大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

遺留分放棄申立に預金の記載は必要か【Q&A №223】


 遺留分放棄について

 遺留分放棄についておたずねします。
 私、妻ですが結婚前の預金等、持家があります。
 この度の再婚を機に子供にすべて残したいため(私の連れ子)現、主人と話し合いをしたところ遺留分放棄を書くとのことですが(遺言書は書いています)家庭裁判所に申し立てをする時の書式に預貯金を書く欄があるのですが、(持家、動産は主人も把握済み)主人は私の預貯金は知りません。知った場合は書かないかもしれません。
 一括での生前贈与は贈与税がかかるので年110万以下をやっておりますが、期間がかかりすぎます。
 預貯金を知られたくない場合で、もし書かなければ、その預貯金は放棄の対象にはならないのでしょうか?
 金額を書かずにすむ方法はないでしょうか?

記載内容  遺留分放棄 財産目録 無効

(rika0405)

【事実を記載する必要がある】
 生前の相続放棄は、法律上、認められませんが、遺留分の放棄は認められています。
 ただ、その放棄については家庭裁判所の許可が必要です。
 家庭裁判所としては、遺留分の放棄をする者(本件ではご主人)が、遺産がどの程度あるのかを知った上で、なおかつ、遺産(遺留分)は要らないという放棄の意思表示するのかを確認するために、遺産の内容を記載させるのです。

【虚偽の記載をした場合の問題点】
 裁判所としては、遺産の内容が少なかったからといって、常に裏づけ資料まで提出を求めるわけではないので、虚偽の遺産内容を記載した遺留分放棄書であっても許可されてしまう可能性はあると思います。
 ただ、あなたが死亡したとき、何らかの形で、放棄許可の遺産内容に虚偽があったことが判明した場合には、遺留分放棄が無効だという主張が出てくる可能性は残るでしょう。
 なお、念のために言えば、子供さんに生前贈与をし続けると、その分、あなたが死亡した時点での遺産内容は大幅に少なくなっていきます。その結果、放棄書記載の遺産内容と現実の遺産の内容がそれほど変わらない状態となってしまう可能性も考えられます。このような場合には、記載された遺産内容が虚偽であるとは断定できなくなるということはあるかもしれません。しかし弁護士としては、やはり、ご主人に事情を説明し、理解を得るしかないと言わざるを得ません。
 本件では、ご主人に正面から事情を説明し、子どものためであることを説得し、理解を求められるべきでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ