大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

★遺言が2つ出てきたらどちらが有効か【Q&A №69】


 1通目の遺言書には押印がなく無効であると判断されました。(本人直筆作成)
 2通目の遺言書がありました。それも直筆での作成であり、日付はその1通目の遺言書よりも、約1か月前に作成されたもので、その遺言書には押印がしてあります。
その場合、2通目の遺言書が有効になるのでしょうか。

記載内容  自筆証書遺言 署名押印 遺産分割

(こまったさん)


【押印のない遺言書は無効です】
 遺言する本人が直筆で作成する遺言書を自筆証書遺言といいます。
 自筆証書遺言は、その全文、日付、氏名を遺言者本人が直筆で書き、印鑑を押さなければ、法律上の遺言書としての効力はありません。
 1通目には押印がないということですので、遺言書が有効になるための法律上の要件を満たしておらず、その効力はありません。
 2通目の遺言書には押印があるということですので、遺言書の全文、日付や氏名が自書されているのなら、法律上は有効な遺言となります。
 遺言書が2通あった場合、後に作成されたものが、遺言書としての効力を持ちます。
 ただ、本件の場合は遺言書は2通あったということですが、そのうち、1通が要件を欠いているということですので、もう1通の要件を充たした遺言書が効力を持つのはやむをえないでしょう。

【1通目の遺言書の内容にしたい場合は分割協議で・・】
 なお、有効な遺言書があっても、相続人間の全員が同意して、遺言書とは異なる内容の遺産分割協議をすることもできます。
 押印のない1通目の遺言書の内容にしたいというのなら、相続人間で協議されるといいでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ