大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

★母の預金を横領した長男の責任【Q&A №275】


 急死した母の生前、長く母と同居していた長男が、数年前、自力歩行が困難になった母から2000万円ほどあった預金通帳を託されたのですが、認知症の兆候が出はじめたときに、全額を引き出したうえ、自分と妻の口座に入れたことが判明しました。
 長男は「母がそうしろといったからだ」と主張し、自分と妻の預金通帳は見せる必要がないといいます。

①母に対する(業務上)横領罪が成立しているのではないでしょうか。(親族相盗例の準用の点などはさておき)
②長男夫婦の行為は他の共同相続人に対する(業務上)横領罪も成立するとは言えないでしょうか。
③不当利得返還請求はできますでしょうか。

記載内容  認知症 横領罪 親族相盗例

(bluegrass)


【横領罪の成否について】
 お母さんが長男さんに預金通帳を託した趣旨がどのようなものであるかによって、横領の成否が異なってきます。
 お母さんとしては、そのままの形で預かって欲しいという趣旨であれば、長男夫婦の払い戻し及び自己の口座への入金は横領罪を構成します(但し、業務上横領ではなく、単純な横領です)。
 但し、ご質問にも記載されているように親族相盗例(親族間の窃盗などについて刑の免除など責任を減軽する法律)があるため、処罰はされません。

【他の共同相続人に対する横領罪の成否】
 お金を預けたのはお母さんですので、お母さんに対しては横領になります。
 質問の場合、横領の時点では相続が開始しておらず、他の共同相続人としては、お母さんの預金についてはなんらの権利も有していませんので、他の共同相続人に対する横領ということは考えられません。

【不当利得返還請求について】
 前記したように、お母さんの意思に反して、お兄さんが預金を自分のものにしたのであれば、当然、不当利得が発生します。
 正確に言いますと、着服時点で、お母さんがお兄さん夫婦に対して不当利得返還請求権を持つことになります。
 この請求権は相続されますので、お母さんの死亡後は、その法定相続人がその法定持分の割合に応じて返還請求権を相続することになり、その相続分に応じた請求をすることが可能になります。
 なお、念のために言えば、親族相当例は刑法上の処罰の問題であり、民事上の不当利得請求を制限するものではありませんので、各相続人が請求可能です。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ