大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

亡叔母の通帳を施設が返してくれない【Q&A №490】


【質問の要旨】
施設の顧問弁護士が通帳を渡してくれない

記載内容  介護施設 遺品 引き取り

【ご質問内容】
先日、叔母がなくなり相続権のある私含め兄弟とのやり取りの中で資産管理は先方の施設で行っていた関係から今回、死去に伴い身元引受人の私が交渉しているのですが、
ようやく私物の方は引き取れたのですが、
本日、施設の顧問をされている弁護士さんとお会いして私と叔母との血縁がわかる戸籍等を提示して通帳等は返して頂けると思った処、
確かに相続者ではあるが銀行に提出する書類等がそろったら一緒に銀行に行きそこで渡すとの事、
尚、その際に入院費で未払いを払って頂きたいとの申し出だったのですが、
私の認識ですとすぐに凍結した口座からの入出金は難しいと思います。
又、先方様には私にご請求書頂ければお支払いしますので入金の方、確認出来てからでいいので通帳等の返却を求めたのですが責任があるとのご回答にてそれも却下されてしまいました。
これが現実的な事なのか分からず今回、ご相談させて頂きました。
お手数ですが宜しくお願い致します。

(ひでと)


【施設の顧問弁護士が通帳を渡さない理由を考える】
施設の側の立場で考えると、相続人からの私物や通帳の引き渡しの申し出を拒む理由は次の2点でしょう。
① 申し出のあった相続人に返還した場合、後日、他の相続人からクレームが出てくる可能性がある。
② 施設の利用料金等に未払い分の回収をはかる口実として、通帳等の引き渡しを拒んでいる。

【他の相続人からのクレームが理由の場合】
あなたは施設に入っていた被相続人の身元引受人ということですが、この身元引受というのは入居者に問題があったときに責任を取るべき立場であっても、被相続人の財産全部を取得するという立場ではありません。
そのため、施設側としては、被相続人の財産に関することは、相続人全員の同意を取ってきてほしいと主張することが可能です。
これは施設が相続トラブルに巻き込まれないための配慮です。
今回は、あなたに私物を返還しているようですので、これが理由とは考えにくいですが、拒否の理由がそのようなものであるなら、あなたとしては相続人全員の同意を取り付けるしかないでしょう。

【未払分の回収を考え、通帳の引き渡しを拒否している場合】
本件では、施設の顧問弁護士は未払金の回収を考えているのかもしれません。
しかし、あなたとしては通帳をもらわなくとも被相続人の預貯金がどこの支店にあるという点さえ確認できれば、その金融機関に被相続人がなくなったことを伝えて、所定の手続きすることにより、預貯金の回収が可能です。
この場合、金融機関としては、相続人が誰であるかがわかる資料として戸籍謄本や除籍謄本等の書類を求め、また、相続人全員からの実印を押捺した解約同意書あるいは代表相続人の指定及び印鑑証明書の提出を求めますが、預金通帳の提出は必須ではありません。
もし、通帳がなければ紛失したとの欄に?を入れる程度で済みます。
そのため、施設が預貯金通帳を返還しないのなら、預貯金通帳なしで遺産である預貯金を解約して、金銭の払い戻しを受け、その後、施設に未払い分を確認し、その金額を持参して、預貯金通帳の返還を受けるといいでしょう

(弁護士 大澤龍司)

遺品の処分と古い自宅の解体費用【Q&A №367】


 遺品処理の費用について、誰が持つのか教えていただきたいと思います。

 父が亡くなり、母も施設に入り、実家の2階建て全9室の部屋の遺品、不用品を、遠方に居るため約1年半かけて整理してきましたが、価値のあるものは無く、あと箪笥など大物家具が12個ほど残っています。
 この実家は、私が相続することになっていますが、まだ名義変更には至っていません。今相続手続き中です。

 実家裏に住んでいる妹は、成人した娘と2人で住んでいて、フルタイムで働いていることと、母子家庭を理由に1度も手を貸してくれませんし、もちろんお金も出してくれません。
 私が相続するのだし、いつか取り壊すのだからほっておけばよいと言っています。

 施設にいる母と処理費用の相談をしようかと思いますが、母にも少し助けてもらうことはできないのでしょうか。
 また、妹達は、片づけることや処理費用を出す義務は、まったくないのでしょうか。

 妹は、父が生前に多くの援助をしてもらっており、相続でも相当の遺産を取得しています。
 母からも家賃免除や遺言を残してもらっています。

記載内容  遺品 処理 取り壊し

(ぶんさん)


【建物とその内部にある動産とは別個の物である】
 あなたが、不動産である実家の建物を相続する場合、その中にある動産の処理費用はどうなるかという質問です。
あなたが相続するのは実家の建物ですので、その建物を取り壊す費用が必要な場合には、その費用はあなたの財産になります。
 しかし、建物内の家具などの動産は、建物とは別個のものです。
 従って、自宅を取得した相続人が、その内部にある動産をすべて取得するというものではありません。
 例えば、自宅内に絵画や磁器、陶器などの骨董がある場合、それらの動産については別途、遺産分割協議書に分割方法を記載することが必要になります。

【自宅内の動産の帰属について特に定めをしなかった場合】
 自宅内の動産については、遺産分割協議で別途協議されていないのであれば、2つの解釈があるでしょう。
 まず、不動産である自宅と動産である家具などとは別個であるので、動産については別途遺産分割協議をしなければならない、という解釈です。
 この考えなら、現在未分割の動産についての処分費用は、法定相続人が全員で負担することになりますし、又、処分するかどうかの判断も全員で決定する必要があるという結論になります。
 ただ、本件質問と同じように、動産に価値がない場合には、遺産分割協議に動産についてなんら記載しない場合も多いです。
 そのような場合には、法定相続人の意向としては、自宅と同じ処分でよい、言い換えれば自宅を取得した者がその処分費用を負担するというのが暗黙の前提となっていると考えるといいでしょう。
 現在、あなた自身が自宅内の家具等の動産を処分されているようですが、もし、あなたが家具等の動産を相続で所有しないというのなら、なぜその動産を処分することができるのか、ということにもなります。
 不服かもしれませんが、自宅と共にその中にある動産も取得したと考えて、処分費用もあなたが負担するしかないでしょう。
 なお、この前提に立つと、仮に価値のあるものが出てきたとしても、それはあなたが相続していることになります。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ