大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

遺言書の検認を受けてからするべきこと【Q&A №430】


 昨年母親が亡くなりました。
 父親は十数年前にすでに他界しております。
 私には姉が一人おります。
 姉は現在社会人、大学生2人の娘と夫の5人家族で私のほうは小学6年生の息子と主人の3人家族です。
 母の病院の付き添いなどの面倒は主に姉が行ってきました。
 私の方は育児期が重なり主に週末など行ける時に息子の顔を見せに行くという形で関わってきました。
 母が亡くなってから姉より、実は数年前に母から遺言状をもらっていたと聞かされました。
 もらう際、「財産は全部あなたに」といった内容の遺言状であると聞かされながらもらったそうです。
 そうはいっても、ということで一度は財産は等分にしようということになったのですが、実家の片付けをする過程で意見の不一致などが重なってきたところで「やっぱり検認するから」といわれ手続きにかかっているそうです。
 姉はそれまでにも母より子供の学費や生活費の援助を相当額うけていましたし、もっと遡れば子供の幼少期には母は定期を買って足しげく姉のところに通い面倒をみておりました。
 つまり、過去からずっと持ちつ持たれつの関係でした。
 私の方は子供の頃から冷遇、姉は母の愛情を一身に受けておりました。
 悔しくてなりません。
 遺言状の存在を知りながら教えてもらえなかったこと、姉が生前に受けてきた恩恵。
 最後にとどめの一発、どう考えたらよいのでしょうか。
 自分の尊厳を守りぬく方法を教えてください。

記載内容  秘密 自筆遺言書 検認 遺留分 特別受益

(みなしごはっち)


【まずするべきことは遺言書の確認です】
 質問では、お姉さんは遺言書があると言っておられ、検認の手続きをされる方向のようです。
 公証役場で作った公正証書遺言の場合には検認が不要ですので、遺言書は自筆でかかれた自筆証書遺言だと思われます。
 あなたとしては次の点を確認する必要があります。
①まず、本当に遺言書が存在するのかを確認する。
遺言書の内容がどのようなものかを確認する。
遺言書が有効かどうかを確認する。

 自筆証書遺言の場合、法律に定められた書式に合致しない場合には、遺言書は無効になります。
 たとえば、ワープロで作成したものは効力を持ちませんし、日付が抜けている場合も効力がありません。

【遺言書を入手して、有効性を確認する】
 自筆証書遺言の場合、お姉さんが家庭裁判所に検認の申立をします。
 裁判所は遺言書を開封し、その内容を他の法定相続人等に見せます。
 この裁判所の検認は遺言書が出てきたことを他の法定相続人に見せるというだけの手続きであり、裁判所がその遺言書が有効であるかどうかの判断はしません。
 あなたとしては遺言書の検認に際して裁判所が作成する検認調書(遺言書のコピーが付けられています)をもらい、有効な遺言書かどうかを判断されるといいでしょう。
 なお、その判断ができないというのであれば、相続に詳しい弁護士に法律相談され、遺言書が有効かどうかについての見解を聞かれるといいでしょう。

【遺言書が有効な場合の対処法】
 仮に遺言書が有効なものであり、その内容がお姉さんに遺産全部を相続させるというものであっても、あなたには、本来の法定相続分の半分(相続人があなたとお姉さんだけだとすると4分の1)の限度で遺産をもらえる遺留分減殺請求という制度があります。
 遺言書の内容を見て、あなたが全く遺産をもらえないような内容である、あるいはもらえるけれども遺産の4分の1に届かないというのであれば、遺言書を見たときから1年以内に、遺留分減殺請求通知を出されるといいでしょう。
 なお、お姉さんが、お母さんの生前にかなりの財産をもらっているような場合には、その生前にもらった分を特別受益として遺産に持ち戻すという制度があります(このような持ち戻しが認められると、あなたが遺産からもらう遺留分が増加します)。
 この遺留分や特別受益については、この相続ブログの他のQ&Aに詳しく書いておりますので参照されるといいでしょう。(相続Q&A №243Q&A №393ご参照)
 ただ、遺留分や特別受益については、法律的に難しい分野ですし、最終的には訴訟等の法的手続きが必要になる可能性も高いことから、早期に弁護士に相談、依頼することも視野に入れるといいでしょう。

 

長男が相続した不動産の賃料を母は受け取ることができるか?【Q&A №296】


 定年退職後に同居を始めた兄夫婦に頼まれて、父が「土地 建物(テナント併設)不動産を全て長男に相続させ、現金預金を妻と長女(私)に残す」という、公正証書遺言書を作成してしまいました。妻のことが心配になり、その後 自分で 「○○年○月に作成した遺言書にそって、財産を相続させます。ただし、妻の老後のために家賃収入は全て妻に相続させることにします」という自筆遺言書を作成したから、死後に出してほしいと長女の私に預けました。この後からの自筆遺言書で、不動産が長男名義になった後に、法定果実の賃料を、母はどうしたら 受け取ることができますか?
よろしくお願いします。

記載内容  賃料 遺言 管理費用 検認

(なつ)


【相続が開始すればまず、検認を】
 先に公正証書遺言があっても、その後に自筆遺言があった場合、後の自筆遺言が優先します。
 ただ、自筆遺言の場合、家庭裁判所の検認という手続をする必要がありますので、相続が開始した場合には早急に遺言検認の手配をしましょう。

【履行しなければ、負担付遺贈の取り消しを請求する】
 検認が終了したら、賃料はお母さんに渡すようにお兄さんに申し入れる必要があります。
 それでも、お兄さんが賃料をくれない場合には、相当期間を定めてお兄さんに履行を催告する書面を送付する必要があります。
 それでもなお、お兄さんが履行しない場合には、家庭裁判所にお兄さんへの負担付遺贈の遺言を取り消してもらう手続きをすることができます。

【調停などにもつれ込む可能性が高い】
 お父さんの遺言によりますと、長男の方は賃料は受け取れないにもかかわらず、テナントの賃貸に要する管理費用や固定資産税の支払いなど、賃貸人や不動産所有者として負担を余儀なくされそうです。
 長男としては納得できないと言い出す可能性が高いと思われます。
 これらの点を考慮すると、長男の方が簡単に賃料をお母さんに支払わない可能性もあります。
 本件については、遺言の検認手続きから始まり、現実の支払いまでに様々な動きがあるように思いますので、できれば早期に法律の専門家である弁護士に相談し、場合によれば委任することをお勧めします。

生前贈与・遺贈と遺留分の計算【Q&A №272】


 祖母がなくなりました。祖父は、すでに他界しています。そして祖母が亡くなる前に私の母(祖母の娘)が亡くなっていますので遺産相続人の中の一人になります。母には姉、弟がおります。
 遺産1200万のうち母の姉は500万生前贈与し、あと700万残ってますが母の姉が言うには祖母の遺言状を持っていて祖母が亡くなったら200万母の姉に渡すというものらしいです。なので、さらに200万もらうつもりだと言っています。母の弟も私に200万のみ渡すと決めているみたいです。
 私は、このまま叔母叔父のいうまま200万で納得するしかないのでしょうか。祖母は叔父と同居していました。叔父叔母は結託しており叔母は200万を後で叔父に渡し叔父500叔母500私200という企みのように思えてなりません。

記載内容  生前贈与 遺贈 検認  

(シンデレラ)


【遺贈を除いた残額を分けるしかない】
 まず、現状を整理しますと、お祖母さんの遺産1200万円の中からすでに伯母(お母さんの姉)がすでに500万円の生前贈与を受けており、遺産としての残額は700万円。そして、その700万円の内200万円がお祖母さんの遺言書により伯母さんに遺贈されると言うことであれば、遺産分割協議の対象となる遺産は500万円ということになります。
 これらの生前贈与や遺贈が特に法的に問題ないということであれば、遺産の残額である500万円を伯母さん、叔父さん(お母さんの弟)、そしてあなたの3人で分割するしかなく、あなたが相続で取得するは約167万円になります。

【遺留分の侵害もない】
 では、遺留分(遺言によっても減らすことができない最低限の相続取分割合)の侵害はないのでしょうか。
 あなたの相続分は、お母さんから引き継いだもの(代襲相続)なので、3分の1の割合となります。
 遺留分は、あなたの相続分の2分の1ですので、6分の1の割合となります。
 今回の質問では、遺留分計算の前提となる遺産総額(残額に生前贈与や遺贈の額を加えたもの)は1200万円ですから、あなたの遺留分はその6分の1である200万円ということになります。
 つまり、叔父さん(お母さんの弟)が考えているように、あなたに残額500万円のうち200万円を渡すということであれば、あなたの遺留分を侵害することもありませんので、法的にはこれ以上の請求は難しいと言えるでしょう。
 ただ、前記の内容はあくまで法の理屈を通した場合の話ですので、遺産分割協議において違う内容を合意することは自由です。

【念のために遺言の有効性を確認しておく】
 ただ、念のために遺言書が法的に有効なものかどうかは確認した方がいいでしょう。
 そのため、きちんと伯母さんから遺言書を見せてもらった上で、全文の自署、日付の記載、押印など遺言の要件を満たしているかどうかを確認しましょう(自筆遺言の有効性については過去の相続Q&Aの Q&A №50Q&A №69 などが参照になるでしょう)。
 もし、遺言書が有効なものということであれば、あなたとしては、叔父さんの言うとおり200万円で手を打つしかないでしょう。

遺留分の割合【Q&A №177】


 遺留分の内容

 先日 母が亡くなり、長男が保管していた自筆の遺言状が裁判所で検認されましたが、内容を知っているため欠席しました。内容は、母名義の不動産は全て長男に相続させる とあります。父は既に他界していて法定相続人は私達兄弟姉妹三人のみです。不動産の名義は母と私達の四人ですが、三人の遺留分の割合を教えてください。

記載内容  検認 裁判所 遺留分

(武ちゃん)


【遺留分は相続分の2分の1です】
 本件のように被相続人(お母さん)の子らだけが相続人の場合、遺留分は、法定相続分の2分の1です。
 本件では、相続人が子供3人ですので、あなたの法定相続分は3分の1ですので、その2分の1(つまり6分の1)があなたの遺留分です。
 他の兄弟についても同様に遺留分は6分の1です。

【母名義の持ち分だけが遺産です】
 質問では、お母さん名義の不動産が問題となっているようですが、遺留分は全遺産についての6分の1です。
 あなたとしても、他の兄弟としても、全遺産の6分の1を遺留分としてもらえます。
 なお、不動産がお母さんとあなた方兄弟の共有名義のようですが、この場合にはお母さんの名義の持ち分のみが遺産になります。

自筆遺言証書で預金払い戻し手続きが出来るか【Q&A №121】

 平成元年から20年間にわたり母方の祖母、叔父(母の兄)夫婦を敷地内のはなれで世話をしてきました。8年に祖母、12年に叔父が他界しました。20年に叔母がなくなりました。
葬儀は三度とも私がやりました。叔母を送り出したあと50年以上連絡の取れてない叔母の兄弟に再三連絡をし(相続のため)家財その他を処分検討してくれるよう話をしましたが、全然相手にされませんでした。あきらめて去年の暮にはなれのかたづけをしていると、遺言書が出てきました。検認申し立て中ですが、私に預金を遺贈するとの内容であれば、預金の名義変更には叔母の兄弟の書類が必要になりますか?叔母には子供はなく、遺産になりうるのは預金のみです。
叔母の兄弟やその代襲相続者には協力をお願いしても、正直期待がもてません。
よろしくお願いします。

記載内容  遺言 遺贈 検認

(歩夢)


【自筆の遺言書では検認が必要】
 公正証書遺言では、そのまま遺言書の内容を実現できますが、自筆の遺言書の場合は、家庭裁判所での遺言書の検認の手続きが必要です。
 この検認とは、相続人に対し遺言の存在及びその内容を知らせる手続きです。
 この検認の日はすべての相続人に通知されます。
 検認されたからといっても、遺言の有効性が確認されるわけではありません。
 検認された遺言書でも、無効を主張することができます。

【検認を終了した遺言書で預金をもらえるか?】
 さて、質問の回答です。
 自筆の遺言書は全文や署名等を自筆で記載するなどの有効になるための要件があります。
 これらの要件を満たしており、その内容があなたに預金を遺贈するという内容であれば、相談者は預金を取得することになります。
 ただ、自筆の遺言書については、金融機関は単独での払い戻しに応じないことが多いです。
 自筆の遺言書の場合、はたして真実のものかどうかなどを巡って紛争になることも多いからです。
 そのため、金融機関としては払い戻しを認めると他の相続人から抗議をされる場合も考えて、簡単には払い戻しに応じないのです。

【念のために確認を】
 ただ、金融機関により対応が異なる可能性があります(例えば遺言執行者がおれば、支払いを認めるというところがあるかもしれません)ので、念のためにその預金のある金融機関に確認をされるといいでしょう。
 なお、金融機関が単独での払い戻しに応じない場合には、本件では他の相続人の協力を得られないようですので、銀行を相手に預金の支払いを求める訴訟を起こす必要があります。
 この預金払渡請求訴訟の勝訴すれば、その確定判決で払戻しを受けることが出来るようになります。

相続人の連絡先が分からないときは【Q&A №87】


 父が亡くなりました。
 遺言書の検認手続きをしたいのですが、相続人の一人である長女の住所が分かりません。長女とは20年以上音信不通です。
 長女は、「親の面倒はみない」と両親に言い放って、自分から両親きょうだいとも連絡を絶ちました。
 1年前に母が亡くなった際は、親戚が、長女が唯一親しくしていた別の親戚を辿って携帯電話番号を入手して連絡をしてくれたのですが、「両親きょうだいとも縁を切っており、葬儀には行かない。今後一切連絡しないでくれ。この電話番号もきょうだいには一切言うな。」との内容でした。実際、母の葬儀には来ませんでした。
 父の葬儀の際も、その親戚が連絡をしてくれたのですが、何度かけても電話に出ませんでした。相続人である我々きょうだいは、電話番号は知りません。今後、長女の電話番号も変える、或いは変えた可能性もあります。
 検認手続きの前に長女の住所を調べておかないといけませんか?その場合、どのようにして調べればいいのでしょうか?専門家など誰かに、長女の住所を調べてもらうことはできますか?

記載内容  相続人 遺言 検認

(かもめ)


【全相続人の住所地がわからないと、遺言検認ができません】
 公正証書遺言の場合には検認の手続きは不要ですが、自筆の遺言書では家庭裁判所で遺言書の検認手続きが必要です。
 この遺言検認の開催に際しては、相続人全員に立ち会う機会を与えます。
 そのため、検認の申し立てに際しては、全相続人が把握できる戸籍・除籍謄本のみならず、検認の通知などのために相続人の住所地がわかる資料として、各相続人の住民票又は戸籍の附票を提出する必要があります。
 したがって、お姉様の住所地の記載された住民票又は戸籍附票を取り寄せし、裁判所に提出する必要があります。

【合理的な理由があれば戸籍・住民票等の取り寄せは可能です】
 他人の戸籍等を取り寄せする合理的な理由を明らかにすれば、お姉さんの戸籍の取り寄せは可能です。

 あなたの場合は、
①お父さんが死亡したこと
②お姉さんが相続人であること
③あなたも相続人であること
を説明し、裁判所で遺言検認手続に必要であることも説明して、お姉さんの本籍地あるいは住所地の役場に説明し、戸籍等を請求されるといいでしょう。

【自分でするか、弁護士に依頼するか・・】
 ただ、被相続人(お父様)の本籍地や住所地が転々としていた場合には、複数の本籍地の市役所に連絡を取らなければならず、説明や手続きにかなりの手間がかかります。
 弁護士は、その職務として戸籍や住民票を取り寄せすることができますので、相続人の調査をしてもらうことも可能です。
 手間はかけてもいいが、費用をかけたくないのなら自分で取り寄せをする。
 費用はかけてもいいが、手間はかけたくないし、早く取り寄せしたいというのなら弁護士等に依頼する。
ということで判断されるといいでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ