大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

亡き母に代わって父の遺留分を請求できないか【Q&A №183】


 遺留分減殺請求前に亡くなった場合  家族は父、母、姉、私の4人です。父が亡くなり、私は姉に遺留分減殺請求をする予定です。
 母は、父が亡くなってから3ヶ月後に亡くなりましたが、遺言書はありませんでした。父が亡くなった時点で母は要介護度5で配偶者として娘に遺留分減殺請求を行うことはできませんでした。
 このような場合、母の遺留分減殺請求分はどうなるのでしょうか。母の遺留分減殺請求分の一部を私が姉に対して主張することはできないのでしょうか。
 回答よろしくお願い致します。

記載内容  数次相続 要介護状態 時効

(プラン)


【遺留分減殺請求権も相続される】
 亡くなったお父さんの遺言書に《財産は姉に相続させる》旨の記載がある場合、他の相続人の遺留分が侵害されます。
 今回のケースではあなたの遺留分も侵害されますが、お母さんの遺留分も侵害されることになります。
 そのため、お母さんがお姉さんに対し遺留分減殺請求をすることが可能です。
 ただ、今回のケースではお母さんが遺留分減殺請求前に亡くなったので、このお母さんが有していた遺留分請求権が相続されるのかどうかが問題になります。
 この点については、民法で承継されることを前提とした条文がありますので、遺留分減殺請求権は相続の対象になります。
 その結果、あなたは、お母さんの遺留分のうち、2分の1の権利を相続で取得することになります。

【減殺請求はできるだけ早くする】
 遺留分減殺請求は、遺留分の侵害があったことを知ったとき(通常は遺言書を見たとき)から1年以内に行う必要があります。
 そのため、遺言書を見たときから1年以内に、お姉さんに対し内容証明郵便で減殺の意思表示をする必要があります。
 今回の質問では、お母さんが要介護5で請求ができなかったということですが、要介護の理由が認知症などの意思能力のないことを原因とするのであれば、1年間の起算期間が始まらないと考えられます。
なぜなら、お母さんがそのような状態であれば、遺留分を侵害されたことを《知った》とは到底言えないからです。
 ただ、いずれにせよ、遺留分については請求期間が限られていますので、あなた自身の分のみならず、お母さんの原生請求であなたが相続した分についてもできるだけ早く減殺請求をする必要があります。

【数次相続という複雑な問題なので、弁護士に相談する】
 遺留分減殺請求自体はそれほど難しいことではありません。
 ただ、遺留分減殺請求については、いろいろと難しい問題もありますし、本件ではお父さんとお母さんの相続が相次いで生じている(数次相続と呼びます)複雑な案件ですので、念のため、法律の専門家である弁護士に相談され、どの程度侵害されている(請求できる)のか、又、減殺請求の書面の書き方などを相談されるといいでしょう。

兵庫県弁護士会 http://www.hyogoben.or.jp//

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ