大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

父親の介護と遺産に関する約束【Q&A №535】


【質問の要旨】
父親の施設の入所代、病院代などについては半分が長男、亡くなったら全額長男と言われて困っている

記載内容 介護 扶養 約束

【ご質問内容】
静岡に住んでいる主人の父親(81)の話ですが、私達は結婚してから横浜住まいです。
夏に子どもを連れて遊びに行くぐらいでした。
主人は長男なのですが、母親の連れ子で姉2人父親の連れ子で、主人と妹(音信不通)今の両親で一男一女(一男は死亡)の家族構成なのです。
今まで両親は2人でアパートに住んでいましたが、何年か前だと思いますが、2人共介護が必要になったみたいです。
2人の仲も悪くなったようで、父親は年金で施設、母親は姉の家に連れていきました。
今になって父親とは他人なので、通帳も印鑑も渡すので、こちらで面倒をみろというのです。
私達も近くて、金銭的な余裕があれば見てあげたいですが、とても見てあげられない状況です。
施設の入所代、病院代、などは半分が長男。
何かあって父親が亡くなったら、全額長男。
父親は退職金も入っていたと思うし、わが家も経済的に無理だし、いままでの生活がまるでわからないので、どうしたらいいかわかりません

助けて下さい。

(なな)


【相続については相続放棄も考えておく】
本件で相続に関するのは《施設の入所代、病院代、などは半分が長男。何かあって父親が亡くなったら、全額長男。》とある点です。
お父さんの死亡時点で施設費の未払料金や借金等の債務等が存在する場合、遺産と債務を比較し、債務が多いようであれば、相続放棄ができます。
相続放棄すると、遺産を受け取ることはできませんが、債務の支払いもする必要が無くなります。
相続放棄はお父さんが亡くなり、相続が開始したことを知った日から3ケ月以内に家庭裁判所に申立する必要があります(詳しくは当ブログQ&A №455などをご参照ください)。

【今、するべきことについて・・ご主人には扶養義務がある】
それ以外の質問に書かれていることは相続問題ではありません。
ただ、お困りのようですので、簡単にコメントを付しておきます。
まず、ご主人はお父さんの子であるので、お父さんを扶養する義務があります。
ただ、ご主人が経済的なゆとりがないというのであれば、如何ともしがたいので、義務を尽くすことができないと回答するしかないでしょう。
もし、私が今回の相談を受ければ次のようなアドバイスをするでしょう。

①《お父さん》の心身の状態を確認する。
最初に《お父さん》が自分で物事を判断できるような状態なのかどうか、身体的にどのような状態なのかという、心身の状態を確認する必要があります。
判断能力がないのであれば、成年後見人を選任するということも考える必要があります。
この点は、施設に入っているということですので、施設に事情を説明して、教えてもらうことができると思います。

②《お父さん》の財産を確認する。
次に、《お父さん》の財産を次の3つの面から確認する必要があります。
・現在の月々の年金分などの入金分と施設の使用料との出金分の収支の内容、差額を確認する。
・次に《お父さん》の財産(不動産や預貯金、借金)として何があるかを確認する。
・更に過去にどれだけの金銭が動いているのか(退職金がどうなったのか、預貯金からの引き出しはどうなっているのか)を確認する。
これらの確認は、これまで財産を管理していた人に対して教えてもらうことになります。

③判断をする。
以上の確認をした上で、ご主人が扶養義務を尽くすことができるのか、できるとしてどのような形でしていくのかを判断する。

上記①~③の調査をしていけば、どうしてもお父さんの面倒を見るという方向になってしまいますが、その時でもできないことはできないとはっきりと述べる勇気が必要でしょう。

(弁護士 大澤龍司)

口頭による遺産分割協議の効力【Q&A №520】

【質問の要旨】
口頭で不動産の相続に合意したが、登記に応じてくれない

記載内容  口頭 約束 登記

【ご質問内容】
5年前親が死んで、貯金は500万円 姉が相続し、親と同居していたわたしは、家と土地、畑を相続するということで合意しました
それは口頭で合意したもので、遺産分割協議書はつくってませんでした
ところが、登記名義を私に変更しようと思い、姉にいったら、それに協力してくれません。
1.姉にたいして、相続登記に協力せよ、という裁判はおこせるのでしょうか
その場合、私のほうで、立証しなければいけないことはありますか?
2.また、家裁に遺産分割協議をわたしが、申請した場合、どうなるのでしょうか
家裁はすでに、遺産分割協議は終了している、と判断して受け付けてもらえないのでしょうか?
それとも、私の主張とおり、私への名義変更がみとめられるのでしょうか?
それとも、遺産分割協議をやりなおして、民法の法定相続分とおりの判断がなされるのでしょうか?
この場合、不動産価格が3000、万円ぐらいなので、私に不利となります。

(dfhfgj)


【相続登記を求めて訴訟はできるが・・】
お姉さんを被告にして、遺産である不動産を私の単独名義に移転登記せよとの訴訟を起こすことは可能です。
問題は、勝訴するかどうかです。

【あなたが不動産を相続することの合意の証明責任がある】
遺産分割協議については、通常の場合、分割内容を記載した書面を作成し、かつ実印を押捺して、印鑑証明書を添付します。
口頭で合意ができないわけではありませんが、《言った、言わない》という議論になること及び遺産という多額の財産の分配のことですので、実印を押捺した書面を作成するのです。
今回の場合、お姉さんが合意書作成に応じなかったこと、又、相続登記に協力しないようであることを見ると、裁判でそんな合意はなかったと争うことは間違いないでしょう。
その場合、あなたとしては《不動産をあなたに相続させるとの合意》が間違いなくあったという点を証明する必要があります
質問から受ける感じから言えば、なかなか証明は難しそうです。
合意の証明ができない限り、裁判はあなたが負けることになります。

【調停の場合も、合意をお姉さんが認めないと法定相続分で・・】
裁判と異なり、家裁での遺産分割調停は話し合いです。
しかし、お姉さんが不動産をあなたに相続させるという合意があったことを認めてくれない限り、調停でもあなたの主張する遺産分割協議を前提としての話し合いはむずかしいでしょう。
結局、法定相続分を基準としての調停が進む可能性が高いという結論になります。

(弁護士 大澤龍司)

全財産を生前贈与した兄の相続【Q&A №277】


 兄が2年前に胆のうがんで余命宣告され、今年の1月に亡くなったのですが、2年の間に兄の妻が名義変更を兄にせまり、土地や預貯金の名義を全て、兄の妻名義に変更しました。

 兄には子供がいないのですが、生前の名義変更のため、兄弟への相続はないと考えるしかないでしょうか?

 また、故祖父名義の土地と家があるのですが、兄が生きている時は兄が権利書等を管理していて、口頭で、亡くなった後は私に任せると兄の妻の前で言っていたのですが、兄の妻は今になって聞いていないといって、祖父母の位牌や権利書を渡してくれません。いつまでも空き家にしておくのも近所の方に心配されているので、何とか早期解決したいのですが・・・方法はあるのでしょうか?

記載内容  判断能力 生前贈与 約束 口頭

(みっちゃん)


【全財産の生前贈与の場合、兄弟の相続権はない】
 遺産分割は被相続人が死亡時点に所有していた財産について、それを引き継ぐ人間を決めるというものです。
 本件質問のように、お兄さんがその財産全部を、奥さんに生前贈与した場合、その財産は相続の対象にはなりませんので、あなたとしては相続するべき財産がないということになります。
 なお、死亡直前の生前贈与ですので、遺留分減殺請求ができそうですが、残念ながら被相続人の兄弟には遺留分は認められておりません。
 結局、あなたとしては預貯金の生前贈与に対して、相続分割については対象となる財産がなく、遺留分請求も認められないために、打つべき方策がないということになります。

【祖父名義の土地建物の贈与の証明ができるか・・】
 お祖父さん名義の土地と家については、その相続人が相続します。
 そのため、本来ならあなた方のお父さんやおじさんやおばさんが相続人となりますが、今回の質問ではこのような点の記載がありませんので、お祖父さんの不動産の相続人はあなたとお兄さんだけであるとして回答します。
 お兄さんが≪口頭で、亡くなった後は私に任せる≫と言っておられたようですが、この趣旨を贈与だと理解できるのであれば、お兄さんの死亡を条件としての贈与だということになります。
 その前提で考えると、贈与が認められた場合には、お兄さんの死亡後は、その不動産のうち、お兄さんの有する持ち分はあなたが取得することになります。

【問題は、贈与を証明できるか・・】
 しかし、お兄さんの前記発言があったことや、その発言の趣旨が贈与であるということは、あなたの方で証明する必要があり、それができないと贈与は認められません。
 贈与に関する書面などは全くなく、お兄さんの奥さんが、お兄さんの発言を否定しているのであれば、証明は難しいのではないでしょうか。
 お兄さんの相続人が、あなたとお兄さんの奥さんであるとすれば、あなたとしては、お兄さんの奥さんと話し合いをして、この土地と家をどう引き継ぐのかについて合意しない限り、名義を換えることはできませんし、売却もできないでしょう。
 奥さんとの話し合いをするのが最も早い解決ですが、それが困難であるとすれば、お祖父さんの遺産について、その分割についての調停の申立てをし、家庭裁判所で調停委員に入ってもらって、問題を解決するのがいいでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ