大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

★父の再婚相手との遺産分割【Q&A №195】


 遺産相続

 今年父が亡くなりました。父には再婚相手がいます。(子供なし)法廷相続人は再婚相手姉と私の3人ですが 姉と私は父とは遠く離れてすんでいます。 先日土地家屋と山の名義変更をしたいから委任状を送って と連絡がありました。
 話をした方がいいと思い行きましたが 再婚相手は私は分からないの言葉ばかり・・・自分の兄弟に兄弟名義で預貯金を預けてるらしいです。
 私たちは法的なものは欲しいとおもってますが、名義を変えられた今は難しいのでしょうか?
 父の亡くなる前から預貯金は動かしてたみたいです。
 2000万弱だと思いますが 150万入った通帳を見せてきて「これしかない。」と泣きながらいいます。

記載内容  預金が少ない 先妻の子 後妻 相続人以外の名義

(ポッキーちゃん)


【先妻の子と後妻との間が、一番、トラブルが多い】
 当事務所の経験から言えば、争いが一番、激しくなるのが先妻の子どもたちと後妻さんとの間の遺産問題です。
 本件は、まさにそのような条件に当てはまります。

【遺産が少ないと思うなら、まず遺産調査を!】
 遺産の内容を聞かされて、「こんなにも少ないのか」と思われるときは、なによりもまず遺産の調査が必要です。
 今回の質問の預金の場合には、金融機関に対して、死亡時の預金残高だけではなく、過去の入出金の履歴も確認する必要があります。
( 参考カテゴリ:「遺産調査」 ・・過去の回答参照 )。
 過去の履歴で使途不明金が存在しているというのが判明すれば、その出金を誰がしたのかを、次に確認することが必要です。

【相続調査の限界・・被相続人以外の預金調査はできない】
 次の問題は、お父さんの預金が後妻さんの兄弟の名義になっている可能性があるという点です。
 相続人は、被相続人(お父さん)の預金を調査することは可能ですが、他の相続人(たとえば後妻さん)名義の預金を調査できませんし、ましてや相続人ではない後妻さんの兄弟の預金調査は到底、できません。
 本件質問のような場合には、預金の払い戻し票が後妻さんの筆跡であれば、その出金は後妻さんがしたのでしょうから、その使途は後妻さんが明らかにする必要があります。
 キャッシュカードでの出金なら、そのカードの管理を後妻さんがしていたというなら、その使途も後妻さん側で証明する必要があるということになります。
 使途がお父さんのためでないということであれば、あなたは後妻さんに不当に出金した金額を返還せよということが可能になります。

【相続に詳しい弁護士に相談をする必要がある】
 今回のような人間関係の遺産問題はほとんどが話し合いで解決せず、訴訟になります(当事務所の扱った事件についていえば、1件残らず、全てが訴訟になりました)。
 そのため、是非、早期に相続に詳しい弁護士に相談し、まず、遺産調査を依頼することをお勧めします。
 その結果、使途不明金が出てきたということであれば、今度は事件の解決を新たに弁護士に依頼するといいでしょう。

   愛知県弁護士会 (URL:http://www.aiben.jp/)

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ