大澤龍司法律事務所 相続問題無料相談ブログ

相続制度見直し:配偶者に対する新優遇案【コラム】

相続制度見直し:配偶者に対する新優遇案

【配偶者に対する新優遇案が出されました】
現在の相続制度の見直しがされており、法制審議会の相続部会で審議されています。
平成29年2月28日、法務省から新たな案が出されました。
その内容は配偶者を相続上、現在より優遇しようというものです。

具体的に言うと、
①結婚から20年以上過ぎた夫婦間で
②居住用の建物や土地を
③生前贈与や遺言遺贈を受けた場合
これらの贈与や遺贈の対象の不動産を遺産の計算に含まないというものです。
贈与者あるいは遺言者としても、このような贈与等は、遺産の計算に持ち戻さない(含めない)という意思があるだろう点を根拠にする提案です。

【現在の相続制度との比較】
現在の相続制度では、亡くなった方(被相続人)と一緒に住んでいた配偶者が、これからもその家で暮らしていくために家を相続した結果、他の遺産をまったく相続できないというケースがありました。
また、自宅以外の他の財産が少ない場合には、家を相続したことによる代償金という形で、他の相続人にお金を支払う必要があるというケースもありました。
これに対して、今回の新優遇案では、自宅の贈与等を受けていても、配偶者は自宅を取得分とカウントされずに、別途、他の遺産についても自分の相続分に応じた遺産をもらえることになります。

【弁護士コメント】
残された配偶者優遇策としては法定相続分を上げるということも考えられますが、反対が多いようです。
そのため、居住用不動産に限定して配偶者を優遇しようとする考えがだされています。

たとえば、配偶者が相続開始時に被相続人所有の建物に無償で居住していた場合には、
①遺産分割により当該建物の帰属が確定するまでの間、その建物を無償で使用することができ、その間の使用料は遺産分割で取得すべき財産額に算入しないとする案や、
②終身又は一定期間、配偶者にその建物の使用を認め、長期居住権の財産的価値相当額を相続したものとして扱う(建物の所有権額よりは低額になる)という案もあります。
それらに比較すると、今回の新提案はこれらより一歩踏み込んで、残存配偶者が財産を多く取得できる方向での提案です。

ただ、
①結婚から20年以上過ぎた夫婦に限っていること
②被相続人から贈与や遺贈という積極的な行為が必要である
などの要件が必要とされています。
上記の要件が必要とされている点では、他の案よりもハードルが高くなっていますが、逆に、生前贈与や遺贈があれば、その額を遺産の計算に持戻すことなく、家の所有権を取得できるというのは、配偶者の優遇策として進んでいるといえるでしょう。
多数の賛成者があるようですので、今回の提案が立法化される可能性も高いかもしれません。

離婚した母の相続権【Q&A №233】


 土地相続できるのか?て

 父は養子で本家に嫁ぎましたが祖父母との中が悪く本家から離れ戸籍を移し新たな土地で家を購入し土地建物ともに父名義で母、子供で生活していましたが10年前に離婚し年金生活になりました。
 戸籍は離婚したけれど実際には同じ生活を送っていました。
 事情があり母は本家には戻れなかったみたいで…
 母の住民票には妻ではなく同居人となってます。私の住民票には子3人で生活していましたが先日、父が亡くなり一体誰の物になるのか?
 分からなくて質問させてもらいました。
 離婚の時、子供は成人し慰謝料などなし。遺言書もなし。
 貯金も葬儀代でなくなりました。
 母はここで生活出来るのでしょうか?普通なら母に相続ですが…

記載内容  離婚 同居者 内縁 配偶者

 

(まきまき)


【離婚した妻には相続権がない】
 お父さんが死亡した場合には、その相続人は配偶者と子供です。
 ただ、この配偶者というのは戸籍に記載されている人です。
 離婚した配偶者(今回の質問ではお母さん)には、お父さんの遺産を相続する権利はありません。
 たとえ離婚後も同居し、夫婦同然の生活をしていても相続する権利はありません。
 逆に、正式に離婚手続をしていなければ、長年、別居していても配偶者であり、相続人になります。

【あなたが相続すれば問題はない】
 従って、今回のケースでは子供であるあなたがお父さんの相続人となります。
 あなたは土地建物を相続しますので、その土地建物の所有者になります。
 そのため、所有者であるあなたの意思で、お母さんに居住してもらえばいいでしょう。

質問する

当ブログでは、相続に関するご質問に弁護士がお答えします。ベテラン弁護士の長年にわたる経験に基づく回答です。無料・匿名でご質問いただけますのでお気軽にご利用下さい。

事務所での有料相談はこちら

直接、お聞きして、的確に回答します。今、何が問題で、どう解決すべきかをわかりやすく説明します。

最近の相続ブログ

アーカイブ

カテゴリー

大澤龍司法律事務所

〒530-0047
大阪市北区西天満4-3-25
梅田プラザビル別館7階A703号

お気軽にご相談ください!(電話要予約)
お気軽にご相談ください!(電話要予約)
FAX:06-6361-6043 メールでのお問い合わせはこちら 月〜金曜日(祝日を除く)
    • 大阪メトロ堺筋線・谷町線「南森町」駅
      ...徒歩約7分
    • 大阪メトロ堺筋線・京阪電車「北浜」駅
      ...徒歩約10分
    • 大阪メトロ御堂筋線・京阪電車「淀屋橋」駅
      ...徒歩約15分
事務所ブログ 大原訴訟ホームページ

ページの先頭へ