大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

戸籍謄本の取り寄せ【Q&A №419】

yー

 遺言書の検認には相続人全員の戸籍謄本が必要だということですが、父が死んで子ども3人が相続人で、姉2りは結婚している場合は、姉のしょうだくなしでも、郵送で、兄弟でも遺言書の検認、相続のためである、として戸籍謄本をとれますか?
この場合、必要書類はなんでしょうか?

記載内容  戸籍謄本 直系親族 正当な理由

(hjhj)


【遺言書検認や相続関係確認のためなら他人の戸籍も取ることが可能】
 他人の戸籍については、原則として同一戸籍内(配偶者や子)及び直系血族(両親、祖父母、孫)であれば取り寄せ可能です。
 正当な理由があれば他の人の戸籍も取り寄せが可能です。
 遺言書の検認や相続関係確認のための取り寄せであれば、正当な理由に該当しますので取り寄せが可能です。

【必要な書類は以下の4種類です】
 郵送で戸籍を取り寄せする場合、次のような書類が必要です。
○戸籍等の取り寄せのための申請用紙(所定の事項を記載する)
 なお、この用紙は、ネットで「全国の市区町村窓口一覧」にアクセスし、入手することが可能です。
○本人確認書類
 運転免許証や住基カード、健康保険証の写しがこれに該当します。
○定額小為替
 役所に支払う料金は次のとおりであり、郵便局で定額小為替を買って同封する必要があります。

 参考までに言えば、1通あたりの料金は次のとおりです。
●戸籍謄本・戸籍抄本  450円
●除籍謄本・除籍抄本  750円
●改製原戸籍謄本・改製原戸籍抄本  750円
●戸籍附票謄本・戸籍附票抄本  100円~500円
(役所により料金が異なります)
○ 返信用封筒
 申請人の住所地にしか送付してもらえませんので、ご注意ください。

(なお、郵送ではなく窓口にて戸籍を請求する場合は、定額小為替でなく現金で支払います。また、返信用封筒は不要です。)

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ