大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

相続分を譲渡するには【Q&A №283】


 被相続人の通帳を管理していた共同相続人が言を左右にして相続対象預貯金の詳細を明らかにしません。
 このような人間を相手にいつまでも不毛な協議を続けたくありませんので無償で相続分を譲渡して係りを一切絶ちたいと思っています。
 この場合、一方的に「君に無償で譲渡する」という文書を送り付けて終わりにしたいのですが、このような方法での譲渡は有効でしょうか。
 相手がこれを受領すれば黙示の譲渡契約が成立したとみることはできませんか。お忙しいところ恐縮ですがご教示願えれば有難いです。

記載内容  相続分譲渡 相続放棄 相続放棄期間経過

(bluegrass)


【譲渡契約書を締結する必要がある】
 相続分の譲渡を考えておられるようですが、その場合の注意点を記載しておきます。
 相続分の譲渡は、譲渡人であるあなたと、譲受人である相手方との合意ですので、《一方的に「君に無償で譲渡する」という文書を送り付け》ただけでは効力を持ちません。
 相手の同意が必要です。
 そのため、あなたと共同相続人である譲受人の署名捺印のある譲渡契約書を作成・締結する必要があります。

【相続債務の支払いを明記する】
 被相続人の負債はないのかもしれませんが、現在把握しておられない借金などが判明する可能性も否定できません。
 そのため、持分の譲渡の契約書を作成する場合、《譲渡人であるあなたの相続債務分を譲受人が支払うものとする》というような条項を記載しておくといいでしょう。

【相続債務の支払いがされなかった場合は・・】
 ただ、注意するべきことは、譲受人があなたの相続債務分を支払わなかったときには、債権者としては、あなたに債務の支払請求をしてくる可能性があるということです。
 相続人間で債務の支払責任を移転しても、それは相続人間で勝手にしたことであって、債権者としてはあなたに対して、法定相続分に応じた債務の支払いを請求することができます。

【3ケ月間の相続放棄期間が経過していた場合の処置】
 債務を請求されないための方策としては相続放棄が望ましいでしょう。
 相続放棄期間(相続開始を知って3ケ月以内)を過ぎていても、新たに多額の債務の存在が明らかになった場合には、その時点から3ケ月以内に相続放棄の手続きが可能です。持分の譲渡だけではなく、相続放棄も視野に入れて、今後の対応を検討されるといいでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ