大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

遺言執行人にかかる費用について【Q&A №176】


 母が残した公成証書の遺言書により実子である私に銀行預金、母の姉に郵便貯金、姪に不動産が遺贈されました。遺言執行人は姪です。遺言執行にあたり、かかったとされる費用目録が約500万円と通知され、その全てを私の相続分の銀行預金から差し引かれました。母の姉が遺贈された郵便貯金や姪からも平等にかかった費用は分割すべきだと思うのですが、仕方ないのでしょうか?遺言書にその旨の記載はありません。また遺言執行人の報酬を請求すると言われましたが、不動産を遺贈されていても執行人報酬はそれとは別に支払わなければならないのでしょうか?よろしくお願いいたします。

記載内容  遺言執行者 遺言執行費用の負担 遺言執行者の報酬

(千恵)


【執行費用500万円の確認が必要】
 執行費用が約500万円ということですが、かなりの高額です。
 不動産の相続登記に費用が必要ですが、それにしても金額が高いです。
 どうしてそのような高額な費用が必要だったのか、確認する必要があります。

【執行費用の負担は取得した相続財産の割合】
 遺言執行費用は相続財産から支出することになりますが、その費用負担は、相続人が取得する相続財産の割合に比例した額とするという裁判例があります。
 したがって、あなたの相続分である銀行預金のみから差し引くという姪の主張はおかしいということになります。

【執行者の報酬】
 遺言執行者の報酬は、遺言に記載されているときはそれによりますが、定めがない場合は家庭裁判所に申し立てて決めることになっています。
 姪が一方的に金額を決めるものではありません。
 この報酬は、相続で取得した遺産とは別に受け取ることはできますが、これも執行に必要な費用として相続人が取得する相続財産の割合に比例した額とするという結論になるでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ