大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

預貯金の使い込みを疑われた【Q&A №118】 0118

私は三女です。

 

兄と姉二人がいます。

 

母と父の預金の管理をだれにも口頭しないよう母から頼まれて、平成20年に父が亡くなり預金を公表した所、「少なすぎる、使い込みした、勝手にもっていかれた」と母から告訴されました。

 

裁判では仲の悪い姉(次女)とのやり取りで、使途不明金を500万払えと云われました。

 

簡単な家計簿はありますし、使い込みは1円もしていないです。

 

親子の間柄で、領収書もなく途方にくれています。

 

裁判官にはどういう判決になるのか不安です。

(ゆりこ)
 

【ご質問の内容】

 


今回の相談は、相談者の方がその父や母の預金通帳等を預かり、そこから父らの生活費など必要な金銭を預金から出金していたという前提で回答します。

 

【裁判になっているのであれば・・】

 


現在裁判になっているようですが、弁護士に依頼されているのでしょうか。

 


もし、弁護士に依頼されていないのなら、話の内容からも、金額の多さからしても、是非、訴訟の専門家である弁護士に依頼した方が良いでしょう。

 

【どんな点が問題となるか】

 


出金の仕方が一つのポイントになります。

 


毎月、ほぼ一定額を出しており、その金額が10万円から20万円程度であれば、生活費とされる可能性が高いです。

 


しかし、一挙に100万円近くを、ばらばらの時期に出しているというのなら、それは生活費ではなく、他の用途に使ったのだろうと言われそうです。

 


使途不明金が500万円ということで、生活費以外に高額の出金があったのであれば、その出金を何のために使ったのか、思い出す必要があります。

 


又、裏付証拠として請求書や領収書なども探しておく必要があります。

 


あなたの依頼した弁護士に裏付証拠を見せ、根気よく生活費として使ったことを訴え続ければ、あなたにとって、よい判決が出る可能性が高まるでしょう。

 


あなたは

番目の来場者です

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ