母親と長男が同居するのに半分の資金を母親が出し、建て替えて新築しました。
 その後長男が10年前に亡くなり、その妻の私の名義にしました。最近義母がなくなりました。
 この家の所有権は名義者である私であると思いますが、建て替えた時に義母が半分資金を出してくれてた事が引っかかります。

記載内容  新築 資金 数次相続

(さくら)


【「部屋」が遺産相続の対象になることはない】
 質問の中に「建物の義母が住んでいた部屋は遺産相続の対象になるのでしょうか?」という部分があります。
 まず、この点の説明をします。
 建物についていえば、1戸の建物の全体についての所有権が相続の対象となります。
 例えば「離れ」として完全に独立した建物であるような場合には別として、建物うちの一部分でしかない部屋が相続の対象になるということはありません。

【新築資金の贈与は特別受益になる】
 新築した建物について、その建築費用の半分をお義母さんが出したが、名義はご主人の単独名義にしたというケースです。
 このような場合、新築された家についてはご主人が単独で所有権を持ち、お義母さんは建築資金の半分をだした(ご主人に贈与した)ということになるでしょう。
 このようなお義母さんのした生前の建築資金分の贈与は特別受益として扱われ、遺産分割する際に、遺産の中に組み入れて、遺産分割されることになります。
 そのため、お母さんの遺産を分割する際に、他の相続人から「あなた方は自宅建築資金の半額を生前贈与され、その分が特別受益である。
 その分他の遺産については他の相続人が多く取得するべきだ。」と言われる可能性はあり、その場合にはこれをみとめざるを得ないでしょう(特別受益については【コラム】生前贈与を受けていたらご参照)。
(なお、本件では、特別受益を受けたのはあなたのご主人ですが、ご主人が死亡されているので、相続人はご主人の子であり、代襲相続人です。ただ、この場合、代襲相続人である子はご主人の立場を継ぐのですから、ご主人の特別受益は子である代襲相続人の特別受益とみて差し支えないでしょう)

父、母が相次いで亡くなった場合の相続分計算【Q&A №432】


 私の父が死んで、5年経つのですが、家と土地があって相続がもめています。
 母、長女、次女、長男の私4人でした。
 この場合、法定相続分はそれぞれ、2分の1、6分の1、6分の1、6分の1だとおもうのですが、相続がもめているうちに、まだ、話し合いがつかないうちに、(父の登記のまま)母が死んで、その後遺言書が見つかり、母の財産は すべて私に相続させる、ということでした。
 この場合、父の財産の私の相続分は、母の2分の1、プラス私の6分の1の合計6分の4になるのでしょうか?

記載内容  数次相続 相次ぐ 計算

(桜餅)


【あなたの相続分は6分の4】
 現在、お父さん及びお母さんの遺産に関するあなたの相続分は6分の4であり、あなたのご指摘のとおりで正しいです。
 念のために記載すると次のとおりです。

【お父さんの法定相続分】
 子供がいるケースですので、配偶者は2分の1、子供は2分の1を平等の割合で遺産相続しますので、
・お母さん(配偶者)・・・2分の1
・あなた(子:長男)・・・6分の1
・長女(子)・・・・・・・6分の1
・次女(子)・・・・・・6分の1

【お母さんの遺産の相続】
 本来なら、お母さんの遺産は、あなたを含む3人の子供が平等で相続するはずですが、遺言書であなたが全部相続するということですので、お母さんの遺産の相続は次の通りになります。
・お父さんの遺産については、あなたがもともと持っている6分の1の法定相続分に加えて、遺言書によりお母さんの法定相続分である2分の1があなたにきますので、これを合計した6分の4があなたの相続分です。
・但し、お母さんの独自の遺産がある場合には、その分は全部、あなたが相続することになります。

【遺留分請求があるかもしれない】
 なお、お母さんの全遺産をあなたが相続するという遺言書がありますが、他の相続人としては、自分も遺産が欲しいといえば、法定相続分の半分の限度で遺産を請求できる制度―遺留分制度―があります。
 長女や次女が、この遺留分を請求してくることもあり、その場合にはお母さんの遺産の内の一部を渡す必要がありますので、その点は頭に入れておかれるといいでしょう。

故人が相続人になれるのか。【Q&A №309】


 私の父は3人兄弟で、長男は死亡、妻は健在ですが、子供がいません。次男とその妻の2人とも死亡し、子供が一人います。三男が私の父で健在です。

 長男の名義になったままの土地があり、次男の子供から土地の名義変更のため遺産分割協議書を作成したので、私の父に署名捺印の依頼がありました。長男の遺言書はなく、また子供がいないため、兄弟にも相続権が発生するからです。

 送付されてきた遺産分割協議書によると、この土地の相続人は亡くなってる次男となっており、署名・捺印の欄は長男の妻と三男である私の父の2人だけの名前が記載されてます。相続を受ける次男の署名・捺印の欄はありません(既に死亡してるわけですから、当然署名・捺印は不可能ですが)。

 既に死亡してる人が相続人になると言う常識では考えられない遺産分割協議書の内容ですが、彼の司法書士は法的に可能とのことです。(彼は自分の父に一旦名義変更したうえで、父から自分にこの土地を相続すべく、更にもう一通の遺産分割協議書を作成してるようです)。それで質問ですが、
①亡くなってる人が、相続人になることは法的に可能?
②一般論として、遺産分割協議書は相続を受ける人がたとえ法定相続人でなくても、その人の署名・捺印も必要ではないのでしょうか?

以上につき、宜しくお願いします。

記載内容  故人 数次相続 死者に相続させる 遺産分割協議書

(Blue)


【死亡した次男も遺産を相続することができる】
 長男が死亡した時点で、次男が生存していたのであれば、次男は相続人になります。
 従って、長男の遺産分割について次男が遺産である土地を相続することは可能です。
 遺産分割協議時点では次男が死亡していても、長男の相続の関係では一旦、次男に相続させ、その後、次男の相続問題を解決するという2段階の処理も可能であり、今回の場合には司法書士はそのような処理を考えているものと思われます。
 なお、参考までにいえば、長男が死亡する前に次男が死亡していたのであれば、次男が相続人になる余地はありません(次男の子供が代襲相続人になります)ので、今回のような次男に土地を相続させることはできないという結論になります。

【遺産分割協議書の署名は相続人全員の署名・捺印が必要】
 遺産分割協議書は相続人の全員の署名・捺印が必要です。
 今回の質問のケースでは、「署名・捺印の欄は長男の妻と三男である私の父の2人だけの名前が記載」されており、署名・捺印欄には次男の欄がなかったということですが、これについては後から次男の署名・捺印の補充をすれば遺産分割協議書は有効になります。
 なお、署名捺印するのは、本来は次男ですが、ご指摘のとおり次男が死亡していて署名・捺印ができませんので、

①次男の相続人(長男が死亡後に次男が死んだ場合。具体的には配偶者である次男の妻及び子供。但し、妻が次男より先に死亡していた場合には子供)
②又は次男の代襲相続人(長男が死亡する前に次男が死亡した場合。具体的には次男の子供)

が署名・捺印すれば協議書は有効になります。

参考までに言えば、遺産分割協議書は1通あれば、それで登記ができます。

遺言で遺産全部を取得する者がいる場合の遺産分割協議の当事者は誰か【Q&A №270】


 妻Aが平成20年死亡し、相続手続きをしないまま、夫Bが平成23年死亡しました。AB夫婦には子供がいないため、Bは公正証書遺言で、姪っ子X(だいしゅう相続人)に自分の財産のすべてを相続させる旨の遺言を残していました。

 Aの法定相続人は、亡Bと兄弟2名がいます。この場合、Aに関する遺産分割協議には、兄弟2名のほか、亡Bが全てを相続させるとしたXの3名で良いのでしょうか?
 それとも、亡Bの法定相続人十数名が亡Bの相続人としてBの遺産分割協議に出席しなければならないのでしょうか?
 教えてください。

記載内容  数次相続 公正証書遺言

(りょうちゃん)


【Aの遺産分割は、その相続人全員でする必要がある】
 妻Aの死亡により、夫BとAの兄弟2名の計3名が相続人となります。
 ところが、Aの相続人である夫Bが死亡し、その遺産分割協議をするというのであれば、Bの相続人全員(代襲相続人であるXも、もちろん参加する)が参加する必要があります。
 なぜなら、遺産分割協議は相続人全員でするものだからです。
 姪のXは、遺言でBの遺産全部を相続するのですが、Bの遺産について《遺産分割協議をする》ということになると、どうしても相続人全員で遺産分割協議をする必要があります。

【遺産分割協議が成立しない場合】
 遺言で姪のXにBの遺産全部を相続させるということになったのですから、Bの遺産の中にある《Aの配偶者として相続する権利義務》は全てXが引き継ぎます。
 そのため、姪のXが遺産分割手続への参加を拒否するか、分割協議が成立しない場合には、Bの遺産は全部、遺言により姪Xが相続することになります(なお、Bの他の相続人については、Xに対して遺留分減殺請求をすることができる場合があります)。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ