大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

亡父から借金していた兄に対する返済請求【Q&A №416】


 今年1/20に父が死亡し、次男が相続をしました。かつて何度も長兄から「財産はいらないから家を継いでくれ」と言っていた長兄が金銭の相続権を主張、法定通りそれを分割しましたが、長兄には父より借入金が有りこれを次男に請求権はあるのでしょうか?
 因みに、母は生存しており母からも融資を受けています。
 又、兄弟姉妹は全部で4人です。

記載内容  借金 混同 負債

(サンセベリア)


【貸金債権として相続し、125万円をお兄さんに請求できる】
 お兄さんがお父さんから借金をしていたのであれば、お父さんはお兄さんに貸金返還請求権と権利(債権)をもち、これがお父さんの遺産の一部になります。
 この貸金については、他の遺産と同様、相続人が法定相続分に応じて相続しますので、あなたは8分の1に相当する金125万円を返還するよう、お兄さんに請求できます。

【兄が母から借りたお金は、今回の遺産分けには関係ない】
 お兄さんはお母さんからも借り入れをしているようですが、その分はお母さんがお兄さんに貸金返還請求権を持つということになります。
 今回はお父さんの遺産分けですので、お母さんの財産とは何の関係もありません。
 将来、お母さんが死亡されたときに、その遺産分割として貸金返還請求権も遺産の一部を構成することになり、あなたはその貸金額の法定相続分に応じた金額をお兄さんに請求できるということになります。

★音信不通だった父の相続【Q&A №161】


 父が1カ月ほど前になくなりました。

 離婚した父がひと月ほど前になくなりました。父は再婚していません。私は一人娘です。
 私は両親の離婚(当時私は3歳)とともにに母方に引き取られ、それ以来父とは音信不通でした。
 10年ほど前に父と2度会いましたが、それっきりまた音信不通が今年まで続いていました。父の甥から父の死を知りました。
 叔父から2日ほど前に生命保険の委任状と死亡保険請求申込書が届きました。私が受取人になっている父が生前加入していた生命保険があるとのことで、その支払い金全部を父の家族に渡してほしいと言われました。
 なぜなら、父は生前癌のため入院費を100万ほど生命保険を担保にして何処からか借りており、葬式代は全部父の兄弟が支払ったので、ということです。保険証書を見せてほしいので、郵送してくださいと父の甥に伝えましたが、何の連絡も帰ってきません。
 遺産や借金の詳しい内容自体も電話で聞きましたが、はぐらかすような返答(別に対して何も残っていない)という答えしかもらえません。

Q1.私の方から直接保険会社に連絡を取っての証書の再発行はできるのでしょうか?
Q2.父の借金が怖いので、相続放棄しようかと考えています。しかし今日本に住んでいません。海外から相続放棄できますか?
Q3.父の生前の資産と借金を私が調べる方法はありませんか?

私が今の時点で知っているのは10年前の父の住所と東京都内で商売をしていたことです。

記載内容  生命保険 負債 熟慮期間 伸長

 

(ホライゾン)


【保険証書の再発行が可能か】
 現在は、お父さんが死亡され、生命保険の支払いをしてもらえる段階ですので、保険会社が保険証書を再発行することはないと思いますし、また、再発行してもらう必要もないでしょう。
 直接、保険会社に保険内容を確認し、保険金を受け取るための必要な手続きをすることをお勧めします。
 相続人であれば契約内容の確認は可能だと思いますし、また、あなたが受取人であることが間違いないのであれば、保険会社としては照会に応じるでしょう。

【海外から相続放棄できますか?】
 相続放棄については、お父さんが死亡された地域の家庭裁判所にその申立をする必要があります。
 相続放棄の申立をした場合、その裁判所から、相続放棄がその申立をした本人の意思に間違いがないのかどうかを確認するための書面が送付されてきます。
 海外居住の方についても、家庭裁判所から放棄の意思を確認する書面が送付されてきますので、必要な回答をされるといいでしょう。
 なお、相続の放棄は、原則としてあなたがお父さんの死亡を知って3ケ月以内にする必要があります。
 もし、遺産の内容がわからないので調査したいという場合には、相続放棄の申し出期間の延長をするという手続きもありますが、この手続きもお父さんの死亡から3ケ月以内にする必要があります。

【遺産の資産と借金を調べる方法は?】
 相続人であれば、お父様の借金や預金・保険を調査することが可能です。
 但し、どの金融機関(あるいは証券会社)というだけでは照会はできず、どの支店かということまで判明している必要があります(但し、ゆうちょ銀行なら支店の特定は不要です)。
 ただ、長年音信不通で、お父さんがどこの金融機関を利用していたのかが明らかでないなら、調査は難航するでしょう。
 しかも、あなたが海外におられるのであれば、これらの手続きをするのは大変かと思いますので、日本の弁護士や司法書士など専門家に依頼するのがいいでしょう。
 なお、遺産の調査自体は郵便による照会が可能ですので、お父さんの死亡した地域の弁護士ではなくても調査が可能です。
 相続調査に詳しい弁護士に依頼することをお勧めします。

【保険金は遺産ではないということも知っておくといいでしょう】
 相続放棄をした人でも、生命保険金は受け取ることができます。
 そのため、あなたとしては、
①保険内容の確認とその支払い手続きをする。
②相続放棄の期間の伸長をする。
③延長した期間を利用して、遺産の調査をする。

という3つの手続きを迅速に進めて行く必要があります。
 その意味でも弁護士等の専門家に早期に依頼するといいでしょうし、その費用は保険金の支払い分でカバーすればいいでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ