s
大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

★父と母が相次いでなくなった場合の対処【Q&A №239】 0239


 

【質問の要旨】

父死亡後に母死亡。
不動産における亡父の名義分の無償譲渡は可能か?

【ご質問内容】

 8年ほど前に父を亡くしました、その際は気が動転していたことも有り、私と父で建てた家の所有分まで気が回らずに居ました、
 この程、母を亡くし、建てた家の名義などについてどのように行った方が良いのかを教えていただきたいのです。
 子供は私を含めて2名となります、8年ほど前に亡くなった時点の父の持ち分は2割となっています、
 母が亡くなった時点で、無償譲渡という形で父名義分の2割をすべて渡すからという話になりつつありますが法律的には可能なのでしょうか

弟は自分も家を持っているし、お金も払っていなかった、病気の両親の面倒も見ていなかったので無償譲渡をしたいと言ってくれていますが、8年前に亡くなっている父の名義である分なので無償譲渡が可能なことなのかが不明です、可能なのでしょうか。

又はどのような形になるのかを解説していただけませんか、よろしくお願いいたします。

(亡くした母は偉大だと思う)


【現在の法定相続分について】

今回のように、父と母の相続が二つ重なっていることを数次相続と言いますが、このような場合でも通常の相続と同じように遺産分割が可能です。
遺産分割には、期間制限はありませんので、8年前に亡くなっている父の相続であろうと関係はありません。
父の遺産については、その相続開始時点では、法定相続分にしたがって、母が2分の1、子供たちがそれぞれ4分の1ずつを相続していました。
ただ、その後母が亡くなったことにより、母が父から相続した2分の1についても、あなた方子供たちが、法定相続分にしたがって、2分の1ずつ相続することになります(母からの相続分は2分の1の2分の1なので、4分の1になります)。
その結果、あなた方の現時点での相続分は次のとおりとなります。
父からの相続分・・各4分の1
母が死亡したことにより発生する父の遺産の法定相続分・・各4分の1
結局、あなたとしては、父から得た遺産の4分の1と、母経由で得た父の財産の4分の1の合算である、合計2分の1の法定相続分を持つことになり、弟も同様の持分を持ちます。

【父の遺産分割協議書の作成について】

弟が、遺産のうち、家に対する父の持分について、あなたに無償譲渡すると言ってくれるのなら、その旨の遺産分割協議書を作成すればいいでしょう。
この場合、署名するのはあなたと弟になりますが、あなたと弟が、家に対する父の持分を相続する際には、上記で述べた通り、父から相続した分と、母を経由して相続した分とがありますので、父の遺産分割の際の署名は、それがわかるように記載する必要があります。
①  あなたが記載する部分
被相続人○○○○(父)相続人
被相続人○○○○(父)の相続人××××(母)の相続人
            △△△△(あなたの署名)
② 弟が記載する部分
被相続人○○○○(父)相続人
被相続人○○○○(父)の相続人××××(母)の相続人
            ※※※※(弟の署名)
なお、母の財産については、別途、母の相続人であるあなたと弟の2人で、遺産分割協議書を作成する必要があります。

【登記手続きについて】

問題の無償譲渡ですが、厳密にはあなたから弟への贈与ではなく、父の遺産の分割の問題に過ぎませんので、贈与税等は課税されませんし、登記も相続を原因とする登記になります。
但し、金額によっては、相続税がかかる場合もありますので、お近くの税理士にご相談ください。
弟との意見が一致しているのであれば、お近くの司法書士の先生などにご相談いただき、相続登記に必要な書類(遺産分割協議書や登記手続き書類)などを作ってほしいと依頼すればよいでしょう。


20年以上前の約束は有効か【Q&A №124】 0124


 私の父が祖父から譲り受けた土地(名義が父)に約30年前に家を建て、祖父母、父、母、私と弟で住んでいましたが、私と弟は後結婚して家を離れ、祖父母が亡くなり、そして昨年父が亡くなり母一人となりました。
 父が家を建てて数年後、祖父母が自分達の生活費が無くなり、父と叔父二人(父の弟)が月々同じ額を祖父母に渡すということを決めた時点で、「祖父母の死後にこの土地と家を売り、そのお金を父と二人の弟と三等分する。」という書き物に三人が署名しました。その後父が電話で二人の弟に「先に自分達の住むマンションを買ってから、その残りを三等分する。」ということを伝え、添え書きしてあるようです。
 祖父母が亡くなって約20年たった現在も実行に移されていません。(父は当時しぶしぶ署名しました。)  しかし父が亡くなったのをきっかけに、他の皆が元気な間にそろそろこの土地と家の処分をという意見が親戚の間で出ていますが、当時父と叔父達が署名した書き物は有効なのでしょうか。(25年くらいたっています。) 父のお金で建てた家に祖父母も住んでいたのに、母は売却金の三分の一しかもらえないのでしょうか。
 母は死ぬまで家に残りたいのが本音です。不動産の安いこの頃、手に入る三分の一のお金では小さいマンションのも買えない状況です。
 親戚同士の話し合いでは解決しない状況です。どうぞよろしくお願い致します。

記載内容  時効 期限 中断

(まり)


【約束の内容が問題となります】
 お父さんとその弟さんらの間での当初の約束(合意)内容は、「お父さん名義の土地建物を売って、代金を兄弟3人で分割しよう。ただし、それは祖父母が死亡してからだ。」というものだと思われます。
 この約束で、弟さんはあなたのお父さんに対して売却代金の3分の1ずつを支払えという権利を持つことになります。

【添え書きの効力】
 お父さんが電話で伝えた添え書きがあるようですが、この添え書きの有効性(効力)が問題となります。
 添え書きの内容について、弟さんらは同意したのでしょうか。
 もし、同意をしたのであれば、売却代金から、新たに買うマンションの代金を引いて、残った額を分けるということになります。
 しかし、それでは、弟さんの取り分がなくなる可能性がありますので、お父さんの電話だけで弟さんらが簡単に納得したとは考えにくいです。
 添え書きの内容や記載の仕方をみないとわかりませんが、お父さんと弟さんらが合意したとははっきりと記載されていなければ、添え書きの効力が認められない可能性があります。

【時効の主張ができるかもしれませんが、時効が中断して完成していないこともあります】
 「祖父母が死亡したら売る」という、いつ到来するかわからない期限が付いた約束のことを、「不確定期限付の約束」と言います。
 不確定期限付の約束の場合、その期限が来た(=祖父母が死亡した)時点から10年で、弟さんらの請求する権利は時効消滅します。
 今回の場合、祖父母が亡くなった時から約20年が過ぎているのですから、時効が完成している可能性があります。
 この場合、もはやお母様(厳密にはお父様の相続人全員)は、土地建物を売却する義務がなくなり、今後もそのまま住み続けることができると思われます。
 ただ、お父様やお母様(相続人)が、過去の弟(叔父)さんらとの話し合いの中で土地建物を売却する義務を認めるような言動をしていたのであれば、それ時点で、それまで進行していた時効期間が吹き飛んでしまうことがあります(時効の中断といいます)。
 もしそのような行動を取っておられないのであれば、早急に弁護士に依頼し、お母様を弟(叔父)さんらの矢面に立たせないよう配慮することが必要でしょう。

【早期に弁護士に依頼されることをお勧めします】
 時効で消滅したといっても、弟さんらは決して納得しないでしょう。
 専門的な法律論争が必要なケースであり、専門家である弁護士が必要です。
 弁護士に相談し、その弁護士が信頼できるのであれば、早期に事件を委任し、交渉してもらうのが望ましいでしょう。

※弁護士を探すなら・・日弁連 弁護士会の法律相談法テラス


あなたは

番目の来場者です

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ