大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

★預り金は特別受益にあたるのか?【Q&A №136】


 母方の祖母がなくなり、母がなくなっているため叔母と伯父と私と弟での600万の遺産分割となりましたが、叔母が祖母が生前亡くなった母に10年以上も前に600万預けてあるはずだからもちろんそれを考慮にいれて、私たちは100万ずつ叔母と伯父に返済すべきだと言われました。
 母も祖母も亡くなった今誰に確認できず、伯父も伯母の言い分に異論はないようです。私と弟はこれから借金を返済していかなければならないのでしょうか?

記載内容  特別受益 預かり金 時効

(たか)


【預けてあったお金は特別受益には当たらない?】
 もし、お祖母さんがあなたのお母さんに600万円を預けていたのであれば、お祖母さんはお母さんに対して預かり金返還請求権をもつことになります。
 贈与ではないので、特別受益にはなりません。
 この預かり金返還請求権は遺産の一部になり、法定相続分どおりに叔母さんや伯父さんがそれぞれ200万円の預かり金返還債権を相続します。
 一方で、お母さんの600万円の返還債務はあなたと弟さんとに相続されていますから、あなた達はそれぞれ100万円ずつ叔母さんと伯父さんに返済する必要があり、場合によっては返還が遅れたとして遅延利息も請求されることもあります。

【本当に預かり金があったのでしょうか・・事実確認が必要です】
 そもそもその預かり金というものは実在したのでしょうか。
 叔母さんらは証拠をもっているのでしょうか。
 もし預かり金について、お母さんやお祖母さんから何も聞いていないのであれば、「預かり金があるというのなら、その証拠を見せてください」と主張されるとよいでしょう。

【消滅時効を主張できるかもしれません】
 仮に証拠があり、お母さんがお金を預かっていたとしても、既に10年以上も前のことです。
 預かり金の返還期限から10年以上も経過しているとして、時効により返還債務が消滅したとして、叔母さんらの返還請求を拒むことも可能です。
 なお、叔母さんらの態度が強硬なようであれば、専門家である弁護士に相談し、対応を協議されるといいでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ