大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

押印のない遺言書は有効か【Q&A №50】


 妹が死亡、遺言書があります。本人の直筆です。
 相続のことが書いてあり、最後に日付、本人の氏名まで書いてありますが、押印や母印等は押してありません。

 このような遺言書は有効なのか無効なのか教えてください。

記載内容  自筆証書遺言 遺言無効

(こまったさん)


【押印のない遺言は遺言としての効力を持ちません】
 遺言については、形式が法律で厳格に定められています。
 被相続人本人が作成する自筆証書遺言では、特にこの形式の不備で無効か否かが争われることもよくあります。
 さて、今回の問題である押印・拇印ですが、印は遺言書が有効になるために不可欠な要件として法律で明記されています(民法968条1項)。
 ご相談のように押印・拇印を欠く遺言は無効です。
 実は、今年、当事務所で相談を受けた遺産事件で、押印がされていない遺言書がありました。当方は、そのような遺言は無効であると主張して、裁判を起こし、結局、その遺言書の内容とは異なる内容の遺産分割を行いました。

【ここまで厳しくしなくとも・・・という気持ちもしますが】
 本文も署名もきちんとされているのに、単に押印を欠くだけでここまで厳しくしなくとも・・・と思われる方もおられるかもしれません。
 しかし、遺言は遺言者の最後の意思表示であり、その内容の真偽を二度と遺言を作った本人に確認することができないものです。
 又、遺言書は、その人が残した遺産という重要な財産についてのものであるため、極めて厳格な形式が求められているものです。
 なお、参考までに言えば、本文に押印がなくとも、遺言を入れてあった封筒などに署名押印があれば、封筒が遺言本文と一体のものとして、署名押印があると扱った裁判例も存在します(東京高等裁判所平成5年8月30日判決など)。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ