大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

★相続人一人による預金情報の開示【Q&A №205】


 遺産相続

 6月に義父が亡くなり、義母と主人は早く他界しています。
 その娘が孫(娘達)に父親は借金が有るので迷惑を掛けると悪いので相続を放棄するように弁護士を依頼して少額の通帳だけのコピーを添付し書類だけを送付してきました。娘達は借金が有るのだったら叔母さんも放棄すれば良いことにプラスを独り占めしようとしている魂胆が不服です。私(嫁)には遺産相続の権利は無いのでしょうか。
 銀行の開示は相続人の一人でも出来るとインターネットで読みました。可能ですか。どうすればどうぞアドバイスを宜しくお願い致します。

記載内容  預金情報 取引履歴 相続放棄期間の延長 債務の発見

(さっちゃん)


【妻に義父の相続権はありません】
 まず、妻であるあなたに義理の父の相続権があるかどうかについて説明します。
 義父さんが先に死亡した場合であれば、あなたのご主人が相続します。
 その後、あなたのご主人が死亡したのなら、あなたはご主人の遺産を相続することになります(義父さんの遺産もその中に入っているでしょう)。
 しかし、質問の場合は、先にご主人が亡くなっていますので、亡くなったご主人の子であるあなたの娘さんたち(義父さんの孫)が相続します(これを代襲相続と言います)が、あなたには相続する権利はありません。

【今、するべきことは相続の調査・・娘さん一人で調査可能です】
 今回のようにご主人の兄弟(義父の娘さん)が相続放棄を勧めてきたが、それに不審があるというのなら、是非、義父さんの遺産の内容を調査するべきでしょう。
 まず、最初に義父の娘さんに財産が他になかったのか、又、借金の額や相手方、その裏付け証拠を求めましょう。
 これと並行して、娘さんたち(義父さんの孫)は相続人ですので、娘さんたちが金融機関に義父さんの遺産である預金情報を調査することができますので、早期に調査を実行されるといいでしょう(この方法については、本ブログの相続問題、Q&A №98 をはじめとするカテゴリ( 参考カテゴリ:「遺産調査」 )の各記事をご参照ください)。

【相続放棄が可能なのか・・】
 相続放棄は死亡を知ってから3ヶ月以内という短期間しかできませんので、6月に義父が亡くなられたということであれば、すでに相続放棄ができなくなっている可能性があります。
 ただ、万が一負債が残っている可能性も踏まえますと、債務があることを知ってから3ケ月以内は相続放棄が可能になる余地があります。
 又、今から遺産調査をすると、3ケ月以内に調査が完了することは難しい可能性が高く、そのため、予め裁判所に放棄期間の伸長申請も必要になるでしょう(家庭裁判所にこの申請書式を置いていることがあります)。
 これらの点については、家庭裁判所に聞いてもある程度のことは教えてくれますが、できれば法律の専門家である弁護士に相談されることをお勧めいたします。

債務の相続と相続放棄【Q&A №133】


 質問させて頂きます。
 兄が亡くなりましたが、財産はなく、負債のみです。 その負債は、全て滞納している市民税や、県税、国税などの公的なものです。   兄には、過去2回の結婚で、それぞれ一人ずつ、現在成人している子供がいます。 兄はその子供達とは、小さい時に分かれてから、会っていません。 子供達に兄が亡くなった事は伝えましたが、兄の負債の事は伝えていません。
 後1ヶ月で兄が亡くなってから、3ヶ月になります。 子供たちが遺産放棄をしないと、その負債は子供達へ支払い請求されるのでしょうか?   また、兄と私には、義兄弟が3人居ますが、子供たちが遺産放棄をした場合、私達4人にも支払い義務がしょうじるのでしょうか?
 子供達には迷惑をかけたくないと思っています。
 また、義兄弟も縁が無く、そのような縁のない人達にも迷惑をかけしたくないと思っています。
 お答えお待ちしています。 よろしくお願いいたしす。

記載内容  債務の相続 相続放棄の期間  相続放棄期間の延長

(ジュン)

 【借金も相続されます】
 相続人が相続するのはプラスの財産だけではありません。
 借金などのマイナスの財産も相続され、被相続人が税金などを延滞しておれば相続人が支払義務を負うことになります。

【借金の相続を免れるには相続を放棄する】
 被相続人であるお兄さんには2人の子供がいるようですが、この2人は相続人になります
 したがって、なんの手続きもしないと被相続人であるお兄さんの債務を引き継ぐことになります。
 債務の引き継ぎを免れるためには家庭裁判所に相続放棄の手続きをします(但し、この相続の放棄をするとプラスの財産も一切もらえなくなりますのでご注意ください)。

【相続放棄は相続があるのを知って3ケ月以内にする必要がある】
 相続放棄は、その放棄をしようとする相続人の方が、相続の開始があったことを知った時から、原則として3か月以内にしなければなりません。

【相続放棄の期間を延長する手続き】
 質問では、お兄さんの死亡から既に2ケ月が経過しており、放棄できる期限が後1ケ月で終了します。
 このような場合には、家庭裁判所に申し立てをすれば、3か月ほど、放棄できる期間を伸長してもらうこともできます。
 なお、本件質問では負債ばかりということですが、プラスの財産(不動産や預金など)もマイナスの財産(借金など)もあり、放棄する方がよいかという調査に時間がかかる場合などには、この延長の手続きをされるといいでしょう。

【義理の兄弟と相続】
 お兄さんの子供たちが相続放棄すると、次の順位(直系尊属)の相続人はお父さんやお母さんですので、これらの方が相続放棄するかどうかを検討する必要があります。
 もし、この直系尊属がおられない(あるいはおられても相続放棄をした)場合には、お兄さんの兄弟姉妹であるあなたが相続人なりますので、相続放棄の手続きが必要になります。
 但し、お父さんあるいはお母さんの連れ子で義兄弟がおられるなら、特にご両親のいずれかと養子縁組をしていない場合には、義兄弟はあなたのお兄さんの相続人になりませんので、相続放棄の必要はありません。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ