大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

生前に引き継いだ保険は遺産か?【Q&A №147】


 義理の父の話ですがH6年に実の姉から保険を引き継いだそうです。その保険は簡易保険で当時は実姉が契約者、受取人も実姉の契約でした。
 体をこわし実家に入ることになったのをきっかけに、その保険を義父と2人の子供(私の旦那と姉)名義に変更して一部引き継いだそうです。当時は面倒な手続きはなかったみたいで、実姉が書いたメモに「保険を義父にまかせます」と書かれ、署名、押印されているのが残っています。とっくに満期がきて、旦那の学費等に使ったそうです。郵便局にも確認しましたが、当時の書類は残っていないと思われます。
 昨年12月、実姉が亡くなり、遺産相続の話になったとき、実姉と同居していた実家の兄が、その保険も遺産対象になるからすべて返せと言ってきました。それって返す必要ありますか??すでに義父名義になった保険で、しかもとっくに満期になったものです。おかしくないですか?私はそう思うのですが・・・。これも生前贈与に該当しますか?実姉は義父と仲が良く今までお世話になったから・・と保険の引継を申出てくれたそうです。
 ちなみに、その実兄家族は、実姉と同居はしていましたが、実姉が施設暮らしをしている間に姉のお金で家をリフォームしたり、車を買ったりしていたみたいです。(実家の隣に住むもう1人の兄も証言しています)そのお金は遺産対象にならないのでしょうか。教えてください。

記載内容  簡易保険 生前贈与 不正出金 特別受益

(ミニー)


【生前贈与の扱い・・・特別受益】
 満期が来た保険金をもらえば生前贈与になります。
 この場合、贈与で財産を取得したのであり、その分はもらった人の財産であり、遺産にはなりません。
 しかし、生活費や住宅資金など生計の資本のため、生前に相続人が贈与を受けた場合には、遺産を先取りしたようなものと評価される場合があります。
 《特別受益》という制度です。
 本件の簡易保険については、贈与の趣旨・経緯を詳しく確認する必要はありますが、遺産(《みなし相続財産》といいます)とみなされ、相続財産に算入される可能性が高いと考えられます。

【保険を途中で引き継いだ場合】
 質問の場合、簡易保険を途中で引き継いだということですから、贈与後の保険料はおそらくお義父さんが支払っていたのでしょう。
 そのため、贈与になるのは、名義変更時点の解約返戻金額ということになるでしょう。

【リフォーム代なども遺産となる可能性があります】
 同居の兄弟といえども、お姉さんのお金を無断で引き出し自分のために使うことはできません。
 もし、無断で使用したというのなら、不法行為あるいは不当利得になり、お姉さんは同居していた実家のお兄さんに対して、使用した金額の返還請求ができます。
 この請求する権利は遺産の一部であり、相続人はその相続分に応じて、お兄さんに返還請求ができます。
 ただ、お兄さんとしては、「家のリフォーム代や車はすべてお姉さんのために使ったのだ」などと反論をしてくる可能性があります。
 将来の紛争や訴訟に備えて、引き出されたお金の使途やお姉さんの同意の有無についての証拠(領収書や贈与契約書など)を収集し、なければお兄さんにその関係の資料の提出を求めておくべきでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ