s
大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

遺産が何もない場合の特別受益による持ち戻し【Q&A №406】 0406

【質問の要旨】

・3兄弟で一人だけ1000万を贈与されている
・親が他界し相続が発生したが、遺産が何もない
・遺産ゼロの場合、贈与は持ち戻せるか?

【ご質問内容】

兄弟三人のうちの一人に対し、親が住宅取得資金という名目で1,000万円を贈与しています。
他の二人には何もありません。
その後、やがて親が他界した場合、他界した時点、つまり相続開始時において親の財産が何もない場合には、遺産分割の対象物がないということになりますし、その場合、特別受益の持ち戻しも、遺留分の減殺請求も、何もできないということになりますか?
どちらも相続開始時に遺産が存在して初めて成り立つ制度ですか?そうだとすれば、兄弟のうち一人だけが得をし、後の二人はもらえず仕舞いということになりますか?

(鎌ちゃん)

 

【生前贈与は特別受益として遺産に持ち戻される】

法定相続人に生前贈与があった場合、その分は遺産の先渡しとして扱われます。
そのため、遺産の計算する場合、生前贈与分は《特別受益》として遺産に持ち戻されます。
例えば、本件とは異なりますが、子3人が相続人であり、長男に生前贈与額が1000万円で、相続開始時の遺産が1000万円であったとした場合、次のように計算します。
現存する遺産:1000万円+贈与:1000万円=みなし相続財産:2000万円
各法定相続人に対する配分等しいので、
みなし相続財産:2000万円÷相続人数:3人=667万円(各人がもらえる額)
本来、各相続人のもらう分は667万円のはずですが、長男は1000万円を受け取っており、差額の333万円を余分にもらったことになります。
ただ、注意するべきは、特別受益は《生前に多くもらった人は遺産からはもらえませんよ》という制度であり、《生前にもらったお金を返しなさい》という制度ではないということです。
上記例では、長男は遺産からは何ももらえませんが、しかし、333万円を返還する必要もありません。
その結果、他の者は相続時の遺産を2分して、500万円ずつを相続するしかないという結論になります。

【今回のケースでの特別受益を考慮した遺産分けはどうなるか】

今回のケースでは特別受益が1000万円あり、相続時の遺産が0円ですので、みなし相続財産は1000万円になります。
各相続人の具体的な相続分は仮に相続人が3人だとすると、333万円になりますが、前項で記載したように生前に多くもらった人が返還をする制度ではありませんので、他の相続人は遺産分けとしては1円ももらえないということになります。

【特別受益という制度では、遺産がない場合の不公平はやむを得ない】

「これでは生前に多く贈与を受けた人の一人勝ちになってしまう。不公平ではないか。」というお気持ちを持たれる方が少なくないでしょう。
しかし、親が、(生存中に)3人いる子のうち、誰にどれだけの財産を贈与するかは親自身の自由なのです。
そのため、今回のように、全財産を誰か一人に贈与してしまったために他の人が遺産を取得できないという不公平は、法律上やむを得ないものと考えられています。

【遺留分減殺請求は可能】

たとえ贈与は親の自由だとしても、遺産の大部分が贈与され、他の相続人がなにも受け取れない、というのはあまりに他の相続人に酷な結果といえます。
そこで相続財産の大部分が特定の相続人に贈与されている場合、それを取り戻すための《遺留分減殺請求》という制度があります。
遺留分減殺請求という制度は、贈与を受けられなかった他の相続人のために最低限度の遺産は確保しようとするものです。
子の遺留分は法定相続分の2分の1です
そのため、贈与を受けなかった他の相続人は、本来の法定相続分の2分の1(本件では子が3人いるため、3分の1×2分の1=遺留分は各6分の1)の限度で遺留分減殺請求ができます。
本件では全財産1000万円が一人の相続人に贈与されていますので、その他の相続人は遺留分として遺産の6分の1、つまり約166万円を返還するよう請求できます。
ただ、遺留分減殺請求は、遺留分を侵害されたことを知って1年以内に意思表示をする必要がありますので、期間を経過しないようにご注意されるといいでしょう。

※相続法改正の影響
今般の相続法改正で、遺留分請求についても各種改正があり、令和元年7月1日以降に発生した相続については、特別受益は、相続前10年間になされたものに限り遺留分計算の基礎に入れることになりました。
そのため、本件質問のような事案でも、子の一人への贈与が、被相続人の死亡より10年以上前になされたものである場合には、遺留分についての請求の基礎に入れることができません。
相続法改正についての詳細は、「相続法改正9 遺留分制度に関する見直し」をご参照ください。


遺言がある時の遺留分減殺請求【Q&A №135】 0135


 父が他界し、生前姪が知り合いの司法書士に作らせた公正証書遺言が残されました。
 それによると、姪が遺言執行人。
 不動産を姪に遺贈。
 郵便貯金を父の弟に遺贈。
 銀行預金を息子である私に相続。喪主は私にと書いてありました。
 ただし父には先妻の子供が3人おり、彼らにも遺留分があると思うのです。また、葬儀費用は父の銀行預金から出すと、遺言執行人である姪は言っています。
 父には骨董の趣味があり、生前私によくその話をしてくれていたので形見として欲しいのですが、姪は遺贈された不動産マンションの中にあるものだからと権利を主張しています。
 上記のような場合、まず先妻の子供たちの遺留分は不動産や郵便・銀行全てにかかるのかどのようにすればよいのか教えていただけると幸いです。
 また、銀行預金額が不明なため、金額によっては私も姪に遺留分を請求できるのかどうか、骨董品は分けてもらえないのかも教えてください。
 よろしくお願いいたします。

記載内容  遺留分 遺留分減殺 遺言 

(瑠依)


【遺留分を請求できる人の範囲】
 遺留分は被相続人の兄弟姉妹には認められていません。
 今回の質問では、法定相続人は貴方(子)、先妻の子3人ですので遺留分が認められます。
 なお、遺留分を請求する場合には原則として被相続人の死亡から1年内に遺留分減殺の意思表示をする必要があります。

【先妻の子は遺留分減殺請求ができるかどうか・・】
 今回のケースでは、子供一人あたりの遺留分は、相続財産の8分の1(1/2×1/4)です。
 もし、先妻の子に全く相続財産が分配されない場合であれば、その人たちは各8分の1を貰えると主張することができます。
 しかし、遺言に記載されていない財産がある場合には、その財産は法定相続の割合で、法定相続人である貴方と先妻の子に相続されますので、これらの相続した財産が全遺産の8分の1以下であれば、遺留分を請求できます。

【貴方は遺留分減殺できるかどうか・・】
 貴方が相続で取得する遺産が、全遺産の8分の1以下であれば、貴方も遺留分を請求できます。

【減殺の対象は・・】
 複数の遺贈があるときは、遺留分減殺の対象はその全てについて、それぞれの遺贈の価格割合に応じて減殺しなければならないため、姪、父の弟に減殺請求する必要があります。

【骨董品の扱い】
 マンション内にある骨董品は、マンションとは全く別の財産―動産-ですので、姪の方が取得するということにはなりません。
 遺言に記載がないようですので、それらは法定相続分で各相続人が共同相続することになります。
 全相続人が話し合い、遺産分割協議で骨董品を誰に渡すのかを話し合われればよいでしょう。


あなたは

番目の来場者です

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ