大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

★預金の使い込みをどう立証するか【Q&A №216】


 不当利得返還請求訴訟について

 被相続人預金の預金使い込みで不当利得返還請求訴訟で、共有財産となる被相続人名義預金を配偶者相続人が利用権を行使し全て消費した場合は、他の相続人は法定金額分の返還はされないでしょうか?
 配偶者は被相続人が 入院中に預金を不当に使い込みをしており1年くらいで3000万円を生活費等に費消したと審判で主張しています。(遺産分割審判では特別受益とならないとされました)被相続人に許可なく不当に預金の引き出し、使い込みを立証できますでしょうか?ご教授の程宜しくお願い申し上げます。

記載内容  不当利得 生活費 預金 無断引き出し

(マリン)


【被相続人の預金の生前の不当取得について】
 被相続人に無断で配偶者が預金を引き出した場合、その配偶者は不当利得及び不法行為に基づきその引き出し分を被相続人に返還する義務があります。
 ただ、被相続人の医療費・介護費等に使われたことが明らかな分は返還する必要がありませんが、使途不明金や配偶者が生活費等とは無関係に費消したような場合には、その額を返還する必要があります。
 この返還請求権は、被相続人が生きている場合には被相続人自身が請求でき、被相続人が死亡した場合には、その相続人がその法定相続分に応じて返還請求できることになります。

【相手方の反論について】
 配偶者という立場であれば、ある程度の金額を生活費に使うと言うこともありえますが、それもせいぜい通常は10万~20万円程度の範囲であり、1年間で3000万円というのは多額すぎます。
 金額が多額であることや被相続人の預金通帳や印鑑を扱える配偶者という立場から考えて、配偶者が明確な使途を明らかにしない限り、配偶者が預金を取り込んだという点の証明はそれほど難しくはないでしょう。

【今後の手続きについて】
 今回の預金の引き出しは、被相続人の意志に基づくものであれば、特別受益の問題も生じますが、無断で引き出したのであれば、審判で言われているようにと特別受益にはならず、不当な引き出しとして返還請求するということになります。
 遺産分割審判をしているということのようですが、この手続きの中では、不当利得返還等を争うことはできません。
 そのため、今後、地方裁判所で不当利得等の返還請求訴訟をする必要がありますが、金額が多額であること、相手方の態度が悪質であること、手続きが素人では難しいことなどを考えれば、是非、証拠関係書類なども吟味してもらう必要があるので、早期に相続に詳しい弁護士に法律相談されるといいでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ