大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

父名義で残る母の預金【Q&A №267】 0267


 

【質問の要旨】

母の生前、海外にある母名義の口座を解約し、預金を父名義の口座に入金。
母の死亡後、相続手続きは可能か。
また、それは贈与にあたるのか。

【ご質問内容

海外にあった母の預金を、母が病気のため、サインができなくなって出せなくなると困るということで、父が預かることにして、母の口座を解約して、父の名義の口座をつくりました。

3ヶ月後に母が亡くなってしまいました。
金額としては、相続税は発生しない金額です。現在も、父の名義のままです。私は、それが元々母のお金であったことを最近まで知りませんでした。そのため、母の亡くなったとき、母の預金はほとんどなかったため、特に、相続手続きなどをしていません。
父の同意が得られれば、今からでも、相続の手続きはできるのでしょうか?また、できたとして、それは贈与となるのでしょうか。ちなみに両親の子どもは私だけです。

(gungun)


【母の遺産として、半額の返還請求が可能です】
病気の母の預金口座を解約して、解約金を出し入れしやすいように、父が自身名義の預金口座に預かったという質問です。
母は父にお金を預けたので、預けたお金を返還してもらう権利があります。
この返還請求権は、母の死亡した後は、母の遺産の一つとして、あなたがその2分の1の権利を相続しますので、あなたは父に対し、父が預かったお金の2分の1の返還を求めることができます。
なお、父への返還請求権は、相続開始から10年経過すると時効消滅しますので、あまり長く放置せず、早期に請求されるといいでしょう。

【贈与ではなく、相続である】
今回のような無償で(ただで)あなたが父からお金をもらう場合、税金としては、相続税か贈与税のどちらか一方しか課税されず、両方が課税されることはありません。
今回の場合、母から父が預かったお金のうちの2分の1があなたの権利になるのは、母の死亡による遺産の相続の結果ですので、相続税が課税される場面になり、贈与税は問題になりません。
次に父からお金を回収した場合ですが、これは既に自分の権利となっている債権の回収ですので、贈与ではないため、新たな税金は発生しません。
今回、「相続税は発生しない金額」ということですので、それが正しければ、なんらの税金も課税されることはないでしょう。


あなたは

番目の来場者です

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ